トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 国際経済学
   International Economics
授業科目区分
経済学専門教育科目・国際経済
担当者 小西 鉄(准教授)
グレード G3
テーマ 国際貿易の基礎理論と貿易政策の効果
キーワード 比較優位,自由貿易vs保護貿易,貿易利益,輸入関税,輸入割当,貿易補助金,輸入制限,GATT/WTO
開講年度
2018
開講時期
春・秋
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経)グローバル経済コース基本科目(経済系)(2012~2013年度入学生),(経)総合政策コース基本科目(2012~2013年度入学生)

授業の目的及び概要 本講義は、国際的に活躍しうる人材に必要な国際経済の理論・現状、および日本の関わりについて、基礎を習得することを目的とする。
主に、国際貿易、外国為替、およびそのマクロ経済との関わりについて、理論から現状まで幅広く学ぶ。
履修条件  国際経済学は国際的な経済関係を理論的に明らかにする分野です。
 
 国際的な経済関係を明らかにするために「世界経済論」や「発展途上国論」なども併せて履修することを勧めます。

 この科目は法学部の学生にとって教職科目でもあるので,数学を使用することなく,図形を使用して解りやすい講義を目指します。
科目の位置づけ(DPとの関連) 本講義で身に着ける知識や能力は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

経済学科DP2. 経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている

この科目は、グローバル経済コース及び総合政策コースのコース基本科目です。
学修の到達目標 (1)国際経済学の基本理論について説明できる。
(2)直接投資の意義、投機的マネー(ヘッジファンド)、発展途上国問題と経済開発、移行経済諸国、多国籍企業など、国際経済の諸問題について説明できる。
授業の方法 講義前にポータルにアップロードされたレジュメを各自でプリントアウトし、その空欄箇所を講義時のスライドを参照して埋めていく。
講義終了前に理解度チェックの課題を実施して提出し、次回講義の冒頭で確認する。

なお、講義スケジュールは変更の可能性がある。
授業外の学修(予習・復習等) 教科書の該当する箇所について、必ず予習・復習を行ってください。
テキスト・参考書 教科書: 石川城太・菊池 徹・椋 寛(共著)『国際経済学をつかむ』(第2版),有斐閣,2013年8月。

教科書に沿って講義するため、必ず購入してください。

成績評価の基準・方法 出席30%、毎回の課題30%、期末試験40%、で総合的に評価する。
この科目の履修にあたって 国際経済、特に自由貿易に関するニュースに関心をもって経済新聞を講読することをお勧めします。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 はじめに

イントロダクション、本講義の進め方、国際経済学概論

第2回 比較優位と分業の利益

国際貿易の利益として「交換の利益」と「特化の利益」について学ぶ。

第3回 比較優位と国際貿易

比較優位に基づいた分業とそれに伴う経済取引が国家間の貿易の源泉になることを簡単なリカード・モデルにより示す。

第4回 貿易利益(1)

需要曲線と供給曲線がどのように導出されるのかを確認し,部分均衡分析の基礎についての理解を深める。

第5回 貿易利益(2)

貿易がまったくない状態から貿易を自由化した場合に,国内生産者と国内消費者がどのような利益を得て,損失を被るのかを,部分均衡分析によって,検討する。

第6回 比較優位の決定要因

供給パターンの差に焦点を絞って,比較優位の決定要因について解説する。

第7回 産業間貿易と産業内貿易

各国が似通った財を双方向に輸出しあう産業内貿易の重要性を計測する指標であるグルーベル=ロイド指数を紹介し,産業内貿易貿易が先進国間で上昇していることを確認する

第8回 規模の経済と製品差別化

産業内貿易を考える上でカギとなるのが製品差別化と規模の経済という2つの現象である。これらの概念を使用して,水平的産業内貿易と垂直的産業内貿易の発生原因を検討する。

第9回 関税と輸入割当の経済効果

貿易政策の効果を理解する上で基礎となる「輸入関税」と「輸入割当」を取り上げ,それらの政策によって誰が利益を得て,誰が損失を被るのかを検討する。

第10回 保護貿易を擁護する主張

保護貿易を擁護する主張を検討し,どのような理由から保護政策が実施されているかを明らかにする。

第11回 戦略的貿易政策

ブランダー=スペンサー・モデルを取り上げ,戦略的貿易政策とは何かについて学習する。

第12回 動学的規模の経済の下での貿易政策

時間の概念を考慮した動学的な枠組みにおいて,貿易政策がどのような役割を果たしうるかについて学習する。

第13回 アンチダンピングとセーフガード

近年のアンチダンピングとセーフガードの増加を,現実のデータで概観した後に,その経済厚生についての効果を考察する。

第14回 国際経済体制の実際

世界貿易機関(WTO)や自由貿易協定(FTA/EPA)など、実際の国際経済のダイナミクスを概観し、理論との比較について考察する。

第15回 総括

本講義を総括する。