トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 環境経済学(理論)
   Environmental Economics (Theory)
授業科目区分
経済学部専門教育科目・経済政策
担当者 前鶴 政和(教授)
グレード G3
テーマ 環境経済学の理論的基礎
キーワード ごみ問題,地球温暖化,公共財,コモンズの悲劇
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  この科目では、我々の身の周りで起こっている環境問題がなぜ起こるのか、そしてどのように環境問題に立ち向かっていけばよいのかを、経済学の立場から考えます。
 まず、環境経済学を学ぶ上で必要となるミクロ経済学の基礎について復習した上で、ごみ問題や地球温暖化を中心として私たちの生活と環境との関係について概観し、公共財やコモンズの悲劇などの環境問題発生のメカニズムを学修していきます。
 レベルは、ミクロ経済学の応用レベルとなります。
履修条件 -
科目の位置づけ(DPとの関連)  この科目で身につける知識や能力は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。

 1. 経済活動の仕組みや市場の機能、経済政策の効果といった経済学の基本的な知識と論理的に思考する能力、および財政学、金融論、国際経済学などといった特定の専攻分野に関する専門知識を身につけている。
 
 また、この科目は、総合政策コースのコース基本科目に位置づけられています。
学修の到達目標  この科目の目標は、ミクロ経済学を基礎として、リサイクルや地球温暖化などの経済モデルについて、また公共財やコモンズの悲劇などの環境問題が発生するメカニズムについて説明することができるようになることです。また、上記のメカニズムを分析する際に必要な、計算力やグラフに表現する能力を身に付けることも目標としています。
授業の方法  資料を配布し、PowerPointを用いて講義形式で授業を進めます。重要な事項については板書しながら解説しますので、ノートをとる必要があります。また、練習問題も扱います。コメントシートを活用して、双方向型学修を取り入れます。PowerPointを用いて授業を進めます。また、ラーニングポータルで資料を配布します。
 課題については、授業中に解説及び講評を行います。
授業外の学修(予習・復習等)  配布資料及び参考書を活用して予習及び復習を行い、専門用語の意味等を理解するようにしてください。参考書の該当部分については、授業計画の各回の内容に記載されています。
 また、練習問題に取り組んでください。
テキスト・参考書 テキスト:指定しません。
テキスト:指定しません。
参考書: 
 1.伊藤元重『ミクロ経済学 第2版』日本評論社、2003年
 2.栗山浩一・馬奈木俊介『環境経済学をつかむ 第3版』、2016年
 3.前田章『ゼミナール 環境経済学入門』、日本経済新聞社、2010年
 4.三橋規宏『環境経済入門 第4版』、2013年
 
 なお、参考書の2.については、講義の該当部分に関して予習・復習に活用することを希望します。その他の参考書については、必要に応じて、講義の該当部分を参考にしてください。
成績評価の基準・方法 成績評価の方法:
 課題及び期末試験の成績で評価します。配分は期末試験60点、課題40点です。

成績評価の基準:
1.リサイクルや地球温暖化に関する経済モデルについて、説明することができること。
2.環境問題が発生するメカニズムについて、説明することができること。

この科目の履修にあたって  「ミクロ経済学Ⅰ」を履修済みであることを希望します。 
 この科目では、履修登録確定後に座席指定を行います。講義に出席し、参考書や配布資料を利用して予習・復習を行ってください。
 
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

 本講義のガイダンスを行います。

第2回 経済発展と環境問題

 経済発展と環境問題について学びます。

【予習】参考書の2.の「経済発展と環境問題」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の2.の「経済発展と環境問題」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。

第3回 ミクロ経済学の復習(1)

 需要と供給について学びます。

【予習】参考書の1.の「需要と供給」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の1.の「需要と供給」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。

第4回 ミクロ経済学の復習(2)

 市場取引と資源配分について学びます。

【予習】参考書の1.の「市場取引と資源配分」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の1.の「市場取引と資源配分」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。

第5回 ごみ問題と循環型社会(1)

 リサイクルと循環型社会について学びます。

【予習】参考書の2.の「ごみ問題と循環型社会」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の2.の「ごみ問題と循環型社会」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。

第6回 ごみ問題と循環型社会(2)

 リサイクルの経済モデルについて学びます。

【予習】参考書の2.の「ごみ問題と循環型社会」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の2.の「ごみ問題と循環型社会」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。

第7回 地球温暖化問題(1)

 地球温暖化が社会に及ぼす影響について学びます。

【予習】参考書の2.の「地球温暖化問題」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の2.の「地球温暖化問題」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。

第8回 地球温暖化問題(2)

 地球温暖化の経済モデルについて学びます。

【予習】参考書の2.の「地球温暖化問題」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の2.の「地球温暖化問題」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。

第9回 練習問題(1)

 練習問題を扱います。

第10回 公共財とフリーライダー(1)

 公共財と環境問題について学びます。

【予習】参考書の2.の「公共財とフリーライダー」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の2.の「公共財とフリーライダー」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。

第11回 公共財とフリーライダー(2)

 公共財の最適供給について学びます。

【予習】参考書の2.の「公共財とフリーライダー」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の2.の「公共財とフリーライダー」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。

第12回 共有資源の利用と管理(1)

 コモンズの悲劇について学びます。

【予習】参考書の2.の「共有資源の利用と管理」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の2.の「共有資源の利用と管理」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。

第13回 共有資源の利用と管理(2)

 再生可能資源とオープン・アクセスについて学びます。

【予習】参考書の2.の「共有資源の利用と管理」を事前に読んでおいてください。
【復習】参考書の2.の「共有資源の利用と管理」と配布資料を読み直し、講義で得た知識を確認してください。


第14回 練習問題(2)

 練習問題を扱います。

第15回 総括

 総括を行います。