トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠA(編入生)
   SeminarIA (transfer student)
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 方 鉄峰(講師)
グレード
テーマ 経済学の基礎と応用
キーワード 経済
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3
単位数
2

授業の目的及び概要 経済学について初めて勉強する学生も理解できるよう、具体的な事例を挙げながら丁寧に解説する。授業中に発表、討論を重ね、理論的思考力を鍛えると同時にプレゼン能力を高める。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本授業では、初めて経済学を勉強する学生でも簡単に理解できるように、経済学の基礎理論知識を分かりやすく説明するとともに現実社会における様々な社会問題を経済学理論を用いて説明、分析する。よって、経済学に興味を持ち、経済学学修のための基礎知識を修得し、現代社会における複雑な経済現象の本質を捉える能力を身につけることを目的としている。



学修の到達目標 ①経済学学修への興味・関心を高めること
②経済学の基礎知識を身につけること
③経済学の知識を用いて、市場変動および政策変更などについての分析を通し、その根拠を理解すること
④日本語の読む能力と、作文能力を高めること。
授業の方法 演習では、経済用語の解説を通じ、経済学の基礎を学び、また、事例分析を通じ、思考能力と分析能力を培いたい。春学期には日本語能力の向上と経済について理解してもらうために、経済関連の新聞記事を配り、授業外で読む・暗記したうえ、授業中に発表してもらう。そのうえ、発表した内容について教員とゼミ生が意見交換・話し合いをすることを通じて,経済学についてより深く理解してもらう。
授業外の学修(予習・復習等) 春学期には朝日新聞・時事ワークシートを授業終了直前に配り、知らない単語、表現などを授業外で調べてもらい、次回の授業中に朗読および問題を解いてもらう。秋学期には、学生個人が興味を持っている政治、経済の諸現象について新聞、インターネットなどからピックアップし、発表、説明してもらう。
テキスト・参考書 参考書:
池上彰『池上彰のやさしい経済学』日本ビジネス人文庫 2013年
吉本 佳生、渡辺 智恵『The Economistの記事で学ぶ「国際経済」と「英語」』1998年
成績評価の基準・方法 授業への参加度および授業コメントシート、授業中の発言、提出課題完成度などで総合的に判断する。
履修上の注意事項など 3年次編入生のみが履修対象となる。
この科目の履修にあたって 本授業の学習において、①経済学に興味を持つこと、②社会の経済現象に興味を持つことが大事である。授業では初めて接する経済専門用語が多く、十分に理解するためには課外での復習も重要である。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス

新学期にあたって-これからよい留学生活を送るために

第2回 経済学基礎知識の勉強①

経済学基礎知識の勉強 - GDP、GNPなど

第3回 経済学基礎知識の勉強②

経済学基礎知識の勉強 - インフレ

第4回 経済学基礎知識の勉強③

経済学基礎知識の勉強 - デフレ

第5回 経済学基礎知識の勉強④

経済学基礎知識の勉強 - 貯蓄と投資

第6回 経済学基礎知識の勉強⑤

日本とアメリカのマクロ経済

第7回 経済学基礎知識の勉強⑥

経済学基礎知識の勉強 - 財政政策、金融政策

第8回 経済学基礎知識の勉強⑦

経済学基礎知識の勉強 - 購買力平価

第9回 経済学基礎知識の勉強⑧

新聞の経済関連記事を読んでまとめる

第10回 経済学基礎知識の勉強⑨

経済学基礎知識の勉強 - 物価と為替レート

第11回 経済学基礎知識の勉強⑩

経済学基礎知識の勉強 - 国際通貨制度 

第12回 経済学基礎知識の勉強⑪

経済学基礎知識の勉強 - 株価と投機

第13回 経済学基礎知識の応用①

アジア経済危機
●関連VTR鑑賞 

第14回 経済学基礎知識の応用②

リーマンショック
●関連VTR鑑賞

第15回 総括

春学期の纏め