トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡA
   Seminar ⅡA
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 市橋 秀友(教授)
グレード
テーマ 社会に役立つ情報システムづくりに挑戦
キーワード 情報システム,経営情報,データの分析,プログラミング言語,人工知能・機械学習入門
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要 現代人に必要なコンピュータやICTに関する基礎知識の修得を目的とし、ウエッブページやアプリの作成を通して色んなシステムを工夫しながら作成していく演習科目です。主体的に取り組む中でプログラミングのみならず、そこで必要になってくる基礎的な数式にも親しんでいきます。ウエッブデザインやICT関連の業務力を涵養して、一般的な職種であっても情報社会で求められる社会人としての素養を培います。ICT関連の知識があるかどうかで収入や昇進に差が付く、いわゆるデジタルデバイドに対応できる人材を養成することを目指します。
履修条件 現代企業の経営情報システムを理解するうえで必要な基礎知識の演習ですので、特に予備知識は求めませんが計算機リテラシーに関する科目を履修していることが望ましいです。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は経済学部経営学科の演習科目で、履修指定科目です。
また、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
1.日本語及び外国語の活用能力、数的処理能力、情報活用能力とともに幅広い教養及び国際感覚を身につける。
4.他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につける。
学修の到達目標 コンピュータを使うだけでなく、簡単なアプリやウエッブページなら自ら作成できるような知識を修得できます。アナリティックスと言われているインターネットから得られるデータの取得方法や活用方法などの仕組みが理解でき、簡単な人工知能・機械学習の仕組みが理解できます。ICTを利用したビジネスモデルを構想できることを目標とします。また、データ処理、統計・確率の入門的知識にも演習を進める中で慣れ親しむことを目標とします。
授業の方法 ①演習科目であり、与えられた資料に基づいて受講生からの主体的な説明を促します。講師からの補足説明とそれに関する質疑応答を行います。
②研究発表大会に向けてグループで作成した資料の報告と討論を行います。
③パワーポイントを用いたプレゼンテーションや発表練習を行います。
④受講生は毎回の演習時間中にパソコンを使用します。
⑤秋学期終了時には一年間の取り組み内容についてのレポートを作成しIT'sClassマイノートに提出します。
⑥ショートメッセージサービス(SMS)で種々の連絡を送信します。
⑦課題は授業中およびIT'sClassでフィードバックします。
授業外の学修(予習・復習等) IT'sClassから必要な資料をダウンロードできますから、自宅のパソコンでプログラミングしたり、演習で作成したアプリを実行することができます。授業時間中以外の自由時間を活用してプログラミングに慣れ親しむようにしてください。授業時間中に取り組む課題について予習復習には2時間以上をかけてください。
テキスト・参考書 適宜、資料やプログラムを配布します。IT'sClassからダウンロードできるようにします。
参考書:瀬戸美月、応用情報技術者教科書、2014
成績評価の基準・方法 授業の到達目標の達成度を評価基準にします。達成度は、毎回の演習問題(40%程度)や授業への積極的参加態度(20%程度)、レポートとテスト(20%程度)によって評価します。
履修上の注意事項など PowerPoint、wordやexcelなどの計算機リテラシーに関する科目は履修しておくか、並行して履修してください。
この科目の履修にあたって どのような職業に就く場合もICTに関する広い知識が必要になってきています。コンピュータや情報システムを使うだけでなく、その使い方をデザインしビジネスモデルを作っていくことが求められる時代になっています。そのための基礎知識を学生時代に修得しておくことはデジタルデバイドに対処するための有効な手段です。
オフィスアワー 木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、国語の基礎(文章表現)、数学の基礎、英語の基礎


第1回 オリエンテーション

自己紹介、ゼミ運営の確認

第2回 演習概要

春学期の演習で取り組む課題の概要紹介

第3回 高機能計算機言語のインストール

FreeMatPortableやPysonのインストール法、htmlやJavaScriptとの比較

第4回 プログラミング演習

ファイルの読み書き。csvファイル、固有のファイル形式、jpeg画像ファイル

第5回 プログラミング演習

グラフィック ユーザ インタフェースの作成。
グラフの作成、マウスクリックでデータ作成、

第6回 プログラミング演習

画像ファイル(jpeg)を読み込んで表示するプログラム。明るさや色、切り抜きを変更してみることで画像処理の基本的な内容を理解する。

第7回 プログラミング演習

モンティ・ホール問題やクラスに同じ誕生日の人がいるかのパズルをシミュレーションで試してみることで確率を理解する。

第8回 プログラミング演習

画像処理の方法として写真に光を当てる、色を変化させる。
錯視画像を動かして観る。

第9回 プログラミング演習

家計簿アプリ、可処分所得を計算する。

第10回 データ解析

イラスト作成、テクスチャーの貼り付け、画像の変形のどで買増処理の基本を理解する

第11回 データ解析

PCAによるデータ圧縮を事例にデータ解析の基本を理解する。

第12回 識別器の作成など

最近傍識別器のプログラミングなど、各自のテーマに取り組む

第13回 識別器の作成など

最近傍識別器のプログラミングなど、各自のテーマに取り組む

第14回 発表会

自作したシステムの発表とまとめ(1)

第15回 発表会

自作したシステムの発表とまとめ(2)