トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 流通システム論
   Distribution System
授業科目区分
経済学専門教育科目・商学
担当者 岡田 裕幸(講師)
グレード G2
テーマ 社会・経済・市場のなかで流通の果たす役割とは何か、商業や流通の仕組みについての理解
キーワード 流通システム,商業,マーケティング,マーチャンダイジング,ブランド,ロジスティクス,チャネル,市場戦略,消費者行動,イノベーション
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生)

授業の目的及び概要 流通は産業と消費をつなぐ様々な活動をいいます。今日、流通にかかわることのない生活はありえません。本講では、流通は社会・経済・市場のなかでどんなシステムをつくっているのか、皆さんがよく知っている企業を取り上げながら、流通の基本概念を体系的に学修していきます。
まず始めは、授業の概要と流通論の全体像について基本的な流通の概要を理解します。次に、皆さんがよく見かける小売業から、さまざまな流通システムをみていきます。その中で理論的な視点を加えて、流通を社会経済の中のシステムとして捉えます。社会経済環境が目まぐるしく変化していくなかにあっても、変容する流通システムを捉える目をもつことは企業で仕事をするうえで大切な知識です。
授業では、なるべく具体的な企業の活動を例にあげていくようにしますので、これから就業しようとする皆さんには、どのような産業や企業があるのかを知る一助となります。また、企業と社会・経済の関わりがよく見えて、そのなかで自分の関心を深めていくことができると思います。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DPとの関連) この講義は流通論全体を捉える基礎的なところから始まります。流通は商業経済学やマーケティング論、あるいは経営学の視点からも捉えられますので、対象となる領域が重なってくることがあります。このことで経済学、マーケティング論や経営学の領域の理解を広めることになります。これは学位授与方針(DP)における社会の経済現象や課題を理解する知識を身につけるに該当します。
学修の到達目標 社会経済のなかで流通の全体像を理解し、商業とマーケティングのつながりと合わせて流通システムを捉えることを目標とします。
講義終了後には、皆さんの、日常の消費生活の背後にある流通の仕組みを説明することができるようになり、企業の個別的な活動の実際を、流通システム全体から捉える知識をもつことを目標とします。
授業の方法 ・授業は、講義形式で主にパワーポイントを使いながら解説していきます。
・発言を求め双方コミュニケーションを図ります。皆さんの積極的な参加を期待します。
・IT’s Classで、資料を配付しますので、各自でプリントしてください。
・時折VTRを使い、テキストと関連する企業を取り上げて、より実践的、具体的に企業のビジネスを取り上げていきます。
・毎回、テキストで読む範囲を指定します。講義の内容を理解するために必ずテキストの指定箇所を読むことを課題とします。
・毎回、簡単な授業のアンケートをとります。授業中にできなかった質問や疑問点は、これを使ってください。
・次の授業で、皆さんの課題への取り組み状況を確認し、アンケートの内容や質問や疑問点を取り上げて、皆さんにフィードバックして、内容を深めていきます。
・皆さんの学修を促進するため、途中で試験を行います。試験後は、その内容をフィードバックし、皆さんの知識の定着を図ります。
授業外の学修(予習・復習等) 授業に関連するテキストの部分を指示しますので、毎回よく読んで講義の内容を復習してください。講義で取り上げた関連する商業施設に実際に行ってみて、流通の現場を体感してください。製品やサービスをみて、他社とどう違うのか、背後にあるビジネスの仕組みを考えるようにしてください。
テキスト・参考書 テキストは「1からの流通システム論」(石原武政・竹村正明 碩学舎)を使います。資料も用意しますが、授業で説明した内容は、テキストを使って確認してください。
参考書は「1からのグローバル・マーケティング」(小田部正明 栗木契 太田一樹 碩学舎)を使います。グローバル化は目の前でおこっています。グローバルな視点で流通システムを捉える上で、授業でも取り上げますので読むようにしてください。
その他の参考書は、授業での皆さんの関心や状況にあわせて随時紹介していきます。

