トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 農業経済論
   Contemporary Agricultural Economics
授業科目区分
経済学専門教育科目・経済政策
担当者 江尻 彰(講師)
グレード G2
テーマ 今日の日本の食料問題と日本農業の現状について考える
キーワード 食の欧米化,食の安全性,農業生産の担い手の高齢化,集落営農,基本法農政,食管制度の廃止と食糧法,卸売市場法の改定,市場外流通,畜産振興事業団,牛乳の過剰問題
開講年度
2017
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2
コース 2年生 (経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
3年生 (経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生)
4年生 (経済)金融経済コース基本科目(2014年度以降入学生),(経済)地域デザインコース基本科目(2014年度以降入学生),(経)総合経済コース基本科目(2008~2011年度入学生)

授業の目的及び概要 この授業は、日本の食料と農業の現状を理解してもらう目的でおこなう。前半で日本の食生活の変化、それに対応する日本農業の衰退化、担い手の高齢化について紹介し、その原因について戦後の農業政策の問題点について開設する。後半では、コメ、野菜、畜産物の各部門の生産の現状と流通について解説し、問題点を解明していく。授業レベルは入門的な内容となる。これを理解することで、学生が、農業への就農だけでなく、食肉メーカーや乳業メーカーなどの食品加工業、スーパーなどの食品小売業に就職する際に役に立つ内容である。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 経済学科のDPの「2. 経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。 3. 現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている」に該当します。
 経営学科のDPでは「3. 企業をはじめとする組織の経営問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている」に該当します。
学修の到達目標 農業経済に関する専門知識を修得することを目標とする。
授業の方法 基本的にはテキストに沿って講義形式でおこないます。農業のことをあまり知らない学生にも興味がもてるよう日常の私たちの食生活にふれながらおもしろい授業にしたいと思います。毎回、プリントを用意して授業をおこないます。
授業外の学修(予習・復習等) テキストを使って予習し、授業後は復習に努めること。
テキスト・参考書 テキスト
 樫原正澄・江尻彰『今日の食と農を考える』(すいれん舎)

毎回の授業でテキストを参照するので、できるだけ購入してください。就職活動などでやむをえず欠席する場合は、担当箇所を自分で読んでフォローしてください。
成績評価の基準・方法 授業への積極的参加(20%)定期試験(80%)で評価する。
履修上の注意事項など
この科目の履修にあたって
オフィスアワー -


第1回 戦後日本の食生活の変化と問題点

戦後日本の食生活の欧米化、加工・冷凍食品の増大ついて論じる。

第2回 日本の食生活の将来と問題点

現在の食生活で外食・中食の増大と食生活の栄養バランスの問題点と食の安全性について論じる。

第3回 日本の農業生産の現状を考える

日本の土地利用の現状と作付面積の減少、農業産出額の減少について論じる。

第4回 食料自給率の低下と農業経営

日本の食料自給率の低下について論じ、家族経営の減少、農業就業人口の減少について紹介し、日本の農業生産の課題について論じる

第5回 日本の農業を誰が担うか

日本の農業の担い手である家族経営の動向、農業の法人化の現状、新しい担い手である集落営農について論じる

第6回 戦後の日本農政を考える(1)

戦後の日本農政について、戦後復興期、高度成長期、低成長期の農業政策について論じる。

第7回 戦後の日本農政を考える(2)

1980代以降の「国際化農政」、90年代のWTO農業合意後の新しい農業政策と現代の農政の課題について論じる。

第8回 「食管制度」の下でのコメ流通

日本のコメ生産と消費の動向について論じ、戦後の「食管制度」のもとでのコメ政策とコメ流通について論じる

第9回 「食糧法」の下でのコメ流通

1994年に成立した「食糧法」の内容とその下でのコメの流通自由化
について論じる。

第10回 コメ政策の変更とコメ流通の自由化

WTO農業合意後のコメ政策の変更と「食糧法」の改定によるコメの流通自由化について論じる。

第11回 日本の卸売市場はどうなっているか

日本の生鮮農水産物流通のなかで卸売市場の果たす役割と戦後の卸売市場改革の変遷と問題点について論じる。

第12回 市場外流通と国産野菜の流通

日本の野菜の流通について農産物直売所の現状、戦後の野菜流通の問題点について論じる

第13回 日本の畜産と食肉の流通

日本の食肉消費の増大、牛肉の自由化と日本の畜産、牛肉の流通、について論じる。

第14回 日本の酪農と乳製品の生産・流通

日本の酪農の現状、乳製品の生産の動向と流通について論じる。

第15回 日本農業・農村の活性化の方向

新たな農業生産の担い手、新規就農の若者への支援、地産地消、食の安全・安心、農産物流通の新しい方向について論じる。