トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経済地理Ⅱ
   Economic Geography Ⅱ
授業科目区分
経済学専門教育科目・経済政策
担当者 安倉 良二(講師)
グレード G3
テーマ 産業の立地再編と地域変容-都市および第3次産業(サービス・商業・流通)-
キーワード オフィス,サービス業,商店街,大型店,大型店,コンビニ,まちづくり,フードデザート
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
コース 3年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)

授業の目的及び概要  この授業は,あらゆる産業の立地が地域をどのように変えているのかについて,理論および国内外の具体的な事例を紹介しながら考えます。経済活動が「どこに」「どうして」「どのように」立地しているのかについて,地図や統計を用いて考えることは,地域デザインコースの学生にとっては必要不可欠な知識のひとつです。この授業では,第3次産業(特に商業・流通,サービス業)とその活動舞台である都市の経済地理学的トピックス(オフィス立地・商店街のまちづくり)を事例に取り上げます。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 地域デザインコースの基本科目として,現実の地域で起きている出来事を素材に,地図や統計,写真を読み取りながら経済活動をめぐる地理学的な思考力を身につけてもらいます。
学修の到達目標  この授業を受けることで学生は,以下の知識・能力を身につけることができます。
1.毎回提供するレジュメにある地図や統計,写真の読み取りを通じた地理的技能の習得
2.オフィスの立地や商店街のまちづくりなど,時事的かつ日常生活に密着した経済活動のトピックを身近なものとして認識することができる
授業の方法  担当者が配布するレジュメを利用します。レジュメには,前半部に内容,後半部には関連図表を掲載します。場合によっては,パワーポイントによる資料の提示をはじめ,Googleストリートビューや地理院地図を活用することもあります。また,授業終了前の10~15分前には,コメントペーパーを配布し,その日の内容について感想を書いてもらうことで,学生の授業内容に対する関心をみるつもりです。また,場合によっては授業の復習を兼ねて,当該分野の内容に関する大学入試問題を解いてもらうことがあります。
授業外の学修(予習・復習等) 日頃から産業立地やまちづくりに関するニュースを新聞,テレビ,インターネットで収集しておくことが,授業内容に興味を持ってもらうきっかけになると思います。
テキスト・参考書  特定のテキスト・参考書は利用しません。ただし,レジュメの中で引用文献を紹介することがあります。その中には,近年の経済地理学や都市地理学の専門書や論文はもとより,高校の地理資料集も積極的に活用します。
成績評価の基準・方法  期末試験(70%):論述式の大問を5~6問用意し,問1は全員解答,問2~6までは2~3項目を選択解答してもらうことにします。なお,場合によっては,講義で取り上げた図表の読み取り問題を含めることもあります。試験では,授業で取り上げた内容について,用語をうまく使いながら,筋の通った文章になっているのか否かを評価します。
 コメントペーパー(30%):上述した授業内容について学生の関心をみますので,気軽に書いて下さい。
履修上の注意事項など  取り上げる量が多いので毎回の授業出席は不可欠です。また,授業終了直前に駆け込む学生もいますが,コメントペーパーで十分な内容が書けない可能性が高いので,受講するのなら遅刻することなく来て下さい。
この科目の履修にあたって 「経済地理」と聞くと,中学・高校までの「地名・物産の暗記」という無味乾燥なイメージが先行しますが,その内容はきわめて時事的なものが多く,一般常識を使って説明できるものもあるので親しみやすい科目のひとつです。高校で「地理」を学んでいなくても十分に対応できます。産業立地のほか,まちづくりの実践など地域に根ざした活動を学びたい(あるいは他の科目で学んでいる)学生の積極的な受講に期待します。
オフィスアワー


第1回 オフィスの立地(1)-都市における階層性とオフィス・官公庁の立地-

 都市の経済地理学をみる手がかりとして,最初に人口規模を指標にした階層性および都市群システムの概念を紹介します。その上で,オフィスや官公庁の本所(本社)・支所(支店)の立地を検討します。

