トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 国際金融システム論
   International Finance System
授業科目区分
経済学専門教育科目・国際経済
担当者 森中 由貴(講師)
グレード G3
テーマ 国際金融システムの基礎の総合的理解
キーワード 国際金融,外国為替,国際金融市場,開発金融
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 3年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)グローバル経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経)グローバル経済コース基本科目(経済系)(2012~2013年度入学生)

授業の目的及び概要 私たちが、日々、利用している金融機関はつながり、多くの役割を担っています。それと同じように、金融機関は世界でも様々な役割を担っています。そのような金融機関、国際金融システムの基礎を学びます。こうしたお金や金融機関について学ぶことによって、日々のニュースも理解しやすくなることと思います。
履修条件 ①ミクロ経済学、マクロ経済学をすでに履修し単位を修得していること、そして②これまでに金融関連の講義を1つでも履修していることを条件とします。
しかし、ミクロ経済学、マクロ経済学の講義はすでに履修していても、金融関連の講義をこれまでに履修したことがない学生さんでも、当講義へ積極的に参加してくださる方は、金融の基礎に関する書籍を自身で事前に読むことを条件に履修可能です。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
2. 経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。
学修の到達目標 本講義では、国際金融システムの基礎を総合的に理解することを目標とする。
授業の方法 パワーポイントを使って講義を進めていきます。学生のみなさんに質問等を行って一緒に講義を進めていきたいと思いますので、積極的に参加してください。
また、次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味などを理解しておいてください。
授業外の学修(予習・復習等) 予習、復習は行ってください。
教科書は読んできてくれていることを前提に講義は薦めます。分からない専門用語は、自分で調べる努力をしてください。
テキスト・参考書 川上孝夫・藤田誠一・向壽一(編)『現代国際金融論』有斐閣ブックス
教科書は基本的に毎回使いますでの、必ず購入してください。
成績評価の基準・方法 期末試験を行い評価します。
 ・講義の終わりに行う小テスト(20%)
 ・期末試験(80%)
  ※講義への出席は、評価対象にはなりませんが、期末試験を受ける条件になります。
    講義を3回以上欠席すると試験は受けられません。詳しくは最初の講義で説明します。
履修上の注意事項など 選考を実施することはありませんが、当講義を履修するにあたって下記の条件を守ってください。
①ミクロ経済学、マクロ経済学をすでに履修し単位を修得していること、そして②これまでに金融関連の講義を1つでも履修していることを条件とします。
しかし、ミクロ経済学、マクロ経済学の講義はすでに履修していても、金融関連の講義をこれまでに履修したことがない学生さんでも、当講義へ積極的に参加してくださる方は、金融の基礎に関する書籍を自身で事前に読むことを条件に履修可能です。
この科目の履修にあたって 私たちの生活と「お金」は切り離すことはできません。お金の流れや金融システムの仕組みを理解することで、これまでよりも経済や政治のニュースがわかりやすくなることと思います。
予習、復習はもちろんですが、自分でも図書館や書店へ行き、自分に合った書籍を見つけ、勉強することが大切です。
オフィスアワー


第1回 オリエンテーション

オリエンテーション

第2回 国際決済と外国為替①

通貨の発生、通貨の機能、銀行間決済システムと中央銀行、外国為替などについて学びます。

第3回 国際決済と外国為替②

通貨の発生、通貨の機能、銀行間決済システムと中央銀行、外国為替などについて学びます。

第4回 国際金融市場①

国金融市場の意義・構成、伝統的市場とユーロ市場、デリバティブ市場などについて学びます。

第5回 国際金融市場②

国金融市場の意義・構成、伝統的市場とユーロ市場、デリバティブ市場などについて学びます。

第6回 企業の国際化と国際金融市場①

企業の国際化、企業金融の国際化、企業の為替リスク管理などについて学びます。

第7回 企業の国際化と国際金融市場②

企業の国際化、企業金融の国際化、企業の為替リスク管理などについて学びます。

第8回 金融機関の国際化と国際業務①

銀行業務の国際化、多国籍銀行、証券業務の国際化、激化する金融機関の国際競争などについて学びます。

第9回 金融機関の国際化と国際業務②

銀行業務の国際化、多国籍銀行、証券業務の国際化、激化する金融機関の国際競争などについて学びます。

第10回 開発金融の諸問題①

南北問題と援助体制、オイル・マネーと債務危機、資本取引の自由化と通貨危機などについて学びます。

第11回 開発金融の諸問題②

南北問題と援助体制、オイル・マネーと債務危機、資本取引の自由化と通貨危機などについて学びます。

第12回 アメリカにおける開発金融①

アメリカの小規模金融機関について学びます。

第13回 アメリカにおける開発金融②

アメリカの小規模金融機関について学びます。

第14回 EU通貨統合と新たな模索①

欧州通貨統合の歴史的背景、経済・通貨同盟、ユーロ域内の政策運営とEUの諸課題などについて学びます。

第15回 EU通貨統合と新たな模索②

欧州通貨統合の歴史的背景、経済・通貨同盟、ユーロ域内の政策運営とEUの諸課題などについて学びます。