トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経営情報概論
   Management Information Systems
授業科目区分
(経済学科)経営情報(経営学科)学科共通科目
担当者 市橋 秀友(教授)
グレード G2
テーマ 企業経営における情報システムの役割とその活用方法を学ぶ
キーワード 情報システム,ICT(情報通信技術),経営戦略,プロセス革新
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (経営)学科共通科目
2年生 (経営)学科共通科目
4年生 (経)グローバル経済コース基本科目(経営系)(2012~2013年度入学生),(経)ビジネスマネジメントコース基本科目(2012~2013年度入学生),(経)ビジネスコース基本科目(2008~2011年度入学生),(経)ITキャリアコース基本科目(2008年度~2011年度入学生),(経)ビジネスコース基本科目(2007年度入学生)

授業の目的及び概要 現代の企業や公共団体における経営問題にコンピュータやインターネットの果たす役割はますます大きくなっています。そこで、経営情報論の経営組織論や経営戦略論との関わり、コンピュータやICTとの関わり、そしてそれらの歴史的な発展形態を広く理解することを目的とします。社会の農業革命から産業革命、そして情報革命への進展、経営情報システム(MIS)の果たしてきた役割とICTの側面から見た進歩、また物のインターネット(IoT)や人工知能(AI)による企業経営の変革についてその概要を学習します。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は経済学部経営学科の学科共通科目です。
また、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
1.日本語及び外国語の活用能力、数的処理能力、情報活用能力とともに幅広い教養及び国際感覚を身につける。
3.企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
4.他の人々と協働し、企業をはじめとする組織の一員として活躍できる能力を身につける。
学修の到達目標 経営学における経営情報論の位置づけと経営情報システム(MIS)の様々な発展形態を理解すること、そして、その基礎としてのコンピュータやICTにおける専門用語の意味とそれらの技術の使われ方を理解することを学習到達目標とします。
授業の方法 適宜レジュメなどの資料を配布します。IT's Classに講義で用いる資料を掲載します。情報システムや経営情報分野の内容を始めて学ぶ場合でも理解できるように、専門用語をできるだけ平易な言葉で説明したり、インターネット上の資料などを利用し視覚的な効果を取り入れた講義にします。また毎回の授業中に講義中に話した話題の中から選び、短い要約文の作成を課します。模範答案については次回講義の最初に復習として提示します。
授業外の学修(予習・復習等) 授業中に配布する資料、またはIT'sClassの講義資料で予習・復習を行ってください。また、多数の簡単な問題を数回に分けて出題しますので、よく復習して理解促進を図ってください。
テキスト・参考書 毎回講義資料としてプリントを配布します。
参考書:遠山 暁、村田 潔、岸 真理子 著 「経営情報論」有斐閣アルマ
成績評価の基準・方法 授業の到達目標の達成度を評価基準にします。達成度は、毎回の演習問題、予備テスト(40%程度)や授業への積極的参加態度(10%程度)、総括テスト(50%程度)によって評価します。
履修上の注意事項など 毎回、コメントシートに課題に対する回答の提出を求めます。また適宜小テストも演習として行いますので、休まず出席してください。
この科目の履修にあたって 現代人に必須のコンピュータや情報システムに関する概論を解説します。できるだけ初年次に履修しておくことが好ましいです。
オフィスアワー 木 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、国語の基礎(文章表現)、数学の基礎、英語の基礎


第1回 イントロダクション

講義に関するガイダンスと企業経営における情報システムについて説明します。

第2回 経営情報論の基礎

情報社会とネットワーク革命を中心に、経営情報の基礎を学びます。初期の経営情報システムの事例を学びます。

第3回 情報革命からIoT

経営資源としての情報の位置付、産業革命や情報革命、ITバブルなどについて学びます。

第4回 情報の非対称性、ネットワークの外部性

情報の非対称性、ネットワークの外部性、IoT、産業のソフトウエア化などの現在の進展を概観します。

第5回 企業経営と情報処理

企業経営に貢献できる情報処理システムに関して、情報的相互作用の重要性を考えます。

第6回 経営組織論

経営組織論、テーラの組織論の展開について概観します。

第7回 経営戦略論

経営戦略論と事業部制組織、およびその情報システムのあり方について考察します。

第8回 情報処理システムの変遷

EDPSから最近のクラウドサービスに至る情報処理システムの発展について学びます。

第9回 MRPとSCM

生産や販売にかかわる基幹情報システムである資材所要量計画(MRP)やサプライチェーンマネジメント(SCM)について学びます。

第10回 情報技術の進展

汎用コンピュータやパーソナルコンピュータの仕組みとその歴史を振り返ります。

第11回 人工知能と機械学習

人工知能やその基となる機械学習の概要を学びます。

第12回 データベースとインターネット

データベースやデータウエアハウス、インターネットの仕組みやアナリティックスについて学びます。

第13回 情報システム開発方法論

システム開発の伝統的な方法論とICTを活用した開発形態について学びます。

第14回 経営情報システムの組織

経営情報システムの開発、維持管理、運営のための組織形態について学びます。

第15回 総括

これまでの授業内容を振り返ります。