トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠA
   Seminar ⅠA
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 粂井 淳子(客員教授)
グレード
テーマ 株式投資を通して経済を学ぶ~準備編
キーワード 財務諸表,経済社会の分析,株式投資,レポートの作成
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 大講義室での一方的な講義とは異なり、少人数での演習です。各々の受講者が授業に参加し、教員だけでなく受講者も授業を作っていかなければなりません。グループ研究を行うため、演習の際には他の受講生と協働することが必要となります。また授業においては情報通信技術(ICT)を用いてバーチャル株式投資、発表などを行います。各受講者の興味・関心、将来の進路志望に合わせた学修の第1歩として位置づけ、現代社会の経済問題を理解し、問題点を明確にし、どのように関わっていくのかを考えることを目的とします。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
2. 経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
4. 他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につけている。
学修の到達目標 ①株式投資を通じて、経済社会の仕組みや問題点を知り、その上で経済社会への関わり方を考えることによって、将来の進路志望に向けて必要な知識を得る能力を身に着ける。
②グループ学修を行うことによって、他の人々と協働して様々な活動を行う能力を身に着ける。
授業の方法 ①株式についての基礎的な知識を文献の輪読などを通じて取得します。
②グループに分かれ、テーマを決めて、経済社会の分析を行います。
③各グループのテーマに沿って、各自で今後の学修計画を含む期末レポートを作成し、提出します。
授業外の学修(予習・復習等) 普段から問題意識をもって経済に対する情報収集を行ってください。また、期末レポートの提出には期限がありますので、授業中に作成できなかった場合には、宿題となります。
テキスト・参考書 授業中に提示します。
成績評価の基準・方法 演習への毎回の参加を50点で点数化し、各自の期末レポート50点と合わせて100点満点で評価します。
この科目の履修にあたって 楽しく参加できるゼミにしましょう。
オフィスアワー


第1回 概要

ガイダンスを行います。

第2回 株式投資の基礎知識1

バーチャル株式投資を行うための基礎知識を学修します。

第3回 株式投資の基礎知識2

同上

第4回 株式投資の基礎知識3

同上

第5回 株式投資の基礎知識4

同上

第6回 株式投資の基礎知識5

同上

第7回 株式投資の基礎知識6

同上

第8回 バーチャル株式投資1

バーチャル株式投資について、実例を見ながら検討します。

第9回 バーチャル株式投資2

同上

第10回 バーチャル株式投資3

同上

第11回 バーチャル株式投資4

同上

第12回 経済社会発展のために1

グループで経済社会の発展に貢献する投資計画を考えます。

第13回 経済社会発展のために2

同上

第14回 経済社会発展のために3

同上

第15回 総括

総括を行います。