トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 情報処理論(テクノロジ)
   Information Processing (Technology)
授業科目区分
経済学専門教育科目・経営情報
担当者 岩見 真希(教授)
グレード G2
テーマ ビジネスで使えるAccess活用
キーワード データベース,Access,データベースアプリケーション,業務システム
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 4年生 (経)ITキャリアコース基本科目(2008年度~2011年度入学生),(経)情報・会計コース基本科目(2007年度入学生)

授業の目的及び概要 本科目では、データベースアプリケーションの開発方法を学ぶ。データベースの概要やデータベースを用いた業務システムの仕組みについて理解するとともに、データベースソフトであるMicrosoft Accessを用いて、簡単な業務システムをいくつか開発し、将来ビジネスの現場等で活用できるデータベースアプリケーションの基礎的な開発技能を身につける。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 就業力育成のためのICTの活用能力の養成に資する科目である。
学修の到達目標 1.データベースの概念や特徴について説明できる。
2.Microsoft Accessを活用し、シンプルなデータベースアプリケーション(顧客住所録システム、販売管理システム等の業務システム)を開発することができる。
3.上記2.を実施するため、テーブル・クエリ・フォーム・レポート等、Microsoft Accessの各種機能を使うことができる。
授業の方法 PC教室で一人一台の端末を使って授業を行う。基本的には指定のテキストに沿って、Accessの操作方法について学修しながら、各種業務システムを開発する。毎回、IT's classに課題を提出する。
授業外の学修(予習・復習等) 指定のテキストの予習・復習をしっかり行うこと。また、課題については期限内に提出すること。
テキスト・参考書 小さな会社のAccessデータベース作成・運用ガイド 2013/2010/2007対応(翔泳社) 
成績評価の基準・方法 授業への積極的参加度(50%)、提出課題(50%)で成績評価する。
履修上の注意事項など Accessの基本操作を一定理解していることを前提に授業を行うため、「データベース実践」科目に合格しているか、「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)Access」試験に合格していることが望ましい。
この科目の履修にあたって 欠席すると先が分からなくなるので、毎回しっかり出席すること。
オフィスアワー


第1回 授業ガイダンス、データベースアプリケーションの基礎知識

授業ガイダンス、データベースとアプリケーション、リレーショナルデータベースの理解、Microsoft Accessの基礎知識

第2回 データベースアプリケーション作成の基本

データベースアプリケーションの理解、データベースアプリケーション開発の流れ(目的、機能、画面、設計等)

第3回 顧客住所録システムの開発

システムの概要、住所録テーブル、入力画面、宛名印刷機能、等

第4回 顧客管理サブシステムの作成(1)

販売管理システムを作成する前に、顧客管理サブシステムに必要な条件、顧客マスタの作成、顧客登録フォームの作成

第5回 顧客管理サブシステムの作成(2)

顧客一覧フォームの作成、顧客管理サブシステムの使用

第6回 商品管理サブシステムの作成、受注情報管理サブシステムの作成(1)

商品管理商品管理サブシステム・サブシステムを作成・使用する、受注情報管理サブシステムを作成する準備、テーブルの設計と作成

第7回 受注情報管理サブシステムの作成(2)

リレーションシップの設定

第8回 受注情報管理サブシステムの作成(3)

受注情報登録フォームの作成

第9回 受注情報管理サブシステムの作成(4)

受注一覧フォームの作成

第10回 受注情報管理サブシステムの作成(5)

納品書出力機能の作成、受注情報管理サブシステムの使用

第11回 販売管理システムの仕上げ(1)

サブシステム間の連携、顧客検索画面の作成

第12回 販売管理システムの仕上げ(2)

メインメニュー画面の作成、販売管理システムの使用

第13回 販売管理システムのカスタマイズ(1)

データベースアプリケーションのカスタマイズ、デザイン/レイアウトのカスタマイズ、項目の追加や削除、テーブルの構成の変更

第14回 販売管理システムのカスタマイズ(2)

日次売上集計レポート出力機能の追加

第15回 販売管理システムのカスタマイズ(3)

売れ筋商品リスト出力機能の追加、商品カテゴリー管理機能の追加、データのインポートとエクスポート、顧客情報のインポート