成績評価の基準・方法 授業の進行によりますが、皆さんの学修した知識を定着させるために中間のテストを行います。配点は中間テスト30%、最後の定期試験を70%で、満点を100点として評価します。
但し、アンケートは評価の対象とはしませんので、疑問点やコメント、授業の進行についても自由な意見を書いてください。
この科目の履修にあたって さて、このシラバスを御覧になっている受講生のなかで、今日は何も買い物をしなかったという人がいるでしょうか。「何も買ってない」という方がいるかもしれませんが、「何も消費しなかった」となれば、まず皆無でしょう。
当たり前のことですが、消費することなしに日々の生活は考えられません。皆さんの毎日の生活は、企業が作り出す製品やサービスによって成り立っているのです。これは、企業からみれば、皆さんは「市場にいる人々」なのです。
そして、数年後には、皆さんの多くは、企業側にたって製品やサービスを提供していく立場になります。どうせなら、今ここで視点を変えて、企業からの目で市場をみてみましょう。次第に見える景色が変わってきます。流通を勉強することで世の中を見る「解像度」が高くなります。半年後の皆さんの市場を見る目が変わることを期待します。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 日本における小売業態の誕生と進化

日本の流通は独自の進化を遂げ発展しました。その過程でさまざまな慣行が生まれました。どのような背景でどのような慣行が生まれたのか、その長所、短所を見ながら、流通規制についても考えます。社会経済のなかでの流通の役割について考えます。

第2回 商業集積

流通・商業はそのあり方によっては、消費生活に悪影響や好影響を及ぼす外部経済をもちます。特に商業集積は都市や地域社会ににぎわいをもたらします。地域商業の衰退と街作りについて、商業集積の視点から考えます。

第3回 呉服系百貨店

百貨店は呉服系と電鉄系に大別でき、創業と成長の過程でそれぞれに異なる特性を有します。この回では呉服系百貨店にフォーカスを当て、具体的な事例を取り上げて、その特性について考えます。

第4回 電鉄系百貨店

百貨店は呉服系と電鉄系に大別でき、創業と成長の過程でそれぞれに異なる特性を有します。第4回では電鉄系百貨店にフォーカスを当て、具体的な事例を取り上げて、その特性について考えます。

第5回 総合スーパー

小売業のイノベーションを担ってきた総合スーパーを取り上げ、その成長と衰退、そして新たな市場創造に向かう総合スーパーのビジネスモデル、特性について考えます。

第6回 食品スーパー

コンビニエンスストアと並んで小売業に革新性をもたらしている食品スーパーの流通システム構築のあり方とビジネスモデルの特長を考えます。

第7回 コンビニエンスストア

私たちの生活に最も身近で、なくてはならない存在となっているコンビニエンスストアは単なる小売という業態を越えて独自の進化を遂げてきました。大手CVSを取り上げ、その業態特性と進化の過程を見、今後の動向を考えます。

第8回 均一価格店

品質の向上を図りながら、確かな需要層をつかんでいる均一価格店は独自の流通システムで成長を遂げています。その構築のあり方やビジネスモデルを事例を交えて考えます。

第9回 ドラッグストア

町のいたるところで見かけるようになったドラッグストアは、その出店ラッシュが止まらない。具体的な事例を取り上げながら、その流通システム構築のあり方とビジネスモデルの特長を考えます。

第10回 総合ディスカウントストア

同じ商品であっても一般小売店よりも安く買えるディスカウントの流通システム構築のあり方とビジネスモデルの特長について考えます。

第11回 家電量販店

家電量販店は、取り扱い商品も多様化する一方、オンラインモールとの競争を強いられながら生き残りに向けた業態展開をしています。この回は具体的な事例を取り上げ、家電量販店の流通システム構築のあり方とビジネスモデルの特長について考えます。

第12回 紳士服量販店

紳士服量販店は、路面型店舗、インショップ店舗等、立地やターゲットに応じた店舗づくりをしながら地道に成長しています。この会では具体的な事例を取り上げ、紳士服量販店の流通システム構築のあり方とビジネスモデルの特長について考えます。

第13回 家具専門店

家具専門店はずいぶん以前から存在していました。しかし、生活者の価値観やライフスタイルの変化とともに業態特性も変化しています。この回は時代の中で変化する家具専門店の流通システム構築のあり方とビジネスモデルの特長を考えます。

第14回 衣類専門店

衣類専門店には大小様々な店舗が存在しますが、勝ち組と負け組が顕著になっています。この回は特に大手衣類専門店にフォーカスを当て、その流通システム構築のあり方とビジネスモデルの特長について考えます。

第15回 オンラインモール

IT社会の進展の中でオンライモールは身近な流通チャネルとなっています。事例を取り上げながら、オンラインモールの流通システム構築のあり方とビジネスモデルの特長についてリアル店舗との比較の中で考えます。