トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 地域生活と経済
   Economy on the Community Life
授業科目区分
経済学専門教育科目・経済政策
担当者 徳丸 義也(教授)
グレード G2
テーマ まちづくりと地域産業がはたす役割
キーワード 少子高齢化,人口減少,地域魅力,ものづくり,人づくり,にぎわい,環境
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)

授業の目的及び概要 本科目は、本校と八尾市との「包括連携に関する協定書」にもとづき、地域の知的・物的資源の相互活用と人的交流として開講されます。毎年八尾市との協議のうえで全体テーマを設定し、そのテーマに沿って八尾市を拠点とする企業経営者や市民、行政機関や研究者の方々からそれぞれの立場で、実践的な話題や活動内容、研究成果などをご報告いただくものです。今年度は八尾市における「街づくりと地域産業が果たす役割」という全体テーマで実施します。また、公募によって一般市民の方々の受講を受入れています。八尾市は本年中核市への移行を果たしました。その中でも、少子高齢化の進行と人口減少、産業のグローバル化と雇用、地球環境問題などまちづくりの課題が山積しています。歴史や文化、ものづくりなど地域魅力、元気をつなぐまちづくりが求められています。地域の中小企業がまちづくりにどのような役割を果たしているのか。さまざまな取組の事例をお聞きしながら考えていきたいと思います。この科目は、実際の職場の状況を学び就業力の育成に資するものです。経済学部専門教育科目に位置づけられグレードはG2です。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) ゲスト講師は行政や企業、非営利組織においての専門的な知識や経験を、一般の方々にもわかりやすくお話しいただきます。それらの内容から経済学や経営学にかかわる知見を学びとる必要があります。赤裸々な生の話から受ける感動や驚きを通じて、これまでに習得した知識をてらしあわせ、自らの解釈と理解、課題認識が求められます。
本科目は地域デザインコースで地域社会の実際を学ぶ入門的な科目に位置づけられます。
本科目は、学位授与方針(DP)に定める、学生が学習と経験を通じて身につける知識や能力のうち以下に該当します。経済学に関連する幅広い地域課題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。経営学に関連する幅広い経営課題を理解し、その解決方法を考える力を身につけている。
学修の到達目標 ①地域社会の諸組織の活動内容を聞き取り、経済学や経営学の視点から学修を深めることができる。
②地域課題の解決に経済学や経営学を学び活かすことができる。
③講義での感動や驚きを自身の体験として、今後の学修に活かすことができる。
授業の方法 各回のテーマ等については事前に通知しますので、そのテーマに関する新聞記事やニュース、文献等による情報収集に心がけてください。また、質疑応答の時間を設けますので、受講生による質問や意見の表明を行っていただきます。
授業では「映像(音声)教材」および「PowerPoint」を使用します。
授業外の学修(予習・復習等) テーマは事前に示しますのであらかじめ情報収集を図るようにしてください。
テキスト・参考書 適宜、レジュメや資料等を配布するとともに参考文献を紹介します。
成績評価の基準・方法 この授業を通じて得た知識力、理解力、思考力を勘案しながら、授業への参加度、質問や意見の表明およびコメントペーパー(30%)、期末レポートの完成度(70%)によって総合的に判断します。
この科目の履修にあたって 経営者や市民の方々のお話には通常の講義と違って驚いたり、感心したりすることが多く含まれています。異なる立場や職業に属する方々と共通の課題について学び、議論に参加することは、社会人としての一歩となります。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の目的、テーマの説明、授業の進め方、授業計画、成績評価の方法等について説明します。
今年度の全体テーマは、八尾市における「街づくりと地域産業が果たす役割」です。

第2回 地域産業とまちづくり

講師:大阪経済法科大学経済学部 徳丸義也

第3回 八尾市のまちづくりについて

講師:八尾市政策企画部政策推進課 平井純清氏

第4回 八尾のものづくり、農業と地域のつながりについて

講師:八尾市経済環境部産業政策課 浦崎晃史氏 渡辺賢二氏

第5回 まちの持つ魅力。その見え方・触れ方をリデザインするYAORA

講師:YAOLA 古島佑起氏 安川雄基氏


第6回 地域のコンテンツを丁寧に読み解きファンをつくる方法

講師:(株) SORASIA 新井 千春氏

第7回 地域の旅行業の今後

講師:摂陽観光 藤原雅彦氏

第8回 商店街の活性化イベント-YAO OTAIYA MARKET

講師:北本町中央通商店会会長 香留壇 勝浦 宏氏

第9回 中小企業経営と地域つくり(仮)

講師:㈱藤原電子工業 藤原義春氏

第10回 人づくりと連携(仮)

講師:㈱八尾カワサキ 加藤弓子氏



第11回 ものづくりとまちづくり(仮)

講師:関西金属工業㈱ 美馬 徹氏

第12回 地域経済と事業承継

講師:㈱関西クラウン工業社 温川政佳氏


第13回 八尾市における中心市街地の変化と活性化に向け た取り組み

講師:大阪経済法科大学 安倉良二氏

第14回 「人財」と「働き方」に関わる仕事から思うこと

講師:大手前人事労務総研 南草利充氏

第15回 (本学学生のみ)ふりかえりとまとめ

講師:大阪経済法科大学経済学部 徳丸義也