トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 演習ⅠA
   Seminar ⅠA
授業科目区分
経済学部(経営学科)専門教育科目・演習・卒業論文
担当者 宮本 良成(教授)
グレード
テーマ 「企業と日本経済」:「日本経済における企業」がテーマです。
キーワード 企業と経営戦略,経営者の報酬,日本経済と企業,マクロ経済環境,株主総会,ミクロ経済環境,ものづくりと競争力,社外取締役,企業と経営者,コーポレートガバナンス
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2
単位数
2

授業の目的及び概要 企業を取り巻く内外の経済環境を学修します。
・授業のレベルは学部の「マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ」と同じです。
・『日本経済新聞』を読む力を養います。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) ・「演習ⅠA・B」は教育課程編成・実施の方針(CP)に基づくカリキュラムにおいて「履修指定」されています。
・この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
 3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
学修の到達目標 ・『日本経済新聞』を読んで理解できる力を身につけるを到達目標にしています。
・企業を取り巻く経済環境にはマクロ経済環境とミクロ経済環境の二つがあります。まずは、マクロ経済環境に焦点をあてます。日本のマクロ経済の変化が企業に与える影響を学修します。どの要因の変化が企業に影響するか、が理解できます。
・ミクロ経済環境の変化については、技術の変化が企業に与える効果を学修します。これを通じて、企業の経営戦略を理解することができます。
授業の方法 ・教科書を輪読します。参加者は演習で報告することが義務付けられます。それを基にして議論を行います。参加者は「演習」に積極的に参加することが求められます。
・『日本経済新聞』から企業の戦略、業績、そして経営にかんする興味ある記事のコピーを配布して、議論します。予め配布あるいは「It's class」にuploadしておいて、報告者を決めて、演習で報告するような方法も採用します。
・理解を容易にするために,指定したテキスト、日本経済新聞の記事を事前に読んでおくことです。あるいは記事を要約することを「課題」にして提出を求め、その後に添削して返却する方法を採用することも考えています。
授業外の学修(予習・復習等) ・指定したテキストを事前に読んでおくこと。
・事前に、次週にはテキストの範囲および/あるいはuploadされた『日本経済新聞』の記事を発表します。
・テキストのpdfファイルを「It's class」にuploadすることを考えています。これをdownloadして、印刷することが求められます。
・『日本経済新聞』の記事も「It's class」にuploadする場合があります。これもテキストと同じ扱いになります。
テキスト・参考書 テキスト:
・三橋規宏、内田茂男、池田吉紀(著)『新・日本経済入門』日本経済新聞出版社、2015年。
・『日本経済新聞』(日本企業の戦略,業績,そして将来性を評価するのに不可欠な媒体です。)
・授業に必要な記事、箇所をpdfファイル化して、「It's class」にuploadする予定です。これをdownloadして印刷する方法を考えています。あるいはそれらを配布することもあります。)


成績評価の基準・方法 ・演習においては参加者が報告することを義務付けられます。「報告」(35%)、「演習への積極度」(15%)、「課題の提出」(50%) を総合的に評価します。

・「演習」は出席が基本です。無断欠席は厳禁。
・教育とは人的資本(自己)に対する投資です。演習を積極的に利用しましょう。
履修上の注意事項など ・「マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ」、「ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ」の履修が望ましい。
この科目の履修にあたって ・ネットではなくて、書籍、新聞記事を読むことによって「読書力」を身につけましょう。
・これは社会に出たときに必ず役に立ちます。
オフィスアワー 火 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、国語の基礎(文章表現)、数学の基礎、     大学院進学(経済系)


第1回 オリエンテーション

自己紹介
演習の進め方と評価の仕方

第2回 日本経済の現状

近代化、 復興から自立へ、繁栄と停滞、「これから先の日本経済」

第3回 戦後70年の日本経済

石油危機、 国際化と円高、バブル経済の崩壊とデフレの長期化、 現段階、明暗、織り交ぜた激動の時代、この間日本企業はどう生き抜いてきたか:勝者と敗者

第4回 デフレ経済と「失われた20年」

「デフレ」とは何か、デフレが企業に及ぼす影響、デフレが家計に与える効果

第5回 アベノミクスの登場

「アベノミクス」とは何か、「期待」とは何か、「インフレ目標」と何か、アベノミクスは成功するか?

第6回 日本経済新聞を読む (1)

新聞からの記事について討論

第7回 成長と循環

「経済成長」および「景気循環」

第8回 アベノミクス景気

アベノミクスは成功したか?、うまくいった点、うまくいかなかった点、アベノミクスの課題

第9回 日本経済新聞を読む (2)

就業構造の変化,就業条件,労働時間,非正規労働,女性労働と労働環境
エネルギー,大企業と中小企業,企業収益,日本的経営,研究開発と新技術

第10回 均衡成長の選択

均衡成長とは何か?、潜在成長率

第11回 日本経済新聞を読む (3)

新聞からの記事について討論

第12回 グローバリゼーション下の成長と循環

グローバリゼーションとは何か?、グローバリゼーションが日本経済に与えた影響

第13回 日本経済新聞を読む(4)

新聞からの記事について討論

第14回 日本経済新聞を読む(5)

新聞からの記事について討論

第15回 まとめ

2017年度春学期の演習の講評