トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経営組織
   Organization Theory
授業科目区分
(経済学科)経営学(経営学科)学科共通科目
担当者 藤村 佳子(助教)
グレード G2
テーマ 個と組織のマネジメント
キーワード モチベーション,リーダーシップ,キャリア,組織構造,組織設計,組織文化
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (経営)学科共通科目
2年生 (経営)学科共通科目
4年生 (経)グローバル経済コース基本科目(経営系)(2012~2013年度入学生),(経)ビジネスマネジメントコース基本科目(2012~2013年度入学生),(経)ビジネスコース基本科目(2008~2011年度入学生),(経)ITキャリアコース基本科目(2008年度~2011年度入学生),(経)ビジネスコース基本科目(2007年度入学生)

授業の目的及び概要 私たちの社会では、営利企業に限らず、学校・官庁・非営利団体等の「組織」を通じてその運営がなされています。本講義では、組織は、その目的を効率よく達成するためにどのようにデザインされているのか、また、組織の中にいる個人をどのように動機付けるのかについて学びます。組織がどのように設計、運営されているのかを学ぶことで、組織人となるための基礎力を養います。
履修条件 特になし
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は経済学部経営学科の学科共通科目であり、経営学領域の専門科目を学ぶ上での基礎的な位置づけとなります。
学修の到達目標 この授業では経営組織論の中でも基礎的な理論を学修します。それらの理論を用いて、受講生自身の周りで起きている現象について理論的に説明できるようになることを目標とします。勉強やアルバイト、部活動・サークル活動などの経験を思い起こしてみて、例えば、モチベーション理論で説明されるメカニズムは経験に照らし合わせて考えるとどのように評価できるのか、リーダーの役割とはどのようなことかといったことを具体的に考えられるようになることを目指します。知識を学ぶということ、それを使えるようになること、その二つが身につくことが望ましいです。
授業の方法 講義形式で授業を進めます。授業はレジュメを中心に行い、関連する新聞記事等の資料や参考文献を適宜紹介します。
中間テストや小課題については授業内で解説し、フィードバックします。
授業外の学修(予習・復習等) 授業で配布したレジュメ等の資料については必ず復習しておくこと。また、関連のある参考文献を紹介するので、授業外で読んでおくことが望ましい。
テキスト・参考書 参考書
①稲葉祐之 他(2010)『キャリアで語る 経営組織-個人の論理と組織の論理』有斐閣。
②開本浩矢編(2007)『入門 組織行動論』中央経済社。
③坂下昭宣(2000)『経営学への招待 改訂版』白桃書房。
④上林憲雄 他(2007)『経験から学ぶ 経営学入門』有斐閣。
成績評価の基準・方法 ①期末テスト60%、②中間テスト20%、③ミニレポート20%
履修上の注意事項など 遅刻厳禁、私語厳禁、スマホ厳禁です。
この科目の履修にあたって 生きた授業となるよう、できるだけ新鮮な事例を用いて説明したいと思います。皆さんも普段から社会の動きやニュースを意識的に追うようにしてください。
オフィスアワー 金 10:00~10:30 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、キャリアと進路、大学院進学(経営学系)


第1回 個人と組織①

授業の進め方、評価方法
組織とは何か

第2回 個人と組織②

人間モデルと組織マネジメント

第3回 組織の中の個人①

モチベーション理論と組織マネジメント

第4回 組織の中の個人②

モチベーション理論と組織マネジメント②

第5回 組織の中の個人③

モチベーションとリーダーシップ

第6回 組織におけるリーダーシップ①

リーダーシップの理論展開

第7回 組織におけるリーダーシップ②

リーダーシップの理論展開

第8回 組織におけるリーダーシップ③

中間テスト

第9回 組織構造の理解①

官僚制組織とその逆機能

第10回 組織構造の理解②

組織構造の条件適応理論

第11回 経営組織の設計①

組織設計の原理

第12回 経営組織の設計②

経営戦略と組織

第13回 経営組織の設計③

経営戦略の事例研究

第14回 組織文化①

組織文化の機能と逆機能

第15回 まとめ

全体を通してのまとめ