トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 簿記論Ⅰ(Essential)
   Bookkeeping Ⅰ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科共通科目
担当者 山根 陽一(准教授)
グレード G1
テーマ 専門科目を学ぶための基礎を養う簿記・会計
キーワード 読解力,文章表現力,計算力,会計の仕組み,利益の計算,原価の計算
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経)学科共通科目
4年生 (経)ビジネスコース基本科目(2008~2011年度入学生),(経)会計ファイナンスコース基本科目(2008~2011年度入学生),(経)ITキャリアコース基本科目(2008年度~2011年度入学生),(経)ビジネスコース基本科目(2007年度入学生),(経)ビジネスマネジメントコース基本科目(2012~2013年度入学生)

授業の目的及び概要  この授業では、簿記・会計を題材に、経済学部で専門教育科目を履修するための基礎を養います。会計は、すべての会社で必要とされる知識です。会社経営と会計の関係について学び、続いて会計の基本的な仕組みや計算方法など、財務会計の基礎を学びます。次に、製品を製造するのに要した原価の計算など、管理会計の基礎を学びます。さらに、財務諸表を公表する意義や公認会計士の仕事、会社が払う税金について学びます。この授業では、簿記初学者を対象として基本的な簿記の知識と計算能力の修得を目指します。
履修条件  取得単位数が1年次終了時30単位以下、2年次終了時50単位以下の学生に限ります。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

1. 日本語及び外国語の活用能力、数的処理能力、情報活用能力とともに幅広い教養及び国際感覚 を身につけている。
2. 経営学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
学修の到達目標  経済学部で専門的に学ぶための読解力、文章表現力、計算力と簿記・会計領域では、どのようなことを学ぶのか、また社会とどのように結びついているのか、仕事とどのように結びつくのかを知り、最低限知っておくべき簿記・会計の仕組み、用語の修得を目標とします。
授業の方法  教員の解説とともに、授業内課題(練習問題、小テスト、小レポート、コメントペーパーなど)で、読む、書く、計算する訓練を中心に進めます。実際にペンを動かすことで学ぶ、能動的な授業方法となります。授業内課題については、添削した上で返却します。
授業外の学修(予習・復習等)  読解力、文章表現力、計算力は、演習を繰り返すことによってのみ、修得が可能です。授業外で繰り返し演習することが肝要です。財務指標等に興味がわいたら、ぜひ日経新聞の「投資情報」欄を読んでみてください。
テキスト・参考書  テキストは使用しません。配付資料等を使用します。参考書は適宜紹介します。
成績評価の基準・方法  授業内課題(練習問題、小テスト、小レポート、コメントペーパーなど)100%。提出と達成度で成績評価します。
履修上の注意事項など  経済学部専門教育科目を履修する上で必要となる読解力、文章表現力、計算力を修得するための授業です。この授業以外に、春学期に「ミクロ経済学Ⅰ」、秋学期に「マクロ経済学Ⅰ」「ビジネス統計学Ⅰ」が開講されています。
この科目の履修にあたって  毎回の授業内課題の提出が必須となります。毎回出席して、課題に取り組んでください。
オフィスアワー 月 12:10~13:00 花岡コモンズ 授業の質問


第1回 ガイダンス

この授業の進め方について説明します。

第2回 簿記と会計

会社における簿記・会計の役割について学びます。

第3回 貸借対照表

貸借対照表の役割と構造および簿記処理について学びます。

第4回 損益計算書

損益計算書の役割と構造および簿記処理について学びます。

第5回 比率分析:全体からの割合

実際の企業の財務データをもとに比率計算に基づく分析について学びます。

第6回 比率分析:1人あたりの効率

実際の企業の財務データをもとに比率計算に基づく分析について学びます。

第7回 比較分析:過去との比較

実際の企業の財務データをもとに過去との比較について学びます。

第8回 比較分析:目標との比較

実際の企業の財務データをもとに目標との比較について学びます。

第9回 比較分析:他社との比較

実際の企業の財務データをもとに他社との比較について学びます。

第10回 個別原価計算

受注生産での原価計算について学びます。

第11回 総合原価計算

大量生産での原価計算について学びます。

第12回 変動費と固定費

損益分岐点について学びます。

第13回 投資対効果

投資対効果について学びます。

第14回 税金の仕組み

税金の計算について学びます。

第15回 総括

これまでの学修を総括します。