トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経営実践Ⅱ
   Practical Study of Management Ⅱ
授業科目区分
経済学専門教育科目・体験型学習
担当者 徳丸 義也(教授)
グレード G3
テーマ 商店街活性化事業の企画と実践
キーワード 商店街,まつづくり,事業企画,マネジメント,地域活性化,マーケティング,イノベーション
開講年度
2018
開講時期
春・秋
配当年次
2・3・4
単位数
4
コース 2年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)

授業の目的及び概要 この授業は経済学や経営学の体験的な理解を促す「PBL」(Project-Based-Learning:問題解決型学修)を行う科目です。地元八尾市の商店街の活性化やまちの魅力発信のため、商店街を舞台に、実際の事業をグループワークで企画し実行に移します。商業者は生産者と消費者の間において取引を効率化するとともに、消費者に働きかけ新たな需要を創造する役割を担っています。個店の品揃えや店舗へのこだわりはそれに共感する消費者が引きつけられます。いろいろなメッセージが集まる商店街は歩くだけでも衝動や欲望、楽しさが生まれます。この科目は、八尾市の小売商業や商店街の人々の実際の活動を学び受けとめ、グループワークで話し合いながらより良い事業の企画・実行を試みます。
この科目は、民間企業や公務員においても職場における課題解決にあたる業務遂行スキルの形成、就業力の育成にに大いに役立ちます。本科目は経済学部専門教育科目に位置づけられグレードG3です。これまで学んだ経済学、経営学を基礎にして実際に企画・実践することが目的となります。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) ①本科目は、実際に地域に入り込んで地域の人とかかわり、その(商店街)目的や思いをうけとめ、チームワークでそれを体現しようとするものですから積極性や責任感が求められます。
②本科目は、経済学部地域デザインコースおよびグローバルビジネスコース、ビジネスマネジメントコース、マーケティングコース、会計ファイナンスコースの各基本科目に位置づけられます。
③本科目は、学位授与方針(DP)に定める、学生が学習と経験を通じて身につける知識や能力のうち以下に該当します。経済学に関連する具体的な地域課題を体験を通じて理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。経営学に関連する具体的な経営課題を体験を通じて理解し、その解決方法を考える力を身につけている。
学修の到達目標 本授業では、企画・運営を通して、実践的能力を身につけること目標とします。
具体的には以下の項目となります。
①企画を立てる際に必要な情報収集や手順が理解できる。
②企画に立てる際の目的や課題を設定できる。
③企画を立案しグループワークにより実行できる。
④グループの中での協力関係を構築できる。
⑤地域の人々とコミュニケーションをとることができる。
⑥パワーポイント等を使ってプレゼンテーションができる。
⑦企画実行のためにスケジューリングができる。
⑧企画実行のために協力を呼びかけることができる。
⑨商店街活性化のための考えを述べることができる。
授業の方法 ①基礎理論についての演習
②街歩きや地域の人々とのコミュニケーション
③グループワークによる作業
④プレゼンテーション
⑤事業の企画と実践
授業では、「PowerPoint」および「情報端末(ノートPC)」の使用があります。
授業外の学修(予習・復習等) ①作業の進捗において準備作業や調査など、授業外における事前事後の活動が必要になります。
②企画の実施日が授業外の時間になることがあります。
テキスト・参考書 テキスト岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』ダイヤモンド社
授業の中でのテキストの輪読と企画実践活動での参照のため、テキストは必ず購入してください
成績評価の基準・方法 授業への参加度・態度(30%)
グループワークへの貢献度(30%)
最終レポート(40%)
この科目の履修にあたって ①民間企業でも公務員でも、初対面の相手やあまり親しくない人との間で、プロジェクトや事業を遂行する場面が出てきます。ついていくだけか?どのように協調するか?どこでリーダーシップをとるべきか? 将来の就業力の向上に役立ててください。
②授業では、自分がもっている考えを述べること、さらに他の人々がもっている多様な考えを受け入れ、共通の課題にまとめ上げることに努めてください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の概要と目的についての説明
選抜試験

第2回 事業企画と基礎学習について

事業企画についての説明
基礎学習のテーマについての説明
商業の役割 商店街の役割
企業や組織のマネジメント

第3回 アイスブレイク

自己紹介とアイスブレイク

第4回 基礎学習①

商業の役割

第5回 基礎学習②

商店街の役割

第6回 基礎学習③

まち並みと商店街

第7回 まち歩きフィールドワーク①

八尾市の小売商業と商店街の実際の状況から課題を探る

第8回 まち歩きフィールドワーク②

八尾市の小売商業と商店街の実際の状況から課題を探る

第9回 まち歩き報告会①

フィールドワーク報告会

第10回 基礎学習④

マネジメントについて
組織の顧客は誰か
組織の意義と目的は何か

第11回 基礎学習⑤

マネジメントについて
マーケティングに取り組む
専門家の通訳

第12回 基礎学習⑥

マネジメントについて
人の強みを生かす 働きがい
イノベーションに取り組む

第13回 基礎学習⑦

マネジメントについて
人事の問題に取り組む
真摯さとは何か

第14回 事業企画策定①

グループワークによる事業企画作成1
アイデア出し

第15回 事業企画策定②

グループワークによる事業企画作成2
アイデアのとりまとめ

第16回 事業企画策定③

グループワークによる事業企画作成3
事業アイデアのグループプレゼンテーション
事業の意義と目的は何か

第17回 事業企画策定④

グループワークによる事業企画作成4
事業アイデアのグループプレゼンテーション
事業の意義と目的は何か

第18回 事業企画策定⑤

グループワークによる事業企画作成5
作業項目の割り出し 作業スケジュールの策定
人の強みを生かす 働きがい

第19回 事業企画策定⑥

グループワークによる事業企画作成6
フィールドワークによる情報収集
マーケティングに取り組む

第20回 事業企画策定⑦

グループワークによる事業企画作成7
企画の取りまとめとプレゼンテーション
イノベーションに取り組む

第21回 企画実践①

グループワークによる事業企画実践1
企画の実践に向けての準備
組織づくり、資金調達、広報計画など

第22回 企画実践②

グループワークによる事業企画実践2
企画の実践に向けての準備
組織づくり、資金調達、広報計画など

第23回 企画実践③

グループワークによる事業企画実践3
企画実践の準備作業

第24回 企画実践④

グループワークによる事業企画実践4
企画実践の準備作業

第25回 企画実践⑤

グループワークによる事業企画実践5
企画の実践

第26回 企画実践⑥

グループワークによる事業企画実践6
企画の実践

第27回 企画実践⑦

グループワークによる事業企画実践7
レポートの作成

第28回 企画実践⑧

グループワークによる事業企画実践8
レポートの作成

第29回 ふりかえり

企画のふりかえり

第30回 まとめ

まとめの講義