トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 貿易論(貿易基礎)
   Foreign Trade (Trade Theory)
授業科目区分
経済学専門教育科目・商学
担当者 八井田 收(教授)
グレード G2
テーマ 貿易に関する理論と実践知識の習得
キーワード 貿易取引,貿易政策,貿易収支,輸出入管理
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生),(経)グローバル経済コース基本科目(経営系)(2012~2013年度入学生),(経)総合経済コース基本科目(2008~2011年度入学生)

授業の目的及び概要 現代において、海外との貿易取引なくして日本経済は成り立ちません。将来もグローバルな貿易取引がますます拡大していくものと考えられます。このような現状を踏まえ、本講義では貿易取引の基礎的な理論と実践的な知識の習得を目指し、社会において実務に活かせる内容を提供します。
履修条件 経済学科・経営学科(2年次以降履修科目)
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目を履修することで、DP2の「経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている」、DP3の「現代社会の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている」、そしてDP4の「他の人々と協働し、社会の一員として活躍できる能力を身につけている」と考えている。この科目はCPに基づき、専門科目として位置づけられている
学修の到達目標 以下の内容を到達レベルとします。
・貿易の意義を理論的に説明できること
・貿易の種類と内容を説明できること
・輸出輸入管理の制度を説明できること
授業の方法 授業用のパワーポイント資料に則して授業を行います。また、適宜レジュメなどの資料を配布します。授業は講義形式を基本とし、小テスト(小テストの結果は講義内で口頭にてフィードバックを行います。)やディスカッションを通じ知識理解の定着を行い、学期末には、期末試験を実施します
授業外の学修(予習・復習等) 到達目標を意識しながら、以下の学修を行ってください。
・事前に授業用Webに掲載する資料を印刷して予習をする。
・授業後に講義内容の復習を通じて、分からないことを残さないようにする。
・日頃から日本経済新聞やビジネス誌を読んで、世界や日本の貿易に関する出来事を把握する。
テキスト・参考書 ・テキストの指定はしないが、適宜資料等を配布する。
・参考書として、以下の2点を推奨する
1)貿易理論:多和田眞『コンパクト 国際経済学」新世社,2010年
2)貿易実務:寺田一雄『貿易実務入門』日本関税協会,2011年
成績評価の基準・方法 評価方法:積極的参加度(30%)、小テスト(30%)、期末テスト(40%)
この科目の履修にあたって ・本科目は、理論と実践の両方をカバーすることを目指します。商社もしくは企業の海外担当部署や輸出入管理部署に関心があれば、履修することを勧めます。
・本科目を担当する初年度につき、授業計画と評価基準については多少変更する可能性がある。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 オリエンテーション 

授業の進め方、評価方法、受講者の心得等の説明を行う

第2回 貿易の意義と特色

本科目の概要として、国内取引との違い、貿易取引の流れ、商流/物流、貿易の便益を理解する

第3回 伝統的貿易論①

貿易理論の基本として、アダム・スミスの絶対優位論とリカードの比較優位論を理解する

第4回 伝統的貿易論②

貿易理論の基本として、ヘクシャー=オリーンモデルを理解する

第5回 現代の国際貿易論

新しい貿易理論として、規模の経済性や産業内貿易について理解する

第6回 貿易政策

貿易政策として行われる①関税、②輸入割当、③輸出補助金、④輸入禁止、⑤輸出自主規制について経済理論から理解する

第7回 産業内貿易

垂直的産業内貿易と水平的産業内貿易の違いや、近年盛んな国際分業について理解する

第8回 世界の貿易体制と日本の貿易

世界の貿易環境と枠組み、および日本の貿易取引状況について観察する

第9回 国際収支統計と為替レート

貿易による国際収支や為替の影響について理解する

第10回 貿易の基礎知識

貿易の流れ、貿易に関する国際ルール、多国籍企業の市場参入について理解する

第11回 貿易取引の形態

貿易の種類(輸出入、三国間貿易、加工貿易)や貿易の形態(売主、買主、代理人の関係)について理解する

第12回 取引準備と契約交渉

貿易取引の準備と契約締結に向けた準備について理解する

第13回 契約条件(インコタームズ)

貨物の引渡しと危険負担の範囲および費用負担を定めるインコタームズについて理解する

第14回 日本の輸出入貿易管理制度

輸出入管理法令および該非判定などの管理制度について理解する

第15回 授業の総括

これまでの内容の総括を行う