トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 社会心理学
   Social Psychology
授業科目区分
(経済学科)商学(経営学科)学科共通科目
担当者 笹井 惠子(准教授)
グレード G2
テーマ 人間社会の仕組みを理解し、社会心理学的な視点とはどのようなものかを学ぶ。
キーワード 社会心理学,対人認知,コミュニケーション,リーダーシップ,消費者行動,行動経済学
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (経営)学科共通科目
2年生 (経営)学科共通科目

授業の目的及び概要  この授業では、社会心理学の基礎的な概念を学びます。
 特に、社会的存在としての人間を理解するために、自己、人間関係、集団による影響過程を中心に、これまでの実験結果、代表的な理論や知見について解説します。
 この授業で習得したことを、日常生活場面や、学生生活場面、将来の仕事や職場などの社会生活場面において、役に立ててほしいと思います。
履修条件 心理学を履修していることが望ましいです。

科目の位置づけ(DPとの関連) 経済学部専門教育科目・学科共通科目
学修の到達目標 ①自分はどんな人間なのか、周りの人からどんなふうに見られているのか、自分を印象づけるには、どんな方法が効果的なのかについて知る。

②自己と他者との人間関係において、他者の気持ちを推察しながら、的確な行動ができるとともに、どうすれば適切な関係を形成ができるのかについて知る。

③集団の中の人間関係において、人はなぜこのような思考をしてしまうのか、また規範意識やリーダーシップなど集団の心理を知る。

④多様な社会の中で、幅広いものの見方ができる力を身につける。
授業の方法 授業の流れ
 ①前回の復習
 ②授業内容の解説(パワーポイントを使った講義形式)
 ③課題(グループワーク・セルフワーク、心理テストの体験、視覚教材の提供など)
 ④まとめ

 *資料は穴埋め形式になっていますが,キーワードを余白に埋めるだけでなく、メモをとって,独自のノート作りを心がけてください。
授業外の学修(予習・復習等) 授業後に、復習課題がありますので、期限を守って取り組んでください。
テキスト・参考書 資料は、毎回、ラーニングポータルからプリントして持参してください。
購入する必要はありません。
成績評価の基準・方法 ①復習課題:50%
②定期試験:50%
この科目の履修にあたって 常に問題意識を持ち、積極的に参加してください。
分からないことがあったときには、必ず質問にきてください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の進め方の他,社会心理学とは何かについて説明する。

第2回 自己と社会心理Ⅰ

自己意識・自己評価について学ぶ。

第3回 自己と社会心理Ⅱ

対人認知・社会認知について学ぶ。

第4回 性格・態度と社会心理Ⅰ

社会的発達の心理について学ぶ。

第5回 性格・態度と社会心理Ⅱ

性格と社会心理について学ぶ。

第6回 性格・態度と社会心理Ⅲ

社会的態度について学ぶ

第7回 性格・態度と社会心理Ⅳ

行動決定に心理について学ぶ。

第8回 対人行動と社会心理Ⅰ

対人魅力と好意的人間関係について学ぶ。

第9回 対人行動と社会心理Ⅱ

対人コミュニケーションについて学ぶ。

第10回 対人行動と社会心理Ⅲ

自己呈示と自己開示について学ぶ。

第11回 対人行動と社会心理Ⅳ

援助行動について学ぶ。

第12回 集団と社会心理Ⅰ

集団と個人の心理、リーダーシップについて学ぶ。

第13回 集団と社会心理学Ⅱ

集団の影響について学ぶ。

第14回 集団と社会心理学Ⅲ

消費者行動の心理について学ぶ。

第15回 まとめ

講義のふり返りと整理をする。