トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 eビジネス論
   e-Business
授業科目区分
経済学専門教育科目・経営情報
担当者 廣本 寿夫(講師)
グレード G2
テーマ e-ビジネスをキーワードに、21世紀に成功・成長するビジネスを鳥瞰し、グループで新規ビジネスを創造するために必要なノウハウを修得します。(幅広いビジネスモデルを理解すると共に、新しいビジネスを創造するために必要となる視点・観点とノウハウを習得する。「e-ビジネス論」では、新規ビジネスを企画する時に必要とする基礎ノウハウを修得します。
キーワード 経営とIT,ビジネスモデル,論理思考,問題解決,知的財産権,コンサルティング,イノベーション,ファシリテーション,プレゼンテーション,クラウド
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経営)グローバルビジネスコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)ビジネスマネジメントコース基本科目(2014年度以降入学生),(経営)マーケティングコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経)ITキャリアコース基本科目(2008年度~2011年度入学生)

授業の目的及び概要 現在、企業・自治体・地域社会において、新しいビジネス・仕組みを創出する能力が重要視されております。
eビジネス論では、インターネット・クラウド時代に、社会で実践できる新規ビジネス企画を行うための基礎能力を育成します。
実際にアイデアを出し、ビジネスモデルにするプロセスをグループワークで実践し、必要となるノウハウを習得します。
前提知識は、必要としませんが、グループで、新規ビジネス企画プロジェクトを推進し、ビジネスモデルを理解・創出しますので、毎回「チームで、ディスカッションを常に行い、発言し、アイデアを出す。」を繰り返します。
この積極的な授業への参画意欲を必要とします。
この講座で学ぶ能力は、オープンイノベーションの必要性が叫ばれている現在、企業・自治体・団体で就業するすべての人々に要求されている能力です。




履修条件 ◇初回の授業で、学習意欲を確認した後、ワークとテストにて、20名程度の受講者を確定します。

・毎回講義に出席すること。
・積極的にグループ演習に参画し成果を出すこと。
・自身でアイデアを出し、積極的な討議を行う意思があること。

科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 本コースは、企業・団体で実際に行っているノウハウを実戦形式で学びます。
レベルは、大手企業研修で実際に行われている内容です。
講師の実務経験をベースに、実戦的な内容です。
講師:株式会社ワイドブック 代表コンサルタント(2007年設立)
   富士通株式会社(1987~2006)認定コンサルタント(FCP:経営分野)
学修の到達目標 1.チームで新規ビジネス企画を成功させるための全体像が理解できる。
2.グループワーク・ペアワークで新規ビジネス企画を行うノウハウ・技法を習得できる。
3.徹底的な個人・ペア・グループワークで自身の「アイデア脳」が育成できる。
4.実際にアイデアを形にすることができる。
5.ビジネスモデルキャンバスの概要が理解できる。
6.ビジネス構造図の基本が理解できる。
7.新規ビジネスモデル(アイデアレベル)が策定できる。
8.新規ビジネス企画の提案(プレゼンテーション)ができる。

授業の方法 ・ビデオを活用した事例研究
・講義と演習を適度に交えて対話形式の授業を行う。
・成功するビジネスモデルの検討を行う。
・自身のアイデアを創出し、ビジネスモデルとして発表する。

授業外の学修(予習・復習等) グループ単位で新規ビジネス企画を行う。
よって、グループ単位での調査・分析等の個別の実践学習が必要となる。
ICTツールを活用した効率的なプロジェクト推進を期待いたします。
テキスト・参考書 ◆「eビジネス論:ビジネスモデルキャンバスを活用した新規ビジネス企画実習」
(㈱ワイドブック製:1,000円:学生限定特別価格) 
 ※毎回テキストに沿って授業・課題を提示しますので必ず購入してください。


【参考書】
◆「論理思考で人を動かすプレゼンテーション」
(㈱ワイドブック製:1,000円)
成績評価の基準・方法 ◆評価方法◆
・授業への参画度合い。(30%)
・授業中に行う演習の達成度合い。(20%)
・プレゼンテーション「成果発表」(グループ発表)を評価する。(50%)
さらに、以下の評価要素を加点方式で評価する。
(1)グループ内評価(チームメンバー間の相互評価)
(2)授業内演習の達成状況や課題の提出状況
(3)個人で提出した「新規ビジネス企画書」
(4)個人で提出した「新規ビジネスモデル論文」の提出
履修上の注意事項など 座学ではありません

全て、チームで新規ビジネス企画プロジェクトを推進します。
この科目の履修にあたって やる気のある学生限定

希望者は、

企業・大学のビジネスプランコンテストで成果を発表します。

オフィスアワー


第1回 オリエンテーション

今、ビジネスパーソンに要求される能力

選抜試験(20名)

第2回 「三方よし」のリーダシップ

ポジティブな影響力によるリーダシップ:「ビジョン、夢を語ろう!」
ストーリーティングとネットワーキング:「三方よし!CS・ES・CSR」

第3回 ゴール・ソリューション・アウトカム

ゴール・ソリューション・アウトカムの意味を学びます。
ミーミング オブ サクセス
ミッション(存在意義)、ビジョン(なりたい姿)

第4回 コミュニケーションとチームビルディング

本音を聴き出すコミュニケーション:「6つの話法で、心の窓を開く!」
リーダーシップ、コミュニケーション

第5回 アイディエーション

アイデア脳を育成します。

第6回 構造化

カード型ブレーンストーミング活用演習を行います。

構造化のノウハウを習得します。

第7回 アイデアとビジネスモデル

事例をベースにアイデアをビジネスモデルにするプロセスを学びます。

第8回 ビジネスモデルキャンバス

「ビジネスモデルキャンバス」を活用し、ビジネスモデルを構築するノウハウを習得します。

第9回 ビジネス構造図

「ビジネスモデル」を活用し、ビジネスモデルを構築するノウハウを習得します。

第10回 ビジネスモデル構築演習Ⅰ

グループで新しいビジネスモデルを創造します。

第11回 ビジネスモデル構築演習Ⅱ

グループで新しいビジネスモデルを創造します。

第12回 ビジネスモデル構築演習Ⅲ

グループで新しいビジネスモデルを創造します。

第13回 プレゼンテーションの準備

論理思考で人を動かすプレゼンテーション:「ジョブズを越えろ!」

資料作成&リハーサル

第14回 実践プレゼンテーション

 プレゼンテーション「成果発表&フィードバック」

第15回 実践プレゼンテーション

 プレゼンテーション「成果発表&フィードバック」