トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 地域フィールドスタディ
   Field Studies of Regional Society
授業科目区分
経済学専門教育科目・体験型学習
担当者 徳丸 義也(教授)
グレード G1
テーマ まちの魅力と課題の発見、情報集とプレゼンテーション
キーワード まち歩き,街並み,商店街,魅力発見,課題発見,グループワーク,プレゼンテーション
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
2年生 (経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)総合政策コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)

授業の目的及び概要 近鉄八尾駅周辺の街並みや商店街のまち歩きを行い地域の魅力や課題を探し出します。共通する地域魅力や地域課題ごとにグループを形成し、グループ討議での意見交換、再度のまち歩きと情報収集によって認識を深めます。各自のテーマにもとづいて、グループ内でのディスカッションをふまえてレポートにまとめ、パワーポイントを使ったプレゼンテーションを行います。五感から得た体験を‟考えを含む情報“に置き換える、グループ内での討議によって情報を交換する、再度の体験と情報収集によってそれらを修正あるいは拡充する過程を体験学習によって学んでいきます。この授業は将来の職場における課題発見や問題解決にあたっての業務遂行スキルの形成につながります。経済学部専門教育科目に位置づけられグレードはG1です。
履修条件
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) ①本科目は経済学部専門教育科目の体験型学習に位置づけられます。
②経済学部総合政策コースおよび地域デザインコースの基本科目です。
③本科目は、学位授与方針(DP)に定める、学生が学習と経験を通じて身につける知識や能力のうち以下に該当します。経済学に関連する具体的な地域課題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。経営学に関連する具体的な経営課題を理解し、その解決方法を考える力を身につけている。
学修の到達目標 ①体験したことを言葉や文章によって表現することができる。
②討論や情報収集によって認識を深めることができる。
③レポートの作成とパワーポイント等を使用したプレゼンテーションができる。
④経済学の観点から地域魅力や地域課題を説明することができる。
授業の方法 まち歩きに先立って商店街の魅力や課題についての基礎的学習の講義を行います。
まち歩きでは各々の着目点に従って情報収集や写真撮影、インタビューなどを行います。
グループ討議では情報の共有や意見の交換を行います。
パワーポイントを使って全体にわかりやすくプレゼンテーションします。
レポートについて授業中に講評します
授業では、「PowerPoint」「情報端末(ノートPC)」の使用があります。

授業外の学修(予習・復習等) 情報収集などの作業を授業外の時間で求めることがあります。
テキスト・参考書 必要に応じてプリントの配布、および参考資料の配布を行ないます。
成績評価の基準・方法 まち歩きやグループ活動への積極性およびプレゼンテーションやレポートにおける課題認識の程度と考察の内容によって評価します。
①グループワークへの貢献度(20%)
②プレゼンテーション(30%)
③レポート(25%×2回)
履修上の注意事項など 定員は25名です。定員が上回った場合第一回目の授業で受講意思確認と選抜試験を行います。まち歩きやグループ活動への積極的な参加の意思等を判断の基準とします。
この科目の履修にあたって ①まち歩きですので真剣さも必要ですが基本的には楽しみながらの学修です。
②特定の解答を求めるのではなく多様な評価や解決方法をさぐる自由な雰囲気の授業です。
オフィスアワー 火 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、レポート作成支援、キャリアと進路


第1回 オリエンテーション

授業の概要と進め方の説明
受講者選抜試験

第2回 アイスブレイク

自己紹介とアイスブレイク

第3回 八尾の街並み紹介

近鉄八尾駅周辺の街並みや商店街について

第4回 商店街について

商店街の現状と役割 商店街の魅力とは? 課題とは?

第5回 フィールドワーク①

近鉄八尾駅周辺のまち歩き 
魅力・課題を発見し、各自のテーマを決めコメントとしてまとめる

第6回 コメントの発表とグループ分け

発見した魅力・課題のテーマについてのコメントを発表する 
共通するテーマごとにグループを形成する 
グループの共通テーマを決める

第7回 フィールドワーク②

グループごとの共通テーマに沿って再度まち歩きを行い深める 
各自レポートの骨子をまとめる

第8回 グループ討議と「レポート」作成

グループ内でレポートの骨子を説明し相互に話し合う 
「レポート」を作成する

第9回 プレゼンテーションによる報告会

グループごとにパワーポイントを使ってレポート発表を行う

第10回 報告会についての講評

フィールドワークとグループ討議によるプレゼンテーションの成果と課題をまとめる

第11回 フィールドワーク③

グループごとに共通テーマに沿って新たな魅力や課題を発見するまち歩きを行う 
各自「レポートの骨子」をまとめる

第12回 グループ討議と「レポート」作成 

グループ内でレポートの骨子を説明し相互に話し合う 「レポート」を作成する

第13回 プレゼンテーションによる報告会

グループごとにパワーポイントを使ってレポート発表を行う

第14回 報告会についての講評

フィールドワークとグループ討議によるプレゼンテーションの成果と課題をまとめる

第15回 まとめ

授業を通して学んだことのふりかえり