トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 流通産業論
   Distribution Industry
授業科目区分
経済学専門教育科目・商学
担当者 杉林 弘仁(講師)
グレード G2
テーマ 「流通を構成する産業や企業の研究」と「現代の商業や流通の仕組み」についての理解
キーワード 産業構造     ,流通システム,マーケティング,マーチャンダイジング,商業,流通政策,ロジスティクス,消費者行動,イノベーション,リサーチ
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生)

授業の目的及び概要 国民経済のなかで、流通産業は生産と消費を架橋する必要不可欠な存在です。流通産業は、専門店、百貨店、家電量販店、商社、アパレルなどの専門卸売業をはじめ、様々な業界で形成されています。
授業の進行は概ね授業計画の通りです。流通産業はどんどん進化していきます。「流通の今」ですから、これに合わせて授業で解説する内容や紹介する企業も変わります。グループでディスカッションしながら、ダイナミックに変化する流通の「今」を捉えます。
流通を学ぶことで、広く現代の経済社会の問題を理解し、その解決の方法を考える力を養うのが本講の目的ですが、流通の「今」を知ることは、社会経済をよりよく理解できるだけでなく、産業のイノベーションや個別企業の活動についても深い理解ができます。特に流通ビジネスに関わろうとする受講生には、就職展望への一助となります。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本講は、これまで皆さんが学習してきた社会学や経営学、経済学の知識を応用して、流通産業を形成する業種・企業を調査していきます。この学修過程には、チームワークを形成する目的もあります。これは、DPの経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけるところと、他の人々と協働し、社会の一員として活躍できる能力を身につける位置に該当します。
学修の到達目標 皆さんに流通産業の様々な企業のビジネスモデルを知ることも目標ですが、「調べる力」をつけます。「調べる力」は企業に入って非常に重要になります。また、グループで議論、研究することを通じて、責任感や協調性、ならびに分析力、論理的思考力を図ります。協働してプレゼンテーションをおこなうことで、チームビルディングや気付き、リーダーシップ力を養うことを目指します。
授業の方法 講義形式とグループ学習形式を交ぜて授業を行います。
少人数で、流通産業の中の「模擬企業」を作り、その単位で、関心のある企業や業種をとりあげて、ケース・スタディを行います。
各チームは、その企業や業界の構造や、背後にあるロジック、アイデアを見いだし、発見した内容をプレゼンテーションし、その内容について討議していくという学習形式で進めます。
最初は、リサーチの参考になるように、講義形式でユニークな活動を行う企業を紹介し、そのビジネスの背景や仕組みについて考察します。調べる技術、伝える技術を身につけるように、調査の方法やプレゼンテーション手法についても解説します。
最初の3回までにチームを編成します。概ね第5回から各チーム単位で調査をはじめます。授業以外にも課外で活動をすることになります。受講生の皆さんは、2回~4回の講義を参考にして、各チームで調査を進めてもらいます。

授業外の学修(予習・復習等) 週1回の授業だけでなく、授業外での、個人の調査やグループでのディスカッションも多く必要になります。個人だけでなく、グループでの時間管理と目標管理が必要になります。
テキスト・参考書 テキストについては定めませんが、下記参考図書以外にも、受講生の調査企業や業種に応じて、参考になるビジネス誌や図書をあげていきます。
「ビジネスインサイト」 石井淳蔵 (岩波書店)
「中小企業白書2017年版」(中小企業庁編)発行予定は6月頃
「マーケティング入門」小川孔輔(日本経済新聞出版社)
「会社四季報業界地図2017」(東洋経済新聞社)

成績評価の基準・方法 グループでの調査報告とプレゼンテーションの内容40%、最終の個人レポート40%がベースの評価となります。ディスカッションでの貢献度10%、各チームのプレゼンテーションの評価能力10%として、総合的に評価します。

