トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 中小企業経営論
   Management of Small and Medium-sized Enterprises
授業科目区分
経済学専門教育科目・経営学
担当者 荒木 康代(教授)
グレード G2
テーマ 働く場としての中小企業を考える
キーワード 中小企業,ネットワーク,中小製造業,中小商業,商店,商店街,人材育成,コミュニティビジネス,まちづくり,起業
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生),(経)総合政策コース基本科目(2012~2013年度入学生),(経)ビジネスマネジメントコース基本科目(2012~2013年度入学生)

授業の目的及び概要  現在、働く人の約7割が中小企業で働いています。企業数では、99%が中小企業です。日本の産業は、このような中小企業によって成り立っているといっても過言ではありません。このような中小企業には、大企業とは異なる性質があります。本科目では、そのような特質を見据えながら、中小企業が日々どのように活動しているのか、どのように直面する問題を解決しているのか、詳しく見ていきます。一口に中小企業といっても、その内容は様々です。本授業では、個々の具体的な事例に基づきながら、激変する現代の産業・経済のなかで、中小企業が直面する課題について様々な角度から見ることによって、中小企業の経営について考えていきます。このことは皆さんが社会に出て企業等で働くとき、企業経営や現実の経済について理解する助けとなると考えます。授業レベルとしては、初級に相当しますので、特に専門的知識は必要ありません。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目で学ぶ内容は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
2.経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3.現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
また、教育課程の編成・実施の方針(CP)に定める、順次制に基づく学修カリキュラムのうち、以下に該当します。
経営学理論を学修する科目として、専門学修を進めていく上での基本的な知識や技能、思考方法を身につけられるようにする。
学修の到達目標 ①中小企業とは何かについて、定義や事例を用いて説明できる。
②戦後の中小企業の歩みについて環境の変化とともに説明できる。
③中小製造業の現状と課題について説明できる。
④中小商業の現状と課題について説明できる。
⑤商店・商店街の現状と課題について説明できる。
⑥現代の中小企業が直面する課題とそれに対する方策についての意見が言える。
授業の方法 本科目は講義中心に行うが、受講学生の理解を進めるため必要に応じて、パワーポイント、映像等を使用する。また、中小企業経営者の話を聞く機会も持ちたい。出来るだけ具体的な事例を用いて説明する。学生の理解度を知るため授業中に適時コメントを求めたり、小テスト(課題)を行うことがあります。授業における疑問点や自分の意見などは積極的に質問してください。次の回にできるだけフィードバックをしたいと思います。
授業外の学修(予習・復習等) 毎回の授業を効果的にするために、事前の授業で行うテーマの予習をしておいてください。さらに知識の定着のために、レジメを使って復習をしてください。わからない単語などについては、調べておくことが必要です。
テキスト・参考書 テキストは使用しません。毎回、レジメを配布します。
配布レジメは授業支援システムにアップします。


参考書
「21世紀中小企業論」渡辺幸男他 有斐閣アルマ
「中小企業 ベンチャー企業論」植田浩史他 有斐閣コンパクト
成績評価の基準・方法 成績評価は以下の方法で行います。
期末試験の結果(70%)
コメント、小テスト(30%)
授業期間中、数回コメントあるいは小テストを求めます。
履修上の注意事項など 中小企業についてよりくわしく知るために、「中小企業政策論」「ベンチャービジネス論」を履修することが望ましい。
この科目の履修にあたって 日頃から、新聞の本紙及び地方版等で中小企業の経済状況や企業動向について注意を払っておきましょう。また、授業で取り上げた企業等について自ら調べ復習することによって、知識を身に着けるようにしてください。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、国語の基礎、レポート作成支援、大学院進学(社会科系)、その他(自己PR作成支援)


第1回 ガイダンス

・授業の目的、内容、進め方、受講の仕方、成績評価などについて説明。
最新のトピック等を取り上げるため、授業計画を多少変更する場合があります。

第2回 中小企業とは何か①

・中小企業の実際
・中小企業の定義
・中小企業の範囲・規模

第3回 中小企業とは何か②

・戦後の中小企業を取り巻く社会環境(政治経済・社会・生活)の変化。中小企業施策と中小企業の取り組みについて

第4回 中小企業の事業プロセス

・中小企業の事業のプロセスについて、市場細分化等の戦略を含めて考察

第5回 ものつくりと中小企業①

・中小製造業の特徴と現状・課題について
 下請制・企業間関係、国際化の進展等

第6回 ものつくりと中小企業②

・中小製造業の特徴と現状・課題について  
  下請制、企業間関係、国際化の進展等

第7回 中小商業と流通

・中小商業の存立基盤について
・商業を取り巻く規制改革
・商店・商店街をとりまく環境と課題
・中心市街地活性化の取り組み

第8回 地域と中小企業

・商店・商店街をとりまく環境と課題
・中心市街地活性化の取り組み

第9回 中小企業と金融

中小企業の金融調達方法とその課題、新たな調達方法等。

第10回 事業承継と中小企業

中小企業の事業承継の現状と課題。事業承継者(2代目、3代目経営者)の挑戦。

第11回 新たなビジネス

新たに誕生している産業及び起業者について

第12回 社会的起業

ソーシャルビジネス、コミュニティービジネスについて

第13回 中小企業と人材育成①

・中小企業では、人材を育成することが特に重要です。中小企業ならではの人材育成について具体的事例を取り上げ説明します。

第14回 中小企業と人材育成②

・中小企業では、人材を育成することが特に重要です。中小企業ならではの人材育成について具体的事例を取り上げ説明します。

第15回 まとめ

・全体のまとめ