トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 消費者行動論
   Consumer Behavior
授業科目区分
経済学専門教育科目・商学
担当者 河野 公洋(講師)
グレード G2
テーマ 消費者の行動について、消費欲望、購買意思決定、マーケティングと消費者の相互作用、ブランド、広告、コミュニケーション、顧客満足について考える。
キーワード マーケティング,PR,消費者行動,購買意思決定プロセス,行動経済学,顧客満足,ブランティング
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生),(経)ビジネスマネジメントコース基本科目(2012~2013年度入学生)

授業の目的及び概要 消費者の行動は、様々な要因に左右されます。何が消費者の行動を規定しているのか。当講義では、消費者行動について、さまざまな角度から講義します。履修者は、消費者行動に関する基礎的な理論から、体系的な知識を獲得できるように目的設定します。マーケティング論、流通論などに通じる概要を学びます。
履修条件 特になし。マーケティング論を先修しておくことが望ましい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

DP1. 日本語及び外国語の活用能力、数的処理能力、情報活用能力とともに幅広い教養及び国際感覚を身につけている。
 
 この科目は、専門外国語科目に位置づけられています。
学修の到達目標 消費者行動に関する基礎的な知識獲得のために、2016年までに展開されてきた消費者行動研究の枠組みとその流れを把握できるようになることを目的とし、また消費者とマーケティング戦略に関する応用的な知識の獲得を目指します。上記キーワードを実際のビジネス・フィールドで使うことを想定した消費者に関する知識の獲得ができるようになることを目指します。
授業の方法 各回、企業のケースを題材にみなさんに問題点や分析視角を考えてもらい、解決策を考えたり意思決定を下す過程を学修することで、問題解決能力を養ってもらえるように工夫し、視聴覚教材を使用して事例中心に講義を行います。
授業外の学修(予習・復習等) 週3回発行される日経MJ(日経流通新聞)など、専門紙や専門誌を手に取って欲しい。
講義内で登場した専門用語を自在に使えるように復習してほしい。
テキスト・参考書 特に定めませんが、必要に応じ参考文献を講義内にて紹介します。
成績評価の基準・方法 小テスト・出席等(40%)、期末試験(60%)を予定しています。
履修上の注意事項など ノートの取り方など、自ら工夫してください。
この科目の履修にあたって 予習として、日本経済新聞の月曜日朝刊は、目を通す事。
講義内で登場した専門用語は、自在に使えるようになることが重要。
オフィスアワー


第1回 消費者行動とマーケティング

消費者行動とマーケティングとの関係を中心にして、当科目の概要を説明。

第2回 消費者行動研究の歴史

消費者行動研究の変遷とその系譜について。

第3回 市場の把握と消費者理解

マーケット、マーケティングの変化と消費者の変化

第4回 消費者行動の変化とその諸相

消費者行動の変化、消費の多様化や家事の外部化などと消費者行動について。

第5回 広告・宣伝(Advertising)と広報(Public Relations)の変化

消費者行動の変化に伴う、マーケティングの変化、広告の変容。

第6回 消費者行動モデルの流れ

ルイスのAIDAモデル、AIDMAモデル、コリーのDAGMARモデル、ARFモデルなど。

第7回 ブランド・パトロナイゼーション

ブランディングの重要性と消費者行動。

第8回 顧客満足度と顧客ロイヤルティ

CSやCLと消費者行動について。

第9回 ホスピタリティとマーケティング

行動経済学や心理的な消費者行動。

第10回 Customer Relationship Management(CRM)

カスタマー・リレイションシップ・マネジメント/マーケティングについてなど。

第11回 ICT時代の消費者行動①

インターネットなどによるチャネルの変化と消費者行動

第12回 ICT時代の消費者行動②

インターネットなどによるチャネルの変化と消費者行動の実際

第13回 グローバル市場と消費者行動①

グローバルに拡大する消費者と市場について

第14回 グローバル市場と消費者行動②

グローバルに拡大する消費者と市場について

第15回 総括とまとめ

授業の総括と最終試験。