トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡA
   Seminar ⅡA
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 山根 陽一(准教授)
グレード
テーマ 制度会計の研究(基礎)
キーワード 会計学,財務会計,制度会計,ディスクロージャー制度
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要  2年次までに学修した簿記や会計学を基礎にして、財務会計の理論を中心に、近年の新しい論点も含め、制度会計とその背景にある会計理論を学修します。検定試験などの知識の習得も大切ですが、実際のビジネスの現場では、臨機応変に考える力が必要とされます。企業をはじめとする組織の経営問題を解決するためには、数字の背景と意味を理解することが不可欠です。本演習では、会計固有の思考や技術を身につけ、数字の意味を考えることのできる能力を養うことが目的となります。基本的な会計マインドに加え、プロフェッショナルとしての視点を得るための基礎スキルを養います。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
4.他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につけている。
 また、この演習は、会計ファイナンスコースの学生を主な対象とした演習科目で、履修指定科目です。
学修の到達目標  制度会計の背景にある基本的な理論を理解・習得し、演習Ⅲでの卒業論文の執筆に向けて、各自関心のある内容についてテーマを設定することが目標です。
授業の方法  毎回テーマに沿って、レジュメを作成し、プレゼンテーションしてもらった後に、ディスカッションを行い、教員からのフィードバックをします。資料作成やコミュニケーションツールとして、グループウェアやSNSを使用します。演習Ⅱでは、演習Ⅲでの卒業論文の執筆を見据えて、関心あるテーマの絞り込みを行っていきます。学修の成果として、秋学期に開催される学生研究発表大会へ参加します。
授業外の学修(予習・復習等)  事前学修やレジュメ作成、質問に対するコメント等は必須となるので、相当な時間外学修を伴います。また、会計の理論的側面にも興味をもってもらうために、本を薦めていきたいと思います。是非、積極的に市販されている会計本も読んでみてください。
テキスト・参考書 テキスト・参考書は授業の中で適宜紹介します。資料・レジュメの配布については、グループウェアやSNSを使用します。
参考書:『会計法規集』中央経済社
成績評価の基準・方法  報告・ディスカッション(50%)、レポート提出(30%)、取組状況(20%)。授業への参加度と問題演習等の状況、演習への貢献によって総合的に評価します。無断欠席に対しては、厳しく評価しますので注意してください。
履修上の注意事項など  会計ファイナンスコースに所属し、コース基本科目の修得が見込まれる方で、日商簿記検定2級程度の知識を有していることが望まれます。
 報告の頻度は、かなり多くなりますので、それなりの覚悟を持って履修してください。ゼミ行事に積極的に参加する学生、友人関係を大切にできる学生、教科書や検定試験の会計学に飽き足らない学生を望みます。なお、演習でのコミュニケーションはFacebookを利用しますので、登録は必須となります。
この科目の履修にあたって  会計は、営利・非営利を問わず、すべての事業体で行われている社会的に不可欠な制度です。また、経済活動を計数的に把握する上で、基本となるシステムであり、その理解はどのような組織にあっても必ず役に立ちます。物事を論理的に把握・分析するスキルを磨く場所として、適していると思います。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 花岡コモンズ 授業の質問


第1回 演習Ⅱの進め方

ガイダンス

第2回 「金融・開示・取引法」優位の現代会計

経済・会計・法の相対的視点について

第3回 資本主義の多様性とIFRS

英米型世界標準の史的相対について

第4回 市場・企業・社会と会計

IFRSの相対的視点と中小企業会計の意義について

第5回 「会社とは何か」と会計

誰のための会計かについて

第6回 インフォームド・コンセントとフィディシャリー

医者・患者関係と現代会計について

第7回 不確実性と現代会計

「不確実性の経済学」の視点について

第8回 貸借対照表の現代的変容

利益計算のパラダイムシフトについて

第9回 OCIは何処から来るか

時価開示とOCIについて

第10回 OCIの諸相

リサイクリングについて

第11回 会計の政治化と規制の経済理論

メタの視点と「理論」のあり方について

第12回 現代会計の歴史性

史的システムとしての会計について

第13回 概念フレームワークの制度性

会計的支配機構という見方について

第14回 衣装哲学と会計の本質

情報利用者中心観と会計プロセス中心観について

第15回 アカウンティングとファイナンスの交錯

誰のための財務報告かについて