トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 金融論Ⅰ
   Monetary Theory Ⅰ
授業科目区分
経済学専門教育科目・財政金融
担当者 北島 孝博(准教授)
グレード G2
テーマ 金融入門
キーワード 金融取引,資産運用,資金調達,金融制度,金融市場,金融政策,貨幣の機能,信用創造,銀行業務,証券業務
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経)総合政策コース基本科目(2012~2013年度入学生),(経)会計ファイナンスコース基本科目(ファイナンス系)(2012~2013年度入学生) ,(経)総合経済コース基本科目(2008~2011年度入学生),(経)会計ファイナンスコース基本科目(2008~2011年度入学生)

授業の目的及び概要 金融論Ⅰでは、金融を初めて学ぶ学生を対象に、金融の基礎知識を身につけてもらうことを目的としています。金融とは、「金」を「融」通することであり、要するにお金の貸し借りを表しています。例えば、銀行にお金を預けることや友達にお金を貸すといったことも金融といえます。また、アルバイトでの給料の受け取りやATMでの現金の引き出しなども金融に含まれ、学生の皆さんにとっても非常に身近な学問です。本講義では、まず金融取引とは何かについて説明し、代表的な経済主体である家計、企業、政府がどのような金融取引を行っているのかについて解説します。次に、現在の金融市場を作り出した歴史的な経緯を戦後から辿っていき、日本経済の変遷について概観していきます。さらに、金融市場の構造、金融政策の役割と現在の動向、貨幣の役割と為替レートの決定方法や金融の中心的役割を果たしている金融機関の機能と役割などについて説明していきます。本講義の特徴としては、具体的な事例や実際のデータを挙げて現実の金融に関する諸問題を提示し、金融に関する問題意識をもってもらうことにあります。そのため、金融の基礎知識をただ身につけるだけでなく、特定のテーマに関する新聞記事を調べてもらう課題などを通して、生きた知識として活用できるようになることを目指します。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、経済学部専門教育における2年生・3年生が受講するのが望ましいです。金融論のカバーする範囲は非常に多岐に渡っていますが、本講義では金融に関心を持ってもらうための第一歩として、金融に関する新聞・ニュース記事を理解するために必要な基礎的な内容に焦点を当てています。今後、その他の金融関係分野の科目を受講する上での基礎的な科目として位置づけています。
学修の到達目標 ①金融に関する新聞・ニュース記事の内容を概ね理解できるようになる。
②金融商品 (株式、債券、借入、投資信託) の基本的な特徴と違いについて説明できる。
③日本の金融制度と制度改革の歴史を理解する。
④金融市場の構造と仕組みについて理解する
⑤銀行業務と証券業務について理解し、説明できる。
授業の方法 ①PowerPointで作成した資料に基づいて講義を進めます。
③インターネットを活用し、講義内容に関する新聞記事などを紹介します。
③講義内容に関連する新聞・ニュース記事を調べる課題に取り組んでもらい、適宜授業中に紹介します。
授業外の学修(予習・復習等) ①課題 (新聞・ニュース記事を調べる) は必ず行ってください。
②日頃から金融に関する新聞・ニュース記事などに目を通してください。
③講義資料、参考書や金融経済に関するホームページなどから復習を行い、中間テスト・期末テストに備えてください。
テキスト・参考書 テキストは特に使用しません。講義資料 (レジュメ) を配布し、講義を進めます。参考書は適宜、授業中あるいは講義ホームページにて紹介します。
成績評価の基準・方法 期末試験 (50%程度)、中間試験 (30%程度)、課題 (20%程度) から総合的に評価します。(カードリーダーで出席確認はするが、評価の基準外)
履修上の注意事項など ①講義で得た知識を活かして、金融に関する新聞・ニュース記事の内容に対する理解を深めてください。
②授業計画は受講生の理解度を重視し、内容が前後したり、適宜変更することがありますので、予めご了承ください。
③講義中は、授業に関係のない私語やスマホ操作は厳禁とします。
この科目の履修にあたって 多くの学生にとって、大学に入学してから初めて金融を学び始めるでのはないかと思います。金融論はよく難しく、分かりにくいといわれます。その理由として、金融論がカバーする範囲が非常に広くなっていることや専門用語が非常に多いということが挙げられます。しかし、金融は人間の身体でいうところの血液のようなものであり、経済全体を動かす潤滑油として、ものづくりや私たちの暮らしを支えています。また、新聞記事や経済ニュースで金融に関する話題を取り上げていない日はほとんどなく、さまざまな面で金融の知識が必要となっています。本講義を通して、金融に関する基礎知識を身につけ、皆さんの暮らしがより良くなることを期待しています。
オフィスアワー 火 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問


第1回 オリエンテーション

講義の概要と進め方について説明します。

第2回 金融取引の意義

金融取引とは何か?その基本的な2つの意義について学びます。

第3回 個人の金融商品・サービス

個人が利用する決済取引、資産の運用 (株式、債券、投資信託)、資金の調達 (住宅ローン) について学びます。

第4回 企業の資金需要と資金調達

企業が事業を展開するうえで、どのような資金を必要とし、またどのように調達しているのかについて学びます。

第5回 日本の金融制度と制度改革(1)

日本経済と金融制度の変遷について説明します。1940年代の戦後のインフレーションから戦後の高度経済成長と低経済成長への移行について解説します。

第6回 日本の金融制度と制度改革(2)

日本経済と金融制度の変遷について説明します。1980年代のバブル経済、1990年代のバブル崩壊とその影響、2000年代における金融危機からの脱却について解説します。

第7回 金融市場の構造(1)

日本の短期金融市場を構成しているインターバンク (銀行間) 市場とオープン市場の概要と代表的な金融商品について学びます。

第8回 金融市場の構造(2)

日本銀行の概要と金融政策の手段について説明し、近年の金融政策の動向について学びます。

第9回 まとめ

中間テストの実施

第10回 通貨制度の歴史と貨幣

貨幣の機能と歴史 (金本位制から管理通貨制度への変遷) や為替レートの水準について学びます。

第11回 銀行業務と貨幣(1)

銀行の三大業務と貨幣(通貨)の種類について説明し、インフレーションと貨幣(通貨)の量の関係性について説明します。

第12回 銀行業務と貨幣(2)

国内に流れる貨幣(通貨)の量と銀行の信用創造機能の関係性について説明します。

第13回 証券市場と証券業務(1)

証券市場 (長期金融市場あるいは資本市場) の機能と証券会社の業務について学びます。

第14回 証券市場と証券業務(2)

証券市場の発行市場と流通市場の機能および証券取引所の仕組みについて学びます。

第15回 金融取引とデリバティブ取引

金融取引の基本的な意義の1つであるリスクの移転に着目したデリバティブ取引について解説します。