トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 会計学特別講義Ⅰ 〈会計学特論Ⅰ〉
   Special Lecture Ⅰon Financial Accounting
授業科目区分
経済学専門教育科目・会計学
担当者 髙橋 敏朗(教授)
グレード G3
テーマ 会計学の基礎の習得
キーワード 損益の計算,資産,負債,資本,原価
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 企業は利益を獲得するための様々な経済活動を行っている。企業の経営者は、株主、債権者、従業員、取引先など利害関係者に対して企業の活動結果を報告する義務がある。そのためには経済活動の中から会計事実を識別し、一定のルールに基づいて会計事実へ数値を割り当てる必要がある。このような行為を会計的測定と呼んでいる。企業は会計を通した測定と報告を実践するが、「一定のルールに基づいて」という内容の認識には会計に対する基礎的知識を得ることが前提となる。この講義は会計に対する様々な基礎的知識を提供することがその内容となる。
履修条件 簿記の基礎知識があることが前提です。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

2. 経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。

 この科目は、会計学の基礎的な入門コースです。
 会計学に特段の関心をもたない学生を対象に会計の基礎知識を伝授します。
学修の到達目標 企業活動の成果である利益の計算の仕組みを基礎から学び理解することが本授業の目標です。同時に貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書が何を表し、どのような役割を果たすものであるか事例を交えて解説します。将来、どのような方面に就職しても会計学の基礎を理解していることが役立ちます。
授業の方法 テキストを参考にしながら各回のテーマに関する解説を行います。講義の中で事例に基づき説明します。
授業外の学修(予習・復習等) 予習:テキストをあらかじめ読んできてください。
復習:学んだ内容を再確認してください。
テキスト・参考書 神戸大学会計学研究室編『会計学基礎論』同文館出版346ページ
成績評価の基準・方法 期末試験50%、授業期間中に実施する小テスト(7回)の成績(50%)
履修上の注意事項など 休まずに受講するようにしてください。
この科目の履修にあたって 財務諸表を見て会社の業績の良し悪しが判断できるか否かが、学ぶ上でのメルクマールとなります。
オフィスアワー 金 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、大学院進学(経営・会計系)


第1回 オリエンテーション

会計の意義と役割

第2回 会計学の諸領域

会社法の会計、金融商品取引法の会計、税務の会計

第3回 会計の基礎①

会計の基礎構造

第4回 会計の基礎②

貸借対照表

第5回 会計の基礎③

損益計算書

第6回 会計の基礎④

資金計算書

第7回 商品売買の会計①

売上高の認識・測定―実現原則

第8回 商品売買の会計②

売上原価の認識・測定―発生原則

第9回 損益計算の構造

収益・費用の対応

第10回 資産の会計①

流動資産

第11回 資産の会計②

固定資産

第12回 資産の会計③

繰延資産

第13回 負債の会計

流動負債・固定負債

第14回 資本の会計

資本金、資本剰余金、利益剰余金

第15回 まとめ

総括