第2回 オフィスの立地(2)-都市におけるオフィス街の変容-

 オフィスと言えば,都市の都心部を代表する機能ですが,それらが集まるオフィス街は時代と共に変化しています。その変容について,都心部のほか郊外地域の動向と併せて述べるつもりです。

第3回 オフィスの立地(3)-情報化の進展がオフィス立地に与えた影響-

 インターネットの普及に代表される情報化の進展は,オフィスの立地をどこまで変えたのか。また,変わらないところはどこにあるのか。ここでは,それらについて情報・通信インフラの発達を交えて具体的な事例から明らかにします。

第4回 コンテンツ産業の立地-アニメーション産業を中心に-

 都市への集積が盛んな産業の一つに,アニメーションに代表されるコンテンツ産業があります。ここでは,その集積メカニズムとそれに従事する労働者の動きを取り上げます。

第5回 サービス業の立地(1)-サービス業の種類-

 サービス業の内容は多岐にわたりますが,それらは公共,個人,事業所の3つに分けることができます。ここでは,サービス業の基本的な項目について具体的な事例を基に検討します。

第6回 サービス業の立地(2)-保育サービスの展開-

 女性の社会進出と就業の問題を考えるときに避けて通れないのは,保育園をはじめとする保育サービスの供給に関する問題です。ここでは,保育園の展開をめぐる地域的差異について取り上げます。

第7回 日本における大型店の立地政策(1)-1990年代まで-

 スーパーをはじめとする大型店の立地に大きな影響を与えた政策の変遷を取り上げます。ここでは,1970~1990年代にかけての大型店の立地政策である「大店法」の特徴と地域商業に与えた影響を述べます。

第8回 日本における大型店の立地政策(2)-2000年代以降-

 2000年代の日本における大型店の立地政策では,大店法に替わって大店立地法と改正都市計画法が大型店の立地に影響を与える法律となりました。しかし,この枠組みをめぐる問題点はどこにあったのでしょうか。ここでは,2000年代における大型店の立地政策が抱えた問題を検証します。 

第9回 中心市街地の衰退とまちづくり

 郊外地域への大型店の立地と表裏一体をなすのが,中心市街地の衰退です。本講義では,前回までの講義と関連づけながら中心市街地の小売活動が衰退する様子を述べます。その上で,その再生に取り組む動きにはどのようなものがあるのかを紹介します。 

第10回 都市におけるユニークな商業集積

 都市の商業集積には,ファッションや「オタク文化」など専門化されたニーズに即した商業集積もみられます。ここでは,今まであまり取り上げられなかったユニークな商業集積をめぐる地理学的アプローチを紹介します。 

第11回 コンビニの立地メカニズム

 日常生活に欠かせなくなったコンビニがどのような形で立地しているのかについて,企業の動向や生産・物流システム,商圏特性に着目しながら分析します。

第12回 フードデザート(買い物難民)問題(1)-食料品店へのアクセス問題-

 フードデザート問題は,近年マスコミによって「買い物難民」として取り上げられています。ここでは,その代表例として食料品店へのアクセス問題を取り上げます。 

第13回 フードデザート(買い物難民)問題(2)-高齢者の生活・福祉との関わりで-

 フードデザート問題の本質は,単なる食料品供給のアクセスのみならず高齢者の栄養摂取やコミュニティなど生活の質にも関わります。ここでは,高齢者の生活・福祉の問題と結びつけた考察を行います。

第14回 都市における物流施設の立地

 都市において商品の物流に関わる倉庫や配送センターは,鉄道から自動車(トラック)へと輸送手段が変化するにつれて,既成市街地から郊外へ立地移動しました。ここでは,こうした物流施設の立地メカニズムについて具体的な事例を基に述べます。

第15回 出版物流通の空間特性

 雑誌や書籍といった出版物の流通は,取次業者が書店をコントロールしている点で特異なものになっています。また,電子書籍やAmazonなどのインターネット販売の出現は,取次業者ならびに書店の存立を脅かしています。ここでは,あまり知られていなかった出版物流通の空間特性を取り上げます。