トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅡA
   Seminar ⅡA
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 山垣 真浩(教授)
グレード
テーマ 社会政策論(労働経済および社会保障)
キーワード 卒業論文の作成,学生研究発表大会,非正規労働,ワーク・ライフ・バランス,社会保障,少子化問題,職場における女性の活躍
開講年度
2018
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要  私の専攻分野は社会政策(労働政策と社会保障)です。わかりやすくいえば、仕事や暮らしにかかわる問題と政策を研究しています。
 春学期には、テキストを使って、社会政策の専門知識を学びます。秋学期には、社会政策に関するテーマで「学生研究発表大会」に出場するための準備をします。
 本ゼミ履修者はいくつかのチームに分かれて、全員が「学生研究発表大会」に出場しなければなりません。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連)   演習での学修はDP4項目のすべての達成につながります。
 本ゼミの専攻分野は「社会政策」(労働経済および社会保障)で、その専門知識を身につけることができます。また、「学生研究発表大会」への出場を通して、演習の仲間と協働する能力や情報処理能力などが身に付きます。また卒業論文の執筆を通して、人生で直面する問題に主体的に対応できる能力と学習の方法を身につけることができます。
 だから専門演習は、大学教育のカリキュラムの中心に位置するものとして、履修指定となっています。
学修の到達目標  3年次の目標は、社会政策にかんする専門知識を獲得すること、及び1つの問題を選択して「学生研究発表大会」に出場することです。こうして4年次の卒業研究につなげていきます。
授業の方法  テキストを輪読するときには、通常の演習と同様に、レポーターの報告を基礎として、ディスカッションしながら学びます。
 学生研究発表大会の準備のさいには、グループワークで、各グループが主体的に作業を進めることが求められます。
授業外の学修(予習・復習等)  予習としては、テキストを読む、プレゼンテーションの準備をする、そして授業後は、知識を記憶するための復習が必要になります。
テキスト・参考書 (予定)久本憲夫『日本の社会政策』(改訂版)ナカニシヤ出版、2015年、税込3456円
成績評価の基準・方法 提出物(40%)、プレゼンテーション(40%)、ディスカッション(20%)
この科目の履修にあたって  ゼミは講義とは違って、学生と教員、あるいはグループワークなどでは学生と学生との、対面型授業です。信頼関係をつくることを強く意識してください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

ゼミの進め方、ゼミ生の自己紹介。

第2回 ワールドカフェ方式による討論

小人数のグループに分けて、共通の問題についてざっくばらんに語り合う中から、解答をみつけていく訓練をします。

第3回 雇用関係と労働市場ルール

雇用関係とは何か、また労働市場の諸類型を学びます。

第4回 日本的雇用システム

長期安定雇用主義、年功的処遇主義、能力開発主義、企業内労使協調主義の4要素からなるとされる日本的雇用システムの特徴を学びます。

第5回 雇用形態の多様化

非正規労働の問題について学びます。

第6回 雇用政策

失業対策、雇用維持対策、雇用平等政策、職業能力開発について学びます。

第7回 ワールドカフェ方式による討論

小人数のグループに分けて、共通の問題についてざっくばらんに語り合う中から、解答をみつけていく訓練をします。

第8回 労働時間

日本の長時間労働問題について学びます。

第9回 主要国の労働時間

ドイツやフランスがどのようにして40時間を割り込む所定労働時間のしくみにしているかについて学びます。

第10回 賃金決定

世界の国々の労使関係における賃金決定のしくみや、最低賃金制について学びます。

第11回 ワールドカフェ方式による討論

小人数のグループに分けて、共通の問題についてざっくばらんに語り合う中から、解答をみつけていく訓練をします。

第12回 企業内賃金決定

年功賃金や職能資格制度について学びます。

第13回 社会保障

社会保障の種類や日本の特徴を学びます。学生研究発表大会のグループを決めます。

第14回 公的年金

日本の国民年金、厚生年金について学びます。

第15回 総括

まとめ。グループごとに学生研究発表大会のテーマを決めて、夏休みに調べます。