トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠA
   Seminar ⅠA
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 長沼 進一(教授)
グレード
テーマ 二宮尊徳の経営思想と改革
キーワード 儒教思想,藩政改革,分度,倹約,修養,仕法,開墾の成果分配
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 日本的経営の原点としての儒教思想について考える。
履修条件 特にありませんが、日本の企業や経営者に関心を持っていると授業が楽しくなります。日本経済の成長の軌跡を組織やリーダーの条件から考えてみることに興味を持つことが大切です。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 経営学士の習得にふさわしい経営理念の習得を目指しています。日本的経営の特徴と利点を習得することによって、グローバル・スタンダードであるアメリカ経営学や管理会計学をよりよく学ぶことができます。学士課程において組織論や管理論の原点である経営哲学を習得することは実践的経営を学ぶ原点です。
学修の到達目標 ① 日本的形思想の基本を習得すること。
② グループ学習の楽しさを享受すること。
③ プレゼンテーションやディベートの能力を高めること。
④ 現代の経営者の思想的バックボーンについて考えられるようになること。
授業の方法 与えられた課題についてリポーターが報告し、報告内容について参加者全員でディスカッションします。先生はコメンテーターなので、新たな課題の取りまとめと、次回のレポートについて指示します。
授業外の学修(予習・復習等) 読書する習慣を身に着けるため、二宮尊徳の自伝書(たとえ小説であっても)を読んで演習に参加すると授業への関心が高まるでしょう。
テキスト・参考書 テキスト:二宮尊徳『二宮翁余話』『日本の思想』中央公論社に収録、中公クラシックスに再録。各自、用意するテキストは童門冬二『二宮尊徳の経営学』PHP文庫。

演習において輪読のテキストとして使用する。各自、レジュメを用意し、重要点について討論する。

参考書:授業中に次の授業の準備資料として随時、指摘する。
成績評価の基準・方法 レポート(50%)とプレゼンスやデスカッションにおける積極的参加等を考慮した平常点(50%)を総合して成績を評価します。また、期末レポートは最後のまとめとして全員が提出して下さい。
履修上の注意事項など テキストは各自、演習の討論上必須なので要点をまとめ、疑問点を少なくとも一つ提示できるように学習すること。
この科目の履修にあたって 日本の経営哲学の原点として儒教思想の影響を知る学習なので、たえず欧米の経営哲学との比較を念頭において授業に臨むこと。
オフィスアワー 火 12:10~13:00 花岡コモンズ 授業の質問、大学院進学
月 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 歪められた二宮尊徳像

明治の修身教育の中で二宮尊徳の実像はゆがめられてしまった。なぜそうなったかについて考えてみよう。

第2回 貧困と自助努力

 艱難辛苦の生い立ちから金次郎(尊徳)はなにをつかんだのかを考えてみよう。

第3回 天の理と人間の理

改革者二宮尊徳をはぐくんだ精神について、儒教との関連で考えてみよう。

第4回 実学を重んじる思考の形成

空理空論を排し、現実の摂理から学ぼうとする実学の精神について考える。

第5回 改革に才覚を表す

倹約的財政思考「量入制出」を実践し、自利利他を金融の役割に見出す背景を考える。世界で最古の協同組合方式を考案した先見性について考える。

第6回 藩政改革と経営指南

小田原藩改革の道筋をたどってみることによって尊徳の独自性について考える。

第7回 改革実行の心構え

現場第一主義を実践して信頼関係を構築する改革者は資本となる金を尊ぶ現実主義者であった。

第8回 土地の風向と人間の心の復興

非常のときには非常の方法が必要と、思い切った改革過程では必ず抵抗勢力が現れる。尊徳をそれをどのように説得していったのか、について考える。

第9回 抵抗と挫折

儒学が重んじる身分制度は農民出身の指導者の大敵であった。細井平洲や山田方谷もこうした問題に直面している。

第10回 改革の成果と支持者の出現

何をやろうとしているのかが明らかになると、支持者も出てくる。理論だけでの説得には限界があるから、実践の成果を見せることが肝要と考えられる。

第11回 天道と人道のバランス

何をするにも人間の心をもってすることが肝要である。改革派人のためにするのであって、為政者のためにするのではない。自然の摂理に反しても改革はうまくいかないことを知るべきである。

第12回 尊徳と陽明学

尊徳の儒教思想は陽明学の通じるものがある。人倫の道は儒教思想の中でも動かせない重心になっている。

第13回 レポートの作成と発表(1)

これまで学んだことをレポートにまとめ発表する。

第14回 レポートの作成と発表(2)

前回に引き続き発表を行い、講評を受けること。

第15回 総括

現代に通じ津尊徳の思想は何かというテーマでデスカッションをおこなう。