トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 財務会計
   Financial Accounting
授業科目区分
経済学専門教育科目・会計学
担当者 山根 陽一(准教授)
グレード G3
テーマ 会計処理の理論的背景の学修
キーワード 会計学,財務諸表,会計専門職(公認会計士・税理士),公認会計士講座(Sコース),税理士講座講座(Sコース)
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経営)会計ファイナンスコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経)会計ファイナンスコース基本科目(会計系)(2012~2013年度入学生),(経)会計ファイナンスコース基本科目(2008~2011年度入学生),(経)ビジネスコース基本科目(2006年度入学生)

授業の目的及び概要  初級簿記・中級簿記・上級簿記では、財務諸表を作成する際の複式簿記による技術的側面が中心であったのに対し、なぜそのような処理をしなければならないのか(理論的背景)、またどのような規則があるのか(制度会計)といった理論的側面を学修します。簿記・会計の上級者を対象として財務諸表作成の理論的背景を扱います。本授業は「上級簿記」の延長上にある科目です。従って、「上級簿記」を履修したこと、もしくは日商簿記検定2級以上の知識があることを前提とした授業となります。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

2. 経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
学修の到達目標  主要な会計基準とその理論的背景を理解することを目標とします。
授業の方法  テキストの内容を平易に解説していきます。授業1回につき、1章ずつ進むので、やや早めのスピードになります。出席は、授業始めに実施する要点を文章で記述する復習問題の提出によります。
授業外の学修(予習・復習等)  テキストに沿って、授業を進めていきますので、授業前に該当箇所を一読しておくと、授業内容が理解しやすいと思います。
テキスト・参考書 桜井久勝『財務会計講義』中央経済社
『会計法規集』中央経済社
成績評価の基準・方法  復習問題(30%)、期末試験(70%)。期末試験の成績を中心に評価し、授業への積極的参加度(復習問題の提出、授業時の質問や受講態度など)等を考慮します。私語・途中退席など他の学生に迷惑の及ぶ行為を行う者に対しては大幅に減点します。
履修上の注意事項など  この科目は、具体的な会計処理には触れませんが、日商簿記検定2級以上の知識を有していることを前提に行います。講義内容は広範囲にわたり、かつ専門的なものとなるため、毎回講義に出席し、復習することが必要です。
この科目の履修にあたって  この科目は、税理士試験(財務諸表論)、公認会計士試験(財務会計)で出題される範囲全般を広く浅く取り上げる予定です。したがって、これらの受験を考えている人は、ぜひ履修してください。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 花岡コモンズ 授業の質問


第1回 財務会計の機能と制度

会計の意義と領域、財務会計の機能、企業会計への法規制について解説します。

第2回 利益計算の仕組み

企業活動と財務諸表、複式簿記の構造、利益計算と財務諸表について解説します。

第3回 会計理論と会計基準

会計基準の必要性、会計基準の設定と問題点、演繹的アプローチの展開、企業会計原則の一般原則、会計情報の質的特性について解説します。

第4回 利益測定と資産評価の基礎概念

現金主義会計と発生主義会計、発赤主義会計の基本原則、資産評価の基準について解説します。

第5回 現金預金と有価証券

資金運用活動と資産と収益、現金及び預金、有価証券デリバティブとヘッジ会計、キャッシュ・フロー計算書について解説します。

第6回 売上高と売上債権

営業循環における収益認識、販売基準、生産基準、回収基準、売上債権について解説します。

第7回 棚卸資産と売上原価

棚卸資産の範囲と区分、棚卸資産の取得原価、棚卸資産の原価配分、払出単価の決定、棚卸資産の期末評価について解説します。

第8回 有形固定資産と減価償却

固定資産の範囲と区分、有形固定資産の取得原価、減価償却、固定資産の期末評価、リース会計について解説します。

第9回 無形固定資産と繰延資産

知的財産と研究開発、無形固定資産、繰延資産について解説します。

第10回 負債

負債の範囲と区分、引当金、納税義務と税効果会計、流動負債、固定負債、偶発債務について解説します。

第11回 株主資本と純資産

純資産の構成、払込資本、組織再編、稼得資本、純資産の区分表示について解説します。

第12回 財務諸表の作成と公開

財務諸表の体系、損益計算書、貸借対照表、株主資本変動計算書、注記と付属明細表、財務諸表の遡及処理、四半期財務諸表と臨時計算書類について解説します。

第13回 連結財務諸表(Ⅰ)

連結財務諸表の公表制度、連結財務諸表の一般原則、連結決算の一般基準、連結財務諸表の作成手続について解説します。

第14回 連結財務諸表(Ⅱ)

連結株主資本等変動計算書、持分法、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表の注記について解説します。

第15回 外貨建取引等の換算

企業活動の国際化と会計問題、換算の諸方法、外貨建取引の換算、為替予約、在外支店の財務諸表項目の換算、在外子会社等の財務諸表項目の換算について解説します。