トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 簿記論Ⅱ
   Bookkeeping Ⅱ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科共通科目
担当者 髙橋 敏朗(教授)
グレード G1
テーマ 商業簿記の「基礎的な考え方」と「その計算実践」を学習します。
キーワード 簿記,会計,経理,日商簿記検定
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経)学科共通科目
4年生 (経)総合経済コース基本科目(2008~2011年度入学生),(経)会計ファイナンスコース基本科目(2008~2011年度入学生),(経)ITキャリアコース基本科目(2008年度~2011年度入学生),(経)ビジネスコース基本科目(2007年度入学生),(経)ビジネスマネジメントコース基本科目(2012~2013年度入学生)

授業の目的及び概要 簿記は簡単に言えば「会社が日々の活動を行った結果どれだけ儲かったかを計算し、またどれだけの財産や借金があるのかを把握するために一定のルールに従って計測する方法」です。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

2. 経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。

簿記は将来会計専門職を目指す人にとって必須の学習科目です。従って、これから会計学を体系的に学習しようとする『会計ファイナンスコース』の履修者にとっては一回生の段階で確実に履修しておかなければならない科目です。
学修の到達目標 簿記初心者を対象として、「基本的な簿記の知識」と「計算能力」の修得ができます。
授業の方法 各回の授業は、おおむね以下の順序で進めます。
①論点の解説→②例題解説
中間試験については講評を行います。
授業外の学修(予習・復習等) 予習:次回の授業範囲を予習し、内容や専門用語を理解しておくこと
復習:講義で学んだ範囲に対応する問題集の問題を解いておくこと
テキスト・参考書 毎回の授業で「合格テキスト日商簿記3級」を参照するので、必ず購入しておいてください。
①「合格テキスト日商簿記3級」TAC(株)
②「合格トレーニング日商簿記3級」TAC(株)
なお、必ず電卓(10桁以上)を持参してください。
会計職を目指す学生は12桁の電卓を持参してください。
成績評価の基準・方法 中間試験50%と期末試験50%の合計点により評価します。
中間試験と期末試験の両方を受験しないと、成績評価の対象となりませんので注意してください。
評価基準 秀(90点以上) 優(80点以上) 良(70点以上)
     可(60点以上) 不可(60点未満)
履修上の注意事項など 簿記初学者向けの科目となりますので、「初級簿記」「(旧)簿記実践Ⅰ・Ⅱ」の単位修得者は、「中級簿記」「工業簿記」「上級簿記」「原価計算」等の上級科目を履修してください。
簿記の初心者を対象として、商業簿記の基礎を勉強します。
この科目の履修にあたって 一般企業への就職を考えている人でも簿記の知識は就職活動に有利に作用することが多いと言われ、また就職後も色々な場面で「使える知識」となります。よって経済学部生全てが卒業までに履修し、簿記検定3級を取得することを希望します。
これまでの経験上、簿記初学者の場合は出席率と中間・期末試験の得点状況は比例しています。休まないように出席してください。また、復習として講義で学んだ範囲に対応する問題集の問題を解くことはとても大切なことです。ぜひ日商簿記検定3級取得にチャレンジしましょう。
オフィスアワー 金 13:00~14:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、大学院進学(経営・会計系)


第1回 その他の期中取引(Ⅱ)

前払金・前受金の処理、仮払金・仮受金の処理、立替金・預り金の処理、商品券と他店商品券の処理

第2回 その他の期中取引(Ⅲ)

固定資産、有価証券、租税公課

第3回 その他の期中取引(Ⅳ)

資本取引、総勘定元帳と補助簿

第4回 試算表の作成(Ⅰ)

試算表の作成方法

第5回 試算表の作成(Ⅱ)

試算表の作成に関する演習

第6回 決算の手続き(Ⅰ)

決算手続きとは何か、決算整理事項(現金過不足の整理)

第7回 決算の手続き(Ⅱ)

決算整理事項(消耗品、売上原価の算定、有価証券の評価替え)

第8回 中間まとめ

その他の期中取引(Ⅱ)~決算手続き(Ⅱ)のまとめ

第9回 決算の手続き(Ⅲ)

決算整理事項(貸倒引当金の見積り)

第10回 決算の手続き(Ⅳ)

決算整理事項(固定資産の減価償却)

第11回 決算の手続き(Ⅴ)①

決算整理事項(経過勘定項目)、精算表の作成

第12回 決算の手続き(Ⅴ)②

決算整理事項(経過勘定項目)、精算表の作成

第13回 決算の手続き(Ⅵ)

勘定の締め切り、財務諸表の作成

第14回 伝票式会計

三伝票制、一部現金取引

第15回 期末まとめ

決算の手続き(Ⅲ)~伝票式会計のまとめ