トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 地域デザイン論Ⅰ
   Community Design Ⅰ
授業科目区分
経済学専門教育科目・経済政策
担当者 三宅 正伸(講師)
グレード G2
テーマ 共生地域社会をデザインする
キーワード 「自助・共助・公助」,「まちづくり・ひとづくり・ことおこし」,資源の地域循環,地域創生,社会共生
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)

授業の目的及び概要  行政による中央集権的地域社会管理システムが制度疲労を起こし、地域住民による分権的地域共生ネットワークが期待されるようになってきています。民主党政権での「新しい公共」や自公政権が公約している「地方創生」などは重要な政策課題として認識されていますが、地域における住民団体を行政の安価な受け皿としているだけで、公助における責任放棄との指摘もあるぐらいです。地域の人と人とのつながりを社会関係資本と称したりしますが、それを描くことをコミュニティ・デザインなどと言われるようになっています。しかし、本当に地域住民が主役となっているでしょうか。地域のことは地域住民が当事者意識を有して解決していくことは可能でしょうか。地域主権における分権を中央集権の分散化にならないようにデザインしてみましょう。公務員志望者にとっては、面接などに対応するための基礎的素養を身につけられるように意識して授業を進めます。 
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連)  この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、次に該当します。
【経済学部経済学科生】
2. 経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
【経済学部経営学科生】
2. 経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。

 また、この科目は、経済学科の地域デザインコースの基本科目となっています。
学修の到達目標  まず、地域課題について当事者意識を有して考えることができるかが一番目の到達点です。そこから活躍すべき地域の公共的人材が育ちます。そのためには、自治体や大学は地域住民に活用されなければならない責任が存在します。ここでの活用されるべき人材とは何かについてを考えます。知識やスキルの学修のみならず、市民的公共性についての考え方が身につくかが最終到達目標です。
授業の方法  本科目では教科書と配布するレジュメに基づいて進めます、毎回コメントペーパーを提出していただき、良い質問などは次回に紹介します。授業期間中にレポートを提出していただきますが、コメントをつけて返却します。期末に定期試験も実施します。
授業外の学修(予習・復習等)  地域社会に対する問題意識を共有するために時事問題などを授業にはさみます。新聞や新書を読むことで活字に馴染んでください。
テキスト・参考書  テキストは三宅正伸『「新書」から考える公務員の地域創生力』(晃洋書房、2017年)です。配布のレジュメと併用して授業を進めますので、必ず購入してください。
 参考書は授業時間内に適宜紹介しますが、ベースになる参考文献は次の通りです。重本直利・藤原隆信編著『共生地域社会と公共経営』(晃洋書房、2010年)です。京都市西京区の洛西ニュータウンでの実践について、共著者になっています。
 
成績評価の基準・方法  コメントペーパー(30%)、中間レポート(20%)、定期試験(50%)です。
この科目の履修にあたって  本科目は地域デザインにおける総論に該当します。各論に該当する地域デザイン論Ⅱとセットで考えてください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業における基本的な考え方について説明します。要約、重要点、批判、主張の過程での批判力について考えます。

第2回 都市と農村

都市と農村に関わる戦後の経済的事情と若者取り関係について

第3回 地域社会とは

地域社会とはどの範囲を言うのかなどの基本問題

第4回 地域における市民活動

地域における福祉問題やNPO活動など

第5回 市民主導・行政支援・企業協力の地域デザイン

人口減少における将来設計としてウェブ的地域連携は可能か

第6回 経済性と公共性のはざま

社会合理性の中の経済合理性

第7回 公助と共助

共助や互助による地域社会が自助や控除と関係してどのように描けるか

第8回 社会共生的協調の地域社会デザイン

経済競争的強制の束縛からの脱出

第9回 ケア・コンパクトシティは理想か

行政的効率性のコンパクトとは市民的か

第10回 地域産業政策における地域永続企業

従来の中小企業政策から地域企業育成政策を

第11回 了解志向の「地域の利益」

成果志向による考えから、人と人とのつながり重視へ

第12回 市民からの地域創生力

ハードよりもソフト、市民が主役のまちづくり

第13回 公務労働の民営化と地域社会

活躍する地域の市民と、それに活用されるべき自治体職員

第14回 自治主体としての市民と制度客体としての行政

当事者主権を考える上においての自治主体としての市民

第15回 まとめ

これまでの論点への整理と物事への批判力を有して各論へ