トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠB
   Seminar ⅠB
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 小巻 善郎(教授)
グレード
テーマ 景気予測の手法を学ぶ
キーワード 景気循環,GDP成長率,個人消費,設備投資,輸出入,為替レート,政府経済見通し
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 この演習では、おもに1~2年先までの短期の景気予測について、その基礎的な手法を学ぶことを目的としています。
景気予測においては、景気の現状についての理解を深めることが第一歩であり、その上で先行きの予測を行うことが基本となります。この演習ⅠBでは、春学期(演習ⅠA)の学修成果を踏まえて、先行きを予測する上で重要なGDPの需要項目を中心に学修します。
経済学の基礎的なレベルの学修であり、3年次への橋渡しの学修となるものです。
レポート作成やグループ討議、プレゼンテーション、ディスカッションを通じて、社会に出てから必要となるレポート作成能力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を身につけることができます。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
1. 経済活動の仕組みや市場の機能、経済政策の効果といった経済学の基本的な知識と論理的に思考する能力、および財政学、金融論、国際経済学などといった特定の専攻分野に関する専門知識を身につけている。
3. 他の人々と協働し、社会の一員として行動する能力と責任感を身につけている。
4. 経済学を中心とする大学での学びを通して、現代社会において、職業上及び社会生活上で直面する問題に主体的に対応できる能力と学習の方法を身につけている。
また、この演習は、総合政策コースの学生をおもな対象とした演習科目で、履修指定科目です。
学修の到達目標 この演習では、以下の3点を学修の到達目標とします。
・経済データを収集・加工して、レポート・プレゼン資料を作成できるようになる。
・主要な景気指標を理解し、自分なりの景気判断ができるようになる。
・説得力のあるプレゼンテーションを行うことができるようになる。
授業の方法 基本的には、①教員による解説と課題提示→②グループに分かれて討議→③各グループからのプレゼンテーション→④全体でのディスカッション→⑤教員によるコメント・アドバイスという流れとなります。それを繰り返すことで演習を進めていきます。
課題に対するフィードバックは、プレゼンテーションに対する教員のコメント・アドバイスという形で行います。
また、課題に対するレポートは、添削した上で返却します。
授業外の学修(予習・復習等) 事前に配布された資料は、演習当日までに予習することが必要です。
復習では、添削されたレポートをそのままにするのではなく、指摘された箇所を修正してレポートの完成度を高めるよう心がけてください。修正後のレポートを再度提出することも可能です。添削した上で返却します。
テキスト・参考書 テキストはありません。適宜、資料を配布します。
参考書:
 小峰隆夫『日本経済論講義』日経BP社 2017
成績評価の基準・方法 レポート(40%)、プレゼンテーション(40%)、ディスカッション(20%)
この科目の履修にあたって 景気予測は、面白くて有益だと思っています。経済理論を学修した者には、それを応用する楽しさがあります。経済理論の学修を始めた者には、それを学ぼうとする意欲が高まります。なぜなら、予測が当たれば嬉しいからです。外れた時は、再挑戦しようと思うからです。
経済は生き物です。毎日変化しています。どのように変化しているのか。どこに向かって変化しているのか。景気予測は、それを見極めるための一助となるものです。
経済データをじっくりと読むこと、経済理論も活用すること、時には勘を働かせることが必要です。主体的・積極的に取り組んでください。十分なサポートを行います。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 オリエンテーション

演習参加者の自己紹介の後、演習の進め方を説明します。

第2回 為替レートの予測

円・ドルレートの最近の動向と今後の見通しについて担当者がプレゼンテーションし、全体でディスカッションします。

第3回 物価の動向と見通し①

配布資料を用いて解説し、全体でディスカッションします。

第4回 物価の動向と見通し②

物価の動向と見通しについて担当者がプレゼンテーションし、全体でディスカッションします。

第5回 個人消費の動向と見通し①

消費統計や雇用統計などの個人消費に関連するおもな経済指標について解説し、全体でディスカッションします。

第6回 個人消費の動向と見通し②

引き続き個人消費に関連するおもな経済指標について解説し、グループに分かれて課題を討議します。

第7回 個人消費の動向と見通し③

グループ討議の結果を担当者がプレゼンテーションし、全体でディスカッションします。

第8回 設備投資の動向と見通し①

鉱工業指数や機械受注統計、各種アンケート調査結果などの設備投資に関連するおもな経済指標について解説し、全体でディスカッションします。

第9回 設備投資の動向と見通し②

引き続き設備投資に関連するおもな経済指標について解説し、グループに分かれて課題を討議します。

第10回 設備投資の動向と見通し③

グループ討議の結果を担当者がプレゼンテーションし、全体でディスカッションします。

第11回 輸出入の動向と見通し①

国際収支統計や貿易統計などの輸出入に関連するおもな経済指標について解説し、全体でディスカッションします。

第12回 輸出入の動向と見通し②

引き続き輸出入に関連するおもな経済指標について解説し、グループに分かれて課題を討議します。

第13回 輸出入の動向と見通し③

グループ討議の結果を担当者がプレゼンテーションし、全体でディスカッションします。

第14回 政府経済見通しの分析

年初に公表される政府経済見通しについて担当者がプレゼンテーションし、全体でディスカッションします。

第15回 総括

秋学期演習のまとめを行います。