トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡA
   Seminar ⅡA
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 深瀬 澄(教授)
グレード
テーマ マーケティング・リサーチで、市場を読み解く

キーワード マーケティング・リサーチ,R言語,市場反応分析(重回帰モデル),市場における知覚構造の可視化(因子分析),製品開発(コンジョイント分析),新製品の普及(バスモデル),顧客創造(RFM分析、ロジスティック回帰)
開講年度
2018
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要  本演習では、製品開発、広告、市場導入、ブランド化、顧客創造など、マーケティングの各段階の問題を分析対象とします。どれも私たちの日常生活に身近なテーマですが、経営が求める解決策を得るのはそうたやすくありません。マーケティングは、経営学や経済学ばかりでなく、心理学、社会学、会計学など幅広い領域の成果を駆使する応用科学です。例えば、購買行動は、価格や売り場の状況だけでは説明できず、消費者の心理、ライフスタイルなど、社会関係、個人嗜好も関係します。また、分析対象が全消費者ならマクロ経済学やマスマーケティング、個人ならミクロ経済学やカスタマイゼーション・マーケティングとなり、異なった研究になります。
本演習では、フリーソフトの「R言語」等によるデータに基づいた科学的手法を用いて、果てしないマーケティングの研究領域に挑みます。マーケティング以外の問題への応用も可能です
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) 学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
4.他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につけている。

また、この演習は、マーケティングコースの学生を主な対象とした演習科目で、履修指定科目です。
学修の到達目標 マーケティングの実務において、妥当な「次の一手」を提案できるようになる。卒業研究の準備として、マーケティング・リサーチに関する専門的な統計分析手法を修得する。そのために、R言語の使い方にも慣れる必要がある。。
授業の方法 テキストを輪読し、インターネットから「R言語」のフリーソフトを入手して、パソコン実習も行いながら、マーケティングの各段階での目的に応じて用いられるリサーチ手法の考え方をを学びます。報告者はテキストを丸読みするのではなく、報告資料(Word版)を配り、プロジェクターを使用して説明して下さい(初回はサンプルとして教員より報告し、事前準備の舞台裏も披露します)。教員より報告に対するフィードバックを行い、必要に応じて補足説明をします。報告の後、マーケティング担当者が現場でとるべき行動について話し合います。科学的な思考法(数式計算も含む)と、解りやすい説明を重視し、訓練していきます。
 秋学期は、テキストの内容を基に、さらに関連する学術論文またはBLP特別演習等による実践によって深め、学修成果を12月の学生研究発表大会で報告します。
授業外の学修(予習・復習等) 毎回、全員に下読みをしてきてもらい、理解できなかった箇所とその理由を授業始めに答えてもらいます。扱うテーマは演習Ⅰと同様ですが、卒業研究の準備として内容がより専門的になり、少し難しく感じるかもしれません。特に数式の計算では、単純なことをわからないと思い込んでいる場合がよくあります。不明な箇所を明確にして演習に臨み、演習に参加して解決・納得するというサイクルを確立してください。
テキスト・参考書 テキスト
◎照井伸彦・佐藤忠彦『現代マーケティング・リサーチ』、有斐閣2700円+税

参考書
〇照井伸彦・ウィラン=ドニ=ダハナ・伴正隆『マーケティングの統計分析』(統計科学のプラクティス・シリーズ3)朝倉書店、3200円+税
〇田村正紀『マーケティング・メトリクス(市場創造のための生きた指標ガイド)』日本経済新聞社 2600円+税
成績評価の基準・方法 グループ報告(3人)×2回     40
受講態度・積極性(発言・質問等) 40
課題               10
ゼミ行事等貢献度         10
この科目の履修にあたって 知的好奇心が旺盛で、ゼミの先輩とも親交を深められる人を求めます。
今年度の4年ゼミ生の進路は、銀行2名、証券、不動産、自動車、運輸、公立大学院などであり、経営学科第Ⅰ期生として立派な実績を築いてくれました。先輩たちと同様に、目標に向かって頑張る人を期待しています。
★お互いに参考になることも多いと思いますので、上級生、下級生とのゼミ交流の場を積極的に作っていきたいと考えています。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

1.自己紹介
2.ゼミ委員選出

第2回 マーケティング意思決定とリサーチデザイン

1.マーケティングの現代的課題
2.リサーチデザインとアプローチ
3.R言語プログラムのインストール

第3回 データの取得と整理

1.データ取得と整理
2.サンプリング
3.質問紙の作成と測定尺度

第4回 市場反応分析(Ⅰ)-1

1.マーケティング戦略の効果測定
2.相関分S気
3.売上と価格の市場反応分析(回帰モデル)

第5回 市場反応分析(Ⅰ)-2

4.複数の説明変数をもつ市場反応分析(重回帰分析)
5.弾力性測定モデル

第6回 市場の発見と知覚マップー1

1.市場の定義と競争構造
2.因子分析のモデル

第7回 市場の発見と知覚マップ―2

3.知覚マップの作製
4.その他の諸問題
5.サブマーケットと市場構造

第8回 市場セグメンテーション-1

1.セグメーンテーションとターゲティング
2.STPアプローチ
3.セグメンテーションの方法

第9回 市場セグメンテーション-2

4.クラスター分析
5.市場セグメンテーション

第10回 製品開発-1

1.製品戦略と製品開発
2.コンジョイント分析とは
3.基本的な考え方

第11回 製品開発-2

4.コンジョイント分析による効果測定
5.直交表利用によるコンジョイント分析

第12回 製品開発-3

6.一般の場合によるコンジョイント分析
7.その他のコンジョイント分析

第13回 定性調査データの分析-1

1.アンケート調査による潜在構造の分析
2.構造方程式モデル
3.モデルの識別と推定

第14回 定性調査データの分析-2

4.顧客満足度指数(CSI)
5.高次因子分析

第15回 振り返り・夏休み課題

1.振り返り
2.夏休み課題論文の分担