トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 市場戦略論
   Marketing Strategy
授業科目区分
経済学専門教育科目・商学
担当者 今光 俊介(講師)
グレード G3
テーマ マーケティング戦略の競争側面からの考察と、企業経営の理解。
キーワード デフレーション,飽和時代,経営戦略,顧客満足
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 3年生 (経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経)グローバル経済コース基本科目(経営系)(2012~2013年度入学生),(経)ビジネスマネジメントコース基本科目(2012~2013年度入学生)

授業の目的及び概要 【目的】
飽和状態にある現代の市場において、企業が戦略的に行う経営活動を学習することで、時代の変化や社会のニーズを読み取り、実践で役立つビジネス・マネジメント能力を養う。また、国際社会と地域社会を理解する基礎的知識の修得を行う。

【概要】
企業は、自社が扱うモノやサービスの売上を伸ばすために、あらゆる努力を行っている。本講義の目的は、市場に商品が溢れ消費者が多様化する中で、企業が戦略的に行う経営活動を学習することである。

市場戦略論とは、企業が経営戦略を策定・遂行・評価する一連の過程を研究するものである。企業は市場を分析して顕在的・潜在的な競合組織に対峙できる戦略を策定する。本講義では豊富な事例を活用して中級レベルの学習を行う。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 経済学部経営学科ビジネスマネジメントコースの基本科目である。

本講義の学習を通じてディプロマ・ポリシー(DP)が定める、
「経営学を中心とする幅広い専門知識」と
「企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力」を涵養する。

学修の到達目標 ・マーケティングの基本戦略を説明することができる。
・企業の経営活動におけるマーケティング戦略の位置づけを説明することができる。
・戦略の構築プロセスを説明することができる。
授業の方法 テキストを基に、パワーポイントのスライドを紹介しながら講義を行う。
また、企業のTVコマーシャルやWebページ等を適宜視聴する。
優秀な課題提出者は、講義時間内に紹介する。
授業外の学修(予習・復習等) 本講義を理解し、到達目標を達成するには以下の努力が求められる。
・テキストの精読
・毎日1時間の予復習
テキスト・参考書 以下のテキストを毎回利用するので必ず購入すること。
稲田賢次・伊部泰弘・名渕浩史・吉村泰志『経営戦略論を学ぶ』(創成社、2015年)
成績評価の基準・方法 授業期間中に2回実施する、学習到達度検証テスト(各50%)で評価する。

<評価基準>
学習到達度検証テストは受講生の到達目標すべてに対して学習到達度を確認するためのものである。授業内容を踏まえて自身の考えを論理的に記述しているかを評価する。
履修上の注意事項など マーケティング論を履修していることが望ましい。
この科目の履修にあたって 多くの方が卒業後に、いずれかの企業に就職されることと思います。
企業の規模を問わず、身近な事例を紹介しながら講義を進めます。
業界の構造も理解できますので、企業研究の一環としても取り組んで下さると一層理解が深まると思います。
オフィスアワー


第1回 イントロダクション

講義計画とポリシーの説明

第2回 戦略の基本

基本となる戦略を確認し、戦略形成のプロセスを学習する。

第3回 環境分析

企業の内部環境と外部環境を理解し、競争環境別の企業のポジショニングを学習する。

第4回 ドメインと事業定義

企業の事業領域に関する戦略的な意味について学習し、自社の生存領域を考える。

第5回 競争戦略

市場に競争が起きるメカニズムを理解し、競争要因に対応する生き残りをかけた企業の戦略を学習する。

第6回 市場地位別戦略

経営資源による競争地位の類型を理解し、ポジションによる戦略定石を学習する。

第7回 成長戦略

企業が成長することの意味を理解し、成長戦略や多角化戦略を通じて企業の成長手法を学習する。

第8回 学習到達度の確認

第1回から7回までの総括を行う。あわせて講義時間内に学習到達度検証テストを実施する。

第9回 事業システム

競合に打ち勝つ事業の核となる仕組みや、それを支える仕組みが何であるのかを理解し、それらを分析するフレームを学習する。

第10回 製品ライフサイクル

製品の誕生から衰退までの各段階において、状況へ対応するために企業が採択すべき行動を学習する。

第11回 経営資源と能力

優れた経営資源や経営能力が企業の持続的な競争優位をもたらすことを学習する。

第12回 プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)

自社の限られた経営資源を有効活用するPPMの戦略的枠組みを学習する。

第13回 戦略と組織

戦略は経営者のみが実行するものでなく、全員が関与する組織的行為であることを学習する。

第14回 戦略と経営者のリーダーシップ

戦略の本質、経営者の真の役割、企業の究極目的は何であるかを学習する。

第15回 総括と学習到達度の確認

第1回から14回までの総括を行う。