トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 国際観光論
   International Tourism Management
授業科目区分
経済学専門教育科目・商学
担当者 石本 東生(講師)
グレード G2
テーマ 国際観光(インバウンドとアウトバウンド)の動向と観光政策、観光まちづくりの理論と手法を概観する。
キーワード インバウンド・アウトバウンド,マスツーリズム,世界遺産,無形文化遺産,食文化,南欧,持続可能な観光
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経)グローバル経済コース基本科目(経営系)(2012~2013年度入学生)

授業の目的及び概要 近年、日本において「観光」は注目を集める成長産業である。特に2013年以降、インバウンド観光客の増加は驚異的とも言える。本授業は、アウトバウンドとインバウンドの国際観光の概念を把握し、特に、今後日本経済の牽引役への成長期待も大きいインバウンド観光による地域創造ついて学修する。そして、外国人観光客を魅了する観光まちづくりの理論と手法も概観する。
授業は「国際観光」の入門編的なレベルであるが、観光関連業界を進路として考えている学生には、必要な知識となる。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
2. 経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
学修の到達目標 1.少子高齢化時代におけるインバウンド観光振興の重要性を説明できる。
2.持続可能な観光(サスティナブル・ツーリズム)を追求し、地域を再生させている南欧地域の観光形態を理解する。
3.今後の日本におけるインバウンド観光政策として、「量から質へ」の転換を図るには、どのような視点が重要か、説明ができる。
授業の方法 毎回、テキストとして「デービッド・アトキンソン,『新・観光立国論』,東洋経済新報社」を使用する。それと共にパワーポイント投影を基本として授業を進めるが、必要に応じて、レジュメも配布する。また、学期中には数回程度の小テストを実施する。小テストについては、実施の翌週授業にて、優れた答案を講評する。到達度確認テストについては、実施後に解答重要ポイントをWebに掲出する。
授業外の学修(予習・復習等) 授業前後には、上記テキストの予習復習として、それぞれ1時間程度は要すること。また、テレビの経済ニュースや経済系の新聞などで、観光産業の動きを日ごろからチェックしておくことが望ましい。
テキスト・参考書 【テキスト】
☆デービッド・アトキンソン,『新・観光立国論』,東洋経済新報社

【参考書】
☆ 井口貢編著,『観光学への扉』,学芸出版社
☆ 島川崇,『観光につける薬』-サスティナブル・ツーリズム理論-,同友館
☆ 山上徹,『国際観光論』,白桃書房
☆ 宗田好史,『創造都市のための観光振興』,学芸出版社
成績評価の基準・方法 課題提出および授業中小テスト30%と期末試験70%によって、総合的に成績評価を行う。
履修上の注意事項など 授業中の私語、特別な理由なく教室を出入りするなどは、円滑の授業運営に支障をきたすので、慎むこと。テキストとして「デービッド・アトキンソン,『新・観光立国論』,東洋経済新報社」を使用するので、履修者は全員購入しておくこと。
この科目の履修にあたって 担当教員が自ら調査した国内や南欧地域の観光地のスライドなども数多く紹介するので、グローバルな視野で観光地の形態を概観することができる。
オフィスアワー


第1回 講義概要の説明

講義方式、成績評価などについて説明する。

第2回 国際観光の概念規定

国際観光の用語を理解し、観光概念や定義を把握する。

第3回 国際観光の歴史とマスツーリズム

1950年代以降の国内外における観光資源開発の歴史とマスツーリズムの問題点

第4回 マスツーリズムの弊害と「もうひとつのツーリズム」①

エコツーリズム、グリーンツーリズムとは?(南欧の事例より)

第5回 マスツーリズムの弊害と「もうひとつのツーリズム」②

1990年代からのSustainable Tourism 「持続可能な観光」(南欧の事例より) 

第6回 Cultural Tourism 「文化観光」①

南欧、地中海沿岸諸国における、地域の文化を観光資源とした観光形態を把握。

第7回 Cultural Tourism 「文化観光」②

日本の観光地における、地域の文化を観光資源とした観光形態を把握。

第8回 観光まちづくりと国際観光①

南欧諸国における観光まちづくりとインバウンド観光の現状を理解する。

第9回 観光まちづくりと国際観光②

日本国内における観光まちづくりとインバウンド観光の現状を理解する。

第10回 「食文化」と国際観光①

観光資源としての「食文化」の具体例を概観する。特に、南欧諸国における食文化やイスラム諸国における「ハラール」の特徴、また「食文化の観光資源化」について学ぶ。

第11回 「食文化」と国際観光②

日本国内の観光地における食文化の特徴とその観光資源化について学ぶ。

第12回 スーベニアショッピング(お土産購入)と国際観光

日本国内の観光地、および南欧地域の観光地における外国人観光客のスーベニアショッピング(お土産購入)を理解する。

第13回 インバウンド誘致と地域振興

インバウンド誘客による地域振興への効果を考える。

第14回 今後の国際観光の展望

観光立国として、今後の日本の方向性について考える。

第15回 総括

講義内容を総括した上で、疑問点や説明不十分な点などについて質疑応答を行う。