履修上の注意事項など 講義も行いますが、主体は皆さんの活動にあります。チームを結成し、皆さんは自ら、役割をもって組織運営にあたります。自らを律し「他の人々と協働して目的を達成する」という気持ちをもって挑んでください。
この科目の履修にあたって さて、このシラバスを御覧になっている受講生のなかで、今日は何も買い物をしなかったという人がいるでしょうか。「何も買ってない」という方がいるかもしれませんが、「何も消費しなかった」となれば、まず皆無でしょう。
当たり前のことですが、消費することなしに日々の生活は考えられません。皆さんの毎日の生活は、企業が作り出す製品やサービスによって成り立っているのです。これは、企業からみれば、皆さんは「市場にいる人々」なのです。これをつないでいるのが流通です。
この講義では、流通の知識を得ること、問題点を明らかにする分析力をもつこと、調べる力をもつことを学びます。
これらは大事なことですが、これから企業に就こうと思う皆さんには、チームワークや他の人々と協調して目標を達成することも大切な技術です。流通産業論ではグループ学習を主軸にしています。チームを結成して、協働して問題を解決していく力をつけましょう。
オフィスアワー


第1回 流通業とは

市場・経済・企業を整理し、経済学、経営学、流通論、マーケティング論の関わりについて大枠を理解します。

第2回 流通産業研究の進め方

グループワークによる授業の進め方の説明と、調査の方法、コミュニケーション手法について学習し、チームを編成します。

第3回 業界事例研究

最初は業界という単位で解説します。百貨店業界:かつての小売業の雄である百貨店、アメリカの百貨店との対比とともに日本の百貨店の現状、競争構造を分析します。(事例業界を変更する場合があります)

第4回 企業事例研究

この回は、企業という単位で分析します。アマゾンの物流:アマゾンの事業内容について、その物流システムについて解説します。(事例企業を変更する場合があります)

第5回 調査の方法とプレゼンテーション

調査の方法、具体的に例をあげながらプレゼンテーションのプロセスやその手法について説明します。

第6回 ケース・スタディ#1

この回から、チーム単位で調査した企業、業種のプレゼンテーションを行ってもらいます。その発表をもとに、皆さんと流通について議論していきます。各チームの進捗度合によっては、調査の参考になる流通産業や企業のケースをあげて説明します。

第7回 ケース・スタディ#2

チーム単位で調査した企業、業種のプレゼンテーションを行ってもらいます。その発表をもとに、皆さんと流通について議論していきます。各チームの進捗度合によっては、調査の参考になる流通産業や企業のケースをあげて説明します

第8回 ケース・スタディ#3

チーム単位で調査した企業、業種のプレゼンテーションを行ってもらいます。発表をもとに、皆さんと流通について議論していきます。各チームの進捗度合によっては、調査に参考になる流通産業や企業のケースをあげて説明します

第9回 ケース・スタディ#4

チーム単位で調査した企業、業種のプレゼンテーションを行ってもらいます。発表をもとに、皆さんと流通について議論していきます。各チームの進捗度合によっては、調査の参考になる流通産業や企業のケースをあげて説明します。

第10回 ケース・スタディ#5

チーム単位で調査した企業、業種のプレゼンテーションを行ってもらいます。発表をもとに、皆さんと流通について議論していきます。各チームの進捗度合によっては、調査の参考になる流通産業や企業のケースをあげて説明します。

第11回 ケース・スタディ#6

チーム単位で調査した企業、業種のプレゼンテーションを行ってもらいます。発表をもとに、皆さんと流通について議論していきます。各チームの進捗度合によっては、調査の参考になる流通産業や企業のケースをあげて説明します

第12回 ケース・スタディ#7

チームでの企業、業種研究の最終のプレゼンテーションを行います。受講生の皆さんの発表をもとに、流通について議論していきます。

第13回 ケース・スタディ#8

チームでの企業、業種研究の最終のプレゼンテーションを行います。受講生の皆さんの発表をもとに、流通について議論していきます。

第14回 流通産業の整理

これまで取り上げてきた業界や個別企業を復習し、流通産業の未来について考えてみます。

第15回 流通産業論のまとめ

流通産業論を総括し、授業内容の理解度を確認します。