トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 アジア経済概論
   Issues of Asian Economies
授業科目区分
経済学専門教育科目・国際経済
担当者 梁 官洙(客員教授)
グレード G2
テーマ 東アジアの経済成長の構造と展望
キーワード 戦後世界経済システム,Brettonwoods体制,国際通貨基金(IMF)の役割,GATT からWTOへ,資本・技術の移動,輸出主導型工業化,中国の改革開放,ASEAN経済成長の構造,雁行型経済発展,NIEs経済成長の特徴
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生)
4年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経)グローバル経済コース基本科目(経済系)(2012~2013年度入学生),(経)総合経済コース基本科目(2008~2011年度入学生),(法)国際関係コース基本科目(2012~2014年度入学生)

授業の目的及び概要 戦後、東アジア地域が他の途上国に比べて高度成長を実現した世界経済の構造転換と
日本を先頭に成長をこの地域に波及した「雁行型経済発展」の成果と限界について
理解することを目指す。
履修条件 国際経済について基本的知識を習得して置くことが求められる。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目はグローバル経済コースの基本科目だから卒業単位認定においてとっても重要である。
日本、中国、韓国の企業はアジア地域と貿易、資源などで緊密な関係を持っている。
就活する時も、就職後にもこの授業で学ぶ知識は大いに役に立つだろう。
学修の到達目標 戦後、東アジア地域が高度成長を実現した世界的構造、成長戦略と理論について
理解を深めることを目指す。
授業の方法 配布プリントを中心に講義する。
毎回前回授業の要点について復習する。
授業終わる10分前に当日授業の重要な内容についてコメントを書いてもらい、1学期中数回提出してもらう。
中間レポートを2回くらい書いて、マイノートに出して双方向教育を実践する。
授業外の学修(予習・復習等) 参考書を使って予習し、授業後も復習に努めること。
テキスト・参考書 <参考書>
平川 均・石川幸一 編著「新・東アジア経済論」ミネルヴァ書房
平川 均・石川幸一外 編著「新・アジア経済論」文真堂、2016年
本多健吉・坂田幹男 編「アジア経済を学ぶ人のために」世界思想社
原洋之介 編「アジア経済論」NTT出版
坂田幹男「ベーシック アジア経済論」晃洋書房
三木敏夫「東アジア経済発展論」創成社
大木博巳 編著「東アジア国際分業の拡大と日本」ジェトロ
成績評価の基準・方法 授業中の態度 20%、中間レポート20%、授業内小レポート(コメント)20%、期末試験或はレポート 40%、総合して評価。
履修上の注意事項など 授業中スマ―ホン使用は禁止、見つかる場合減点する。
この科目の履修にあたって
オフィスアワー


第1回 東アジア経済の位置づけ①

世界経済の中の東アジア経済

第2回 東アジア経済の位置づけ②

世界経済の中の東アジア経済

第3回 戦後世界経済秩序の形成①

戦後世界経済システム

第4回 戦後世界経済秩序の形成②

国際通貨基金(IMF)の形成と変化

第5回 世界貿易体制①

世界貿易体制の形成と変化

第6回 世界貿易体制②

GATT からWTO(世界貿易機構)へ

第7回 経済成長の構造転換

輸出主導型工業化

第8回 アジアの成長構造①

アジアNIEsの成長の構造

第9回 アジアの成長構造②

アジアNIEsの成長の構造

第10回 アジアの成長構造③

ASEANの成長の構造

第11回 社会主義体制の転換①

中国の改革開放以後成長構造

第12回 グローバル化の中でアジア経済の展望

世界経済のグローバル化がアジア経済に与える諸影響について

第13回 中国経済の位置づけ

世界経済の中の中国の位置

第14回 東アジア経済の展望

アジア経済成長の展望

第15回 総括

まとめ