トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 管理会計
   Management Accounting
授業科目区分
経済学専門教育科目・会計学
担当者 引地 夏奈子(准教授)
グレード G3
テーマ 管理会計の基礎を学ぶ
キーワード 管理会計,工業簿記,原価計算,分析,公認会計士,日商簿記検定
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経)会計ファイナンスコース基本科目(会計系)(2012~2013年度入学生),(経)ITキャリアコース基本科目(2008年度~2011年度入学生)

授業の目的及び概要 この授業は管理会計の基礎的な理論と技法を習得できるように講義を進めます。具体的には、企業経営における管理会計の機能・役割、計画設定・組織化・統制からなるマネジメント・サイクル、財務情報分析、設備投資意思決定の経済性計算、予算管理と責任会計、短期利益計画としての損益分岐点、資金管理とキャッシュ・フロー管理、事業部制の会計を扱う。
履修条件 日商簿記検定2級程度の工業簿記の知識があることが望ましい。会計学を専攻している方、経営管理に興味のある方は是非受講して下さい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この授業は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

2.経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
学修の到達目標 ・管理会計の基本的な理論と技法について習得すること。
・具体的な管理会計状の諸課題に対応できる基礎力を習得すること。
授業の方法 配布するレジュメに従い、パワーポイントを用いて講義と演習を行います。また中間試験を実施します。理解を深めるために、必ず自主的に予習復習を行うようにしてください。また、欠席することにより大きく授業から遅れてしまいますので、毎回の出席を心がけましょう。
授業外の学修(予習・復習等) ・授業終了後は管理会計の全体像を意識し、配布資料等を十分に読み込み、その都度復習をすること。
・ニュースや新聞に絶えず目を向けて、様々な組織における経営課題についての問題意識を養うこと。
テキスト・参考書 教科書:授業内でアナウンスします。
参考書:櫻井道晴『管理会計 第六版』(同文舘、2015)。
成績評価の基準・方法 中間試験(30%)および期末試験(60%)に授業における発言による貢献度(10%)を総合的に評価します。また、授業中の携帯・私語・遅刻・途中退室等に関しましては厳しく対応しますので、このようなことがないよう注意して下さい。
履修上の注意事項など より理解を深めるため、「工業簿記」「原価計算」の履修を推奨します。
この科目の履修にあたって 「会計」と聞くと、日頃数字に親しみにのない方は身構えるかもしれませんが、実は日々のビジネスの中で当たり前に接することになる、売上金額や商品の損益分岐点など、社内で数字を扱う話は全て管理会計の領域となります。管理会計は「マネジメントアカウンティング」、つまり「経営管理のための会計」です。
ビジネスパーソンにとって必要不可欠なスキルである管理会計を学び、適切でスピーディーな意思決定や理論的な評価・分析ができるようになりましょう。
オフィスアワー 木 9:00~10:30 相談ラウンジ(八尾4階) キャリアと進路(会計職)、大学院進学(会計系)
金 14:40~16:10 花岡コモンズ 


第1回 管理会計とは

管理会計の機能・役割について解説する。

第2回 管理会計の体系

管理会計と組織構造、計画設定、組織化、統制からなるマネジメント・サイクル居着いて解説する。

第3回 経営計画の策定

経営戦略に基づいて設定される経営計画について解説する。

第4回 財務分析

実際企業のデータを用いた財務分析を行う。

第5回 財務分析

実際企業のデータを用いた財務分析を行う。

第6回 設備投資意思決定における経済性計算

原価比較法、投資利益率法、回収期間法、内部利益率法、割引キャッシュフロー法による経済性計算について解説する。

第7回 設備投資意思決定おける経済性計算

資本コストの算定方法、企業価値の算定方法について解説する。

第8回 短期利益計画と損益分岐点分析

短期利益計画のプロセスにおいて用いられる損益分岐点分析について解説する。

第9回 損益分岐点分析と直接原価計算

直接原価計算の意義と特徴、利益計画や経営意思決定への活用、全部原価計算との相違点・比較について解説する。

第10回 中間試験

中間試験を行います。

第11回 予算管理と責任会計

短期経営計画において設定された経営目標を達成するための予算管理について解説する。

第12回 予算実績差異分析

予算統制の具体的手続きとして、計画である予算と実行の成果としての実績の差異分析について解説する。

第13回 資金管理とキャッシュ・フロー

短期資金管理である現金管理と運転資金について解説する。

第14回 事業部制組織の管理会計

事業部制組織の管理会計について解説する。

第15回 講義のまとめ

これまでの講義内容をまとめ、基本的な管理会計理論の概要について整理する。