トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 eビジネス論
   e-Business
授業科目区分
経済学専門教育科目・経営情報
担当者 廣本 寿夫(講師)
グレード G2
テーマ 現在、企業・自治体・地域社会において、新しいビジネス・仕組みを創出する能力が重要視されております。
eビジネス論では、インターネット・クラウド時代に、社会で実践できる新規ビジネス企画を行うための基礎能力を育成します。
キーワード 経営とIT,ビジネスモデル,論理思考,問題解決,知的財産権,コンサルティング,イノベーション,ファシリテーション,プレゼンテーション,Society 5.0
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経)ITキャリアコース基本科目(2008年度~2011年度入学生)

授業の目的及び概要 実際に、チームでアイデアを出し、商品・サービスを企画するプロセスをグループワークで実践し、必要となるノウハウを習得します。
特に、Society 5.0 「必要なもの・サービスを、必要な⼈に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる⼈が質の⾼いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、⾔語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会。」(第5期科学技術基本計画)を実現する視点・観点で学びます。

前提知識は、必要としませんが、グループで、新規ビジネス企画プロジェクトを推進し、ビジネスモデルを理解・創出しますので、毎回「チームで、ディスカッションを常に行い、発言し、アイデアを出す。」を繰り返します。
この積極的な授業への参画意欲を必要とします。
この講座で学ぶ能力は、オープンイノベーションの必要性が叫ばれている現在、企業・自治体・団体で就業するすべての人々に要求されている能力です。
履修条件 ◇初回の授業で、学修意欲を確認した後、ワークとテストにて、20名程度の受講者を確定します。

・毎回講義に出席すること。
・積極的にグループ演習に参画し成果を出すこと。
・自身でアイデアを出し、積極的な討議を行う意思があること。
科目の位置づけ(DPとの関連) 本コースは、企業・団体で実際に行っているノウハウを実戦形式で学びます。
レベルは、大手企業研修で実際に行われている内容です。
講師の実務経験をベースに、実戦的な内容です。
講師:株式会社ワイドブック 代表コンサルタント(2007年設立)
   富士通株式会社(1987~2006)認定コンサルタント(FCP:経営分野)
学修の到達目標 1.チームで新規ビジネス企画を成功させるための全体像が理解できる。
2.グループワーク・ペアワークで新規ビジネス企画を行うノウハウ・技法を習得できる。
3.徹底的な個人・ペア・グループワークで自身の「アイデア脳」が育成できる。
4.実際にアイデアを形にすることができる。
5.ビジネスモデルキャンバスの概要が理解できる。
6.ビジネス構造図の基本が理解できる。
7.新規ビジネスモデル(アイデアレベル)が策定できる。
8.新規ビジネス企画の提案(プレゼンテーション)ができる。

授業の方法 グループ単位で商品・サービス(新規ビジネス)の企画を行う。
よって、グループ単位での調査・分析等の個別の実践学習が必要となる。
ICTツールを活用した効率的なプロジェクト推進を期待いたします

本コースは、企業・団体で実際に行っているノウハウを実戦形式で学びます。
レベルは、大手企業研修で実際に行われている内容です。
講師の実務経験をベースに、実戦的な内容です。
課題などについてフィードバックする。
授業外の学修(予習・復習等) グループ単位で商品・サービスの企画を行う。
よって、グループ単位での調査(フィールドワーク)・分析等の個別の実践学修が必要となる。
ICTツールを活用した効率的なプロジェクト推進を期待いたします。
テキスト・参考書 ◆「アイデア脳:新規製品やサービスを創出するときに必要な発想力を強化する」
(㈱ワイドブック製:1,000円:学生限定特別価格) 
 ※毎回テキストに沿って授業・課題を提示しますので必ず購入してください。


【参考書】
◆「論理思考で人を動かすプレゼンテーション」
(㈱ワイドブック製:1,000円)
成績評価の基準・方法 ◆評価方法◆
・授業への参画度合い。(30%)
・授業中に行う演習の達成度合い。(20%)
・プレゼンテーション「成果発表」(グループ発表)を評価する。(50%)
さらに、以下の評価要素を加点方式で評価する。
(1)グループ内評価(チームメンバー間の相互評価)
(2)授業内演習の達成状況や課題の提出状況
(3)個人で提出した「新規ビジネス企画書」
(4)個人で提出した「新規ビジネスモデル論文」の提出
この科目の履修にあたって やる気のある学生限定

希望者は、

企業・大学のビジネスプランコンテストで成果を発表します。

オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 オリエンテーション

今、ビジネスパーソンに要求される能力

選抜試験(20名)

第2回 「サービスデザイン」と「ビジネスモデル」

新規ビジネスモデル策定のプロセス
 ・アイデアの発想・鳥瞰・候補の抽出
 ・市場・競争・調査・分析
 ・アイデアの可視化/ターゲット&ベネフィットを策定
 ・「ビジネスモデルキャンバス」
 ・「ビジネス構造図」

第3回 新規ビジネス企画とリーダーシップⅠ

・チームとグループ
・影響力によるリーダーシップ

第4回 新規ビジネス企画とリーダーシップⅡ

・ミッション・ビジョン・戦略
・チームをゴールに導くコミュニケーション
・パッション  ・リーダーシップ「十字モデル」

第5回 チームビルディングとファシリテーションⅠ

(1)チームビルディングとは
・価値観と意思決定
・価値観とコミュニケーション
・感覚タイプと対応
(2)チームビルディング演習

第6回 チームビルディングとファシリテーションⅡ

(3)ファシリテーションとは
(4)アイデアの創出と合意形成演習

第7回 チームビルディングとファシリテーションⅢ

(5)総合演習(アイデアと思考のプロセス)

第8回 アイデア脳への変革トレーニング

・思考の鎖
・アイデア湧出演習
・アイデア飛躍演習

第9回 カード型ブレーンストーミング活用演習

・アイデアの抽出と構造化
・発散と収束の連鎖
・原因と影響分析
・解決策策定
・実践演習

第10回 創造力とイノベーション事例演習

・イノベーションの起点・推進力・達成力

第11回 アイデア創出演習Ⅰ

グループで新しいアイデア(商品・サービス)を創出します。
テーマ例:
 「東京オリンピックで、バカ受けするお土産」
 「観光客が喜ぶIOTサービス」
 「地図情報を活用した新しいサービス」 等

第12回 アイデア創出演習Ⅱ

グループで新しいアイデア(商品・サービス)を創出します。

第13回 プレゼンテーションの準備

論理思考で人を動かすプレゼンテーション:「ジョブズを越えろ!」
資料作成&リハーサル

第14回 実践プレゼンテーション

 プレゼンテーション「成果発表&フィードバック」

第15回 実践プレゼンテーション

 プレゼンテーション「成果発表&フィードバック」