トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠB
   Seminar ⅠB
授業科目区分
経済学部(経済学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 小西 鉄(助教)
グレード
テーマ インドネシア経済入門(2)
キーワード インドネシア経済入門,東南アジア経済,ビジネスと政治
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 東南アジア諸国は、成長著しい新興国、あるいは潜在力ある地域として注目されてきました。特に、インドネシア経済は政治との結びつきの下で成長してきたため、汚職や縁故主義といった法の支配をめぐる問題が噴出するとともに、企業の構造や資金調達もその影響を受けてきています。
こうしたインドネシアのビジネス-政治関係を理解することは、東南アジア各国と深い関係をもつ我が国の将来展望のカギであると考えます。本演習では、演習IAを踏まえて、東南アジア経済の展開についてのさらなる理解を深めます。
また、社会に出てから役に立つプレゼンテーション能力や問題解決能力を身につけることも目的とします。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

経済学科DP3.現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
経済学科DP4.他の人々と協働し、社会の一員として活躍できる能力を身につけている。
 
また、この演習は、経済学科グローバル経済コース生を主な対象とした演習科目で、履修指定科目です。
学修の到達目標 (1)インドネシア経済について説明できる。
(2)インドネシア経済についてプレゼンテーションができる。
(3)インドネシア経済について討論することができる。
授業の方法 第1回のみ講義を実施し、第2回~第15回は文献講読を行います。
・講義では、経済学の基礎やインドネシア経済の基本知識を習得するために、配布するレジュメとパワーポイントを用いて解説します。
・文献講読では、毎回担当者を決めて、アジア経済に関連する文献の中から担当者が関心のあるものについて発表していただきます。
・提出課題については、フィードバックを行います。
授業外の学修(予習・復習等) 配布資料や文献を用いて、予習・復習を行ってください。また、発表の準備を行ってください。
テキスト・参考書 基本的には配布する資料や文献を参照。
さらに勉強を進めたい人は、以下の文献を自主的に読むことをお勧めします。

佐藤百合編「インドネシアの経済再編:構造・制度・アクター」アジア経済研究所双書
塚田学;藤江秀樹編「インドネシア経済の基礎知識」JETRO
成績評価の基準・方法 第1回の講義での小テスト(10%)、課題(40%)、発表資料(50%)で評価します。
履修上の注意事項など 主体的・積極的な取り組みを求めます。
国際経済学や開発経済論を履修することをお勧めします。
この科目の履修にあたって インドネシア経済の理解から、いろいろ考えを深めてみましょう。
新聞・ニュースに注意を払うことをお勧めします。
オフィスアワー 火 14:40~16:10 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、英語の基礎、メンタル支援


第1回 イントロダクション

自己紹介、本演習の進め方。

第2回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第3回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第4回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第5回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第6回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第7回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第8回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第9回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第10回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第11回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第12回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第13回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第14回 文献講読

インドネシア経済の文献を講読します。

第15回 まとめ

本講義をまとめます。