トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 情報処理論(マネジメント)
   Information Processing (Management)
授業科目区分
経済学専門教育科目・経営情報
担当者 廣本 寿夫(講師)
グレード G2
テーマ 情報処理技術の実践・ビジネス事例までを学びます。
キーワード 情報マネジメント,ICT(情報通信技術),基本情報技術者試験,ICTを駆使したビジネスモデル,ビッグデータ,Society 5.0
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 4年生 (経)ITキャリアコース基本科目(2008年度~2011年度入学生),(経)情報・会計コース基本科目(2007年度入学生)

授業の目的及び概要 「マネジメント」では、「情報技術を駆使したマネジメント」にフォーカスした講義を行う。
就業力養成の観点では、日々、新聞・TV・SNS等で発信されているHOTな事例の理解を深めることにより社会の活動を深く理解できると考えます。
技術「クラウドコンピューティング、IoT、AI、ロボット等」と関連データ「生物データ、事故データ、介護データ、購買・商流データ、金融市場データ、カメラ情報データ等」を融合した「革新的な製品・サービス」事例とその背景にある情報技術を理解し、「次の革新的な製品・サービス」を模索します。
履修条件 ◆受講条件◆
実際のビジネスの現状と情報処理技術の活用方法を楽しく解説します。
技術的な難しい話に終始するわけではなく、技術の本質と活用方法を理解します。
特に、Society 5.0(第5期科学技術基本計画)が必要とされる背景を理解します。
楽しく受講してください。
・私語厳禁!
・積極的(いつも笑顔で、明るく、元気)に演習に参加する。
・毎回電子メールでレポートを提出する。
・授業は、遅刻しない。毎回参加する。
科目の位置づけ(DPとの関連) 経済学科のDPの「2. 経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。 3. 現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている」に該当します。
経営学科のDPでは「3. 企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている」に該当します。
学修の到達目標 ビジネスとその背景にある「情報技術を駆使したマネジメント」・「情報技術」を理解します。特に、Society 5.0(第5期科学技術基本計画)が必要とされる背景を理解します。
ビデオを活用し、事例演習を行います。
事例紹介・グループ討議・プレゼンテーション・フィードバックを繰り返す。
・Society 5.0(第5期科学技術基本計画)が必要とされる背景を理解します。
・ICT技術の進歩とビジネスでの活用方法
・情報システムの構築体系とポイント
・何を作り、どのように活用するのか?
(要件定義の重要性とそのポイント)
・製造業とICTの活用
・流通業とICTの活用
・インターネットを活用したビジネス
・自治体とICTの活用
・農業とICTの活用
授業の方法 ・6名程度のグループを毎回編成(意識して着席)
・目的とポイントを講義
・事例紹介
・グループ討議
・プレゼンテーション
・フィードバック

◇毎回授業内レポートを提出

授業外の学修(予習・復習等) 毎回、授業後半で、学修したテーマに関連した課題を提出します。
次回の授業までに、レポートにまとめ、電子メールで提出すること。
テキスト・参考書 テキストは、使用しません。
日々のテレビ・新聞等での情報収集を行ってください。
参考図書は、講義中に適時推薦します。
成績評価の基準・方法 ◆評価方法◆
・授業への参加度(50%)
・授業中に行う演習・レポートの評価(50%)
この科目の履修にあたって 毎回、ビデオを見、グループ討議を行います。
毎回、後半に課題を提出します。
レポートの提出は、1週間以内に電子メールで行います。
基本パソコンメールに、WORD文書の添付とする。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 イントロダクション

授業のガイダンスとICT技術とビジネスマネジメントに関する基本的な説明を行います。
特に、Society 5.0(第5期科学技術基本計画)が必要とされる背景を理解・討議します。

第2回 ICTとSociety 5.0

「必要なもの・サービスを、必要な⼈に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる⼈が質の⾼いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、⾔語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会。」とは何かを理解・討議します。
事例演習

第3回 インターネット・SNS・クラウド

体系的に理解し、「所有から利用」の変化を理解し、新しいビジネスモデル・マネジメントを理解・討議します。
事例演習

第4回 ロボット

ロボット・ドローン・RPA(Robotic Process Automation)等を理解・討議します。
事例演習

第5回 システム開発・システム運用・システム利用・プロジェクトマネジメント

全体像を理解・討議します。
事例演習

第6回 SCM(supply chain management)とマネジメント

SCMとマネジメントを理解・討議します。
事例演習

第7回 CRM(Customer Relationship Management)とマネジメント

CRMとマネジメントについての基本的な考え方を理解・討議します。
事例演習

第8回 キャピタルリソースマネジメント(人材育成・マネジメント)

キャピタルリソースマネジメントを理解・討議します。
事例演習

第9回 ビッグデータとマネジメントⅠ

関連データ「生物データ、事故データ等」を融合した「革新的な製品・サービス」を理解・討議します。
事例演習

第10回 ビッグデータとマネジメントⅡ

関連データ「介護データ、医療データ等」を融合した「革新的な製品・サービス」を理解・討議します。
事例演習

第11回 ビッグデータとマネジメントⅢ

関連データ「購買・商流データ等」を融合した「革新的な製品・サービス」を理解・討議します。
事例演習

第12回 ビッグデータとマネジメントⅣ

関連データ「金融市場データ・カメラデータ等」を融合した「革新的な製品・サービス」を学びます。
特に、Fintech( financial technology)を理解・討議します。
事例演習

第13回 自治体とSociety 5.0

自治体とICTの活用・マネジメントを理解・討議します。
事例演習

第14回 農林水産業とSociety 5.0

農業とICTの活用・マネジメントを理解・討議します。
事例演習

第15回 総括

これまでの授業内容を振り返ります。
総合演習