トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 地方財政論Ⅰ
   Local Public Finance Theory Ⅰ
授業科目区分
経済学専門教育科目・財政金融
担当者 粂井 淳子(客員教授)
グレード G3
テーマ 地方財政の役割と地域の経済厚生
キーワード 公共選択,地方分権化定理,地方公共財の供給,地域の経済厚生
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 3年生 (経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)

授業の目的及び概要 地方財政は生活に深く関係しています。この講義では経済学の視点から地方財政を考えます。さまざまな経済活動における地方財政の役割や国と地方の財政関係、地域の経済厚生を考えていきます。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 経済学部の専門科目であり、経済学を中心とする幅広い専門知識や、現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけることができます。
学修の到達目標 地方財政について経済学の視点から考えることができるようになることを目標とします。
授業の方法 テキスト、参考書、書込み式の配布資料を用いて講義形式で授業を行い、また各授業の最後に確認テストを実施します。IT’s classで資料を配布し、授業ではPowerPointを使用します。確認テストについては授業中に講評を行います。  
授業外の学修(予習・復習等) 授業範囲について復習しておいてください。また、課題レポートを出題する予定です。
テキスト・参考書 テキスト:「テキスト地方財政論」長沼進一著 勁草書房
参考書:授業中に使用するプリント等でお知らせします。
成績評価の基準・方法 授業中の確認テスト15点、課題レポート15点、期末テスト70点で評価します。
履修上の注意事項など 配布資料は、書き込み式になっています。必ず毎回の授業において抜けているところを埋めるようにしてください。また、私語など他の人に迷惑をかける行為は慎んでください。
この科目の履修にあたって 地方政府の役割を理解しましょう。
オフィスアワー


第1回 概要

地方財政論Ⅰについて

第2回 地方政府の役割

政府間の機能分担

第3回 公共選択と地方分権化定理1

公共財と私的財

第4回 公共選択と地方分権化定理2

公共選択

第5回 公共選択と地方分権化定理3

地方分権化定理

第6回 地方政府の予算1

予算について

第7回 地方政府の予算2

予算の決定と投票原理

第8回 地方政府の予算3

予算の増大

第9回 地方公共財の供給1

地方公共財

第10回 地方公共財の供給2

経済厚生の極大化

第11回 地方公共財の供給3

スピルオーバー効果

第12回 補助金

補助金制度について

第13回 地方税

地方税制度について

第14回 地方債

地方債制度について

第15回 まとめ

まとめ