トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経営学総論Ⅰ
   Science of Business Administration Ⅰ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科共通科目
担当者 能塚 正義(教授)
グレード G2
テーマ 経営の実態を知り、企業とは何か、良い企業とはどのような企業か、企業における労働の特質はどのようなものかを考える
キーワード 企業,資本と労働力の循環,ネジメントサイクル,経営者,労働,XY理論
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (経)学科共通科目
2年生 (経)学科共通科目
3年生 (経)学科共通科目
4年生 (経)学科共通科目

授業の目的及び概要 本講義では、経営学における基本概念である、企業、経営、企業における労働について、じっくり考えます。これにより、経営学の基礎を理解することができます。しっかり学んでください。出席して、集中して講義に参加することが基本です。
 第1部では、いくつかの企業経営の実態をビデオ教材で紹介し、具体的な経営現象を学びます。第2部では、資本と労働力の循環に即して、企業とは何かを学びます。第3部では、損益計算の基礎を、そして第4部ではマネジメントサイクル、経営者の役割について学びます。なお、適宜、ドラッカーの理論も説明します。
 これらは現代の企業経営を理解する際に不可欠な内容であり、企業経営の具体的な内容をまじえながらわかりやすく講義することに努めます。経営者の経営実践を具体的に知ることによって、卒業後の進路(キャリアプラン)を考える際の大きな参考になります。また企業研究を行う際の基礎的知識を習得できます。さらにマネジメントサイクルの考え方を応用することにより、大学生活全体のマネジメント力を高めることもできます。受講生が企業経営と経営学についての関心を深めることを期待しています。
履修条件 履修条件は特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、1年生配当科目である「経営学基礎」に直接的につながる科目で、下記のこの科目の到達目標にある通り、その内容を発展させるものです。
 学位授与の方針(DP)との関連では、主に、第2項の「経営学中心とする幅広い専門知識を身につけている」と第3項の「企業をはじめとする組織の経営問題を理解し,その解決の方法を考える力を身につけている。」に沿うものです。
学修の到達目標 ①いくつかの企業経営の実態を知り、その特徴を表現できる。
②資本の循環を知り、表現できる。
③労働力の循環を知り、表現できる。
④企業とは何か、表現できる。
⑤経営者の役割を表現できる。
⑥良い企業とはどのような企業であるか、表現できる。
⑦企業における労働の意味を知り、表現できる。
⑧グループワークに参加して、話し合える。
⑨インターネットを、講義の予習復習に活用できる。
授業の方法   講義には特にテキストを用いません。講義用レジュメは、ホームページに掲載しますので、各自、印刷して持参してください。また適宜ビデオ教材を使うこともあります。またグループによる実習など、受講生の講義への参加を求めることもあります。受講生は、レポートを数回提出しなければなりません。これらは受講生の理解を促進し、またその程度を把握するために用います。その際、自分の学修到達度が理解できるように「学修評価表」を用いることがあります。それにより、自身の理解の程度や復習すべき点を把握することができます。
 これらのため講義に毎回出席することが大切です。続けて欠席するようなことがあると、講義を理解することはむつかしくなります。出席は基本的に毎回とります。また、1回程度、ゲスト講師を迎えて、経営に関するホットなテーマでの講義を予定しています。
授業外の学修(予習・復習等) 授業で学んだことを身につけるには、予習と復習が大切です。
①講義内容の多くは、授業用Webにまとめて掲載します。それをA5版で印刷し、持ち運びができるようにまとめて、予習復習するようにしてください。
②各授業ごとに必要な資料も適宜掲載します。これも事前に授業用Webを閲覧し、印刷して予習し、授業に持参すること。
 何の用意もせずにただ授業に出席するだけでは、成果が上がりません。しっかり取り組んで理解を深めてください。

テキスト・参考書   講義用レジュメは、ホームページに掲載しますので、各自、印刷して持参してください。参考文献は適宜指示します。
成績評価の基準・方法   期末試験とレポート、小テストとで総合的に評価します。なお、講義で行うグループ実習では、その結果により加点する場合がありますが、グループ単位で加点します。配分は期末試験70点、レポート、小テスト合わせて40点です(100点を超える場合、100点とします)。なお、講義の進行により、レポートと小テストの配点が変わる場合もあります。またサプライズテストも実施するかもわかりません。
 期末試験を受けるだけでは、単位取得は困難です。毎週の講義に出席し、またレポートを提出することが大切です。
履修上の注意事項など 特にありません。
この科目の履修にあたって 企業経営の在り方は社会の変化、技術の革新などの影響を受けて大きく変化していきます。新聞などで社会の動きを観察する習慣を身につけましょう。
オフィスアワー 木 14:40~16:10 花岡コモンズ 授業の質問、レポート作成支援、キャリアと進路


第1回 第1部ビデオ学習で、経営の具体的姿を知る①

ガイダンス ビデオ学習①"うまい・安い"レストランの秘密(資料)  サイゼリヤ公式Web、ビデオ(最初の部分のみ) "うまい・安い"レストランの秘密 学習課題;サイゼリヤとは何者か。その特徴は。

第2回 第1部ビデオ学習で、経営の具体的姿を知る②

ビデオ学習②サイゼリヤのビジネスモデルをを図に表現する

第3回 第1部ビデオ学習で、経営の具体的姿を知る③

ビデオ学習③ガイアの夜明け2012年9月放送「魅せて売る!~五感を刺激する"売り場革命"とは~」(資料) 学習課題;なぜ高額のお弁当が売れたのか  

第4回 第1部ビデオ学習で、経営の具体的姿を知る④

ビデオ学習④ガイアの夜明け2012年9月放送「ニッポンの生きる道」第4弾「地球を救うヒット商品とは」(資料) 教材;情報の非対称について 学習課題;どうすればオーガニックタオルを売ることができるか

第5回 第1部ビデオ学習で、経営の具体的姿を知る⑤

レポート作成・提出  課題「オーガニックタオルの販促」(400字2⇒1枚)。   原稿用紙は配布します。

第6回 第2部企業論①

資本の循環の考察 資本の循環図記入用紙 教材 資本の循環 
参考;(マルクスについて) マルクスの「貨幣資本の循環」(英語版)

第7回 第2部企業論②

資本と労働力の循環の考察① 資本と労働力の循環記入用紙 教材労働力の循環  参考;労働力の循環を述べた隅谷先生に関する補足資料

第8回 第2部企業論③

資本と労働力の循環の考察②

第9回 第2部企業論④

考察;資本と労働力の循環 ②企業における労働者の立場を理解するためのビデオ学習(京都の下着メーカー、ワコール(ビデオ;youtube) 課題;労働争議の後、なぜ業績が向上したのか。参考教材 X理論・Y理論、英語版

第10回 第2部企業論⑤

京都の下着メーカーであるワコールにおける労使紛争に関するレポート作成

第11回 第2部企業論⑥

資本と労働力の循環の総合的考察。

第12回 第3部経営と経営者の役割

マネジメントサイクルと経営者の任務;記入用教材 損益計算解説

第13回 第3部経営と経営者の役割

マネジメント実習を行います。

第14回 第3部経営と経営者の役割

マネジメント実習解説 よい企業とは

第15回 まとめの講義

最終講義 経営とは