トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経済統計学Ⅰ
   Economic Statistics Ⅰ
授業科目区分
(経済学科)学科共通科目(経営学科)統計学
担当者 田中 征史(講師)
グレード G1
テーマ 経済学のための統計学 ~ 記述統計の基本 ~
キーワード 統計とは,分布,平均、分散,確率,正規分布
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (経)学科共通科目
4年生 (経)総合政策コース基本科目(2012~2013年度入学生),(経)会計ファイナンスコース基本科目(2008~2011年度入学生),(経)ITキャリアコース基本科目(2008年度~2011年度入学生)

授業の目的及び概要 本科目では経済統計の基礎を解説します。春学期開講の経済統計学Iで扱う内容は主に記述統計学であり、調査対象とするデータを収集・整理し、そこから必要とする情報を的確に取り出す方法を紹介します。統計学の考え方を身に付けることは、経済学の学習に不可欠であるだけではなく、様々な社会・経済現象の特徴や因果関係を考察することにも役立ちます。受講生には、秋学期開講の経済統計学IIを合わせて履修することによって、経済統計学の基礎を身に付けてもらうことを期待します。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DPとの関連) 経済統計学とは計量経済学の基礎となる分野です。したがって、この科目の関連科目は計量経済学I・IIとなります。
さらに、この科目は、学位授与の方針(DP)における、本学学生が身に付ける知識や能力のうち、以下の項目に該当します。
1. 経済活動の仕組みや市場の機能、経済政策の効果といった経済学の基本的な知識と論理的に思考する能力、および財政学、金融論、国際経済学などといった特定の専攻分野に関する専門知識を身につけている。
学修の到達目標 この講義では、まず度数分布の作成とヒストグラムの描き方を解説します。さらに度数分布を表現する数値として、平均と分散についても学びます。また、2変数の度数分布を把握するために、共分散と相関係数についても解説します。これらの理解に必要な簡単な数学知識の復習も目標となります。
授業の方法 基本的には、指定の教科書に沿って講義を進めます。授業の際は、重要語句やグラフの記述が穴あきになった講義ノートを配布します。講義では、この講義ノートに対応したスライドを使って解説していきます。講義で配布するものはレポート問題や解答を含め、受講生にはオンラインでダウンロードできるようにします。
授業外の学修(予習・復習等) この科目では基礎的な経済学を講義するため、基本的には授業前の予習を必要としません。
テキスト・参考書 はじめての統計学  鳥居泰彦 (著)
(ISBN-10: 4532130743、 ISBN-13: 978-4532130749)
を指定教科書とする。


成績評価の基準・方法 中間試験30%、期末試験70%の比重で成績評価を行うが、
中間試験の得点が期末試験の得点よりも低い場合は、期末試験100%で成績をつける。

この科目の履修にあたって この科目は経済統計学の基礎を解説していきますが、統計学を扱う以上、数学計算は避けて通れません。授業を受ける前段階で高度な数学スキルを身に付けておく必要はありませんが、講義中の演習やレポートをこなすことにより、数学計算に慣れるようになってください。

授業中の私語は固く禁じます。ただし、授業中の質問は歓迎しますので、質問がある場合は(できれば授業中に、もしくは授業後に)是非聞いてください。
オフィスアワー 初回授業でアナウンスします。


第1回 初回ガイダンス+イントロダクション

初回のガイダンスとして、今後の授業の進め方や中間、期末試験等に関してアナウンスをする。残りの時間は、統計学とはどういった学問かを簡単に解説する。

第2回 分布をグラフで表す

度数分布表から絶対度数や相対度数の概念を説明する。また、度数分布表からヒストグラムを作成する演習を行う。

第3回 確率と確率分布

確率の表記、確率分布の考え方について解説し、応用問題を使って演習を行う。

第4回 母集団と標本

母集団と標本の概念に関して解説を行う。また、無作為標本抽出の方法についても解説を行う。

第5回 階級分けしたデータの作り方

階級別データの作成方法について解説し、演習を行う。また、残りの時間を使い、統計学に登場する簡単な数学演算の解説・演習を行う。

第6回 分布の特性値

分布の平均値、中央値、最頻値の概念を解説し、これらの値を導出する演習を行う。

第7回 分布の特性値

分布のバラつきを測る指標として、分散と標準偏差、また、変動係数の概念を説明し、関連問題の演習を行う。

第8回 確率の例

確率の表記と計算方法に関して解説を行い、応用問題を使って演習を行う。

第9回 中間試験

中間試験

第10回 中間試験の返却+解説

中間試験の解説を行う。残りの時間で講義を進める。

第11回 二項分布

二項分布の性質と計算方法に関して解説し、演習を行う。

第12回 ポアソン分布

ポアソン分布の性質と計算方法に関して解説し、演習を行う。

第13回 一様分布

一様分布の性質と計算方法に関して解説し、演習を行う。

第14回 正規分布

正規分布の性質と計算方法に関して解説し、演習を行う。

第15回 正規分布を使った確率計算

正規分布に従う確率変数を標準化し、分布表を使って確率を計算する方法を解説する。