トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 マクロ経済学Ⅱ
   Macroeconomics Ⅱ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科共通科目
担当者 田中 征史(講師)
グレード G2
テーマ マクロ経済学の基礎を学ぶ
キーワード GDP,物価,開放経済,閉鎖経済,短期経済,失業,財政赤字
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 本科目では、初級のマクロ経済学を講義します。GDPの成長や物価の変動、景気の変動、貿易収支、財政赤字といった用語は普段テレビや新聞などのメディアで耳にする言葉でしょう。こういった「経済指標」は、ある国、もしくは、ある地域全体の経済活動を包括的イ分析するために用いられるものです。マクロ経済学とは、このように個々人の経済活動を集計的に捉え、国や地域全体の経済の変動について分析する学問です。この講義では、マクロ経済学の基礎を学ぶことで、受講生が現実世界のマクロ経済現象に対して論理的に理解できるようになることを目標としています。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DPとの関連) マクロ経済学とは経済学の一分野ですが、ミクロ経済学との関連が非常に強い分野です。本講義では、数式を多用した分析は行いませんが、授業で説明するマクロ経済モデルの多くがミクロ経済理論に依拠しています。したがって、この科目の関連分野はミクロ経済学I・IIとなります。
さらに、この科目は、学位授与の方針(DP)における、本学学生が身に付ける知識や能力のうち、以下の項目に該当します。
1. 経済活動の仕組みや市場の機能、経済政策の効果といった経済学の基本的な知識と論理的に思考する能力、および財政学、金融論、国際経済学などといった特定の専攻分野に関する専門知識を身につけている。
学修の到達目標 この講義では長期のマクロ経済モデルと短期のマクロ経済モデルについて重点的に解説を行う。この2つのモデルの違いを十分に理解できるようになることがこの授業における到達目標となる。授業の後半では、失業や財政赤字の持続可能性といったトピックについても解説を行う。
授業の方法 基本的には、指定の教科書に沿って講義を進めます。授業の際は、重要語句やグラフの記述が穴あきになった講義ノートを配布します。講義では、この講義ノートに対応したスライドを使って解説していきます。講義で配布するものはレポート問題や解答を含め、受講生にはオンラインでダウンロードできるようにします。
授業外の学修(予習・復習等) この科目では基礎的な経済学を講義するため、基本的には授業前の予習を必要としません。ただし、計3, 4回のレポートを課す予定にしており、各トピックが終わる度にレポートを解くにあたっての復習が必要になると考えてください。
テキスト・参考書 マクロ経済学入門  第3版 二神孝一 (著)
(ISBN-10: 4535041245、 ISBN-13: 978-4535041240)
を指定教科書とする。
成績評価の基準・方法 レポート30%、期末70%の比重で成績評価を行うが、
レポートの得点が著しく低い場合は、期末100%で成績をつける。
この科目の履修にあたって この科目はマクロ経済学Iで講義した基礎的なマクロ経済の知識を前提として講義を行う。したがって、受講生は春学期開講のマクロ経済学Iの単位を取得できていることが望ましい。マクロ経済学Iを受講していない学生は、授業が始まる前に指定教科書の第1章~第7章までの範囲を読んでおいてください。

授業中の私語は固く禁じます。ただし、授業中の質問は歓迎しますので、質問がある場合は(できれば授業中に、もしくは授業後に)是非聞いてください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 初回ガイダンス+イントロダクション

初回のガイダンスとして、今後の授業の進め方やレポート課題、期末試験等に関してアナウンスをする。残りの時間は、春学期開講のマクロ経済学Iの内容に関して簡単に復習を行う。

第2回 マクロ経済学Iの内容に関する復習

GDPと物価水準の測り方、各市場の均衡に関して解説を行う。テキスト第1章~第7章が該当範囲となる。

第3回 開放経済

海外との財の取引や資本の取引について解説を行う。テキスト第8章が該当範囲となる。

第4回 開放経済

国際取引によって決定される名目為替レートと実質為替レートに関して解説を行い、応用問題の演習を行う。テキスト第8章が該当範囲となる。

第5回 開放マクロ経済学

開放経済モデルを紹介する。テキスト第9章が該当範囲となる。

第6回 開放マクロ経済学

開放経済モデルにおける名目為替レートの決定と政策効果に関して解説を行い、その後、応用問題の演習を行う。テキスト第9章が該当範囲となる。

第7回 短期の経済分析

総需要と総供給の決定について解説を行う。テキスト第10章が該当範囲となる。

第8回 短期の経済分析

短期経済モデルの均衡と、短期経済から長期経済にかけての市場調整に関して解説を行い、その後、応用問題の演習を行う。テキスト第10章が該当範囲となる。

第9回 短期の経済分析

経済変動の分析を行う。総需要の変動や総供給の変動が経済に与える影響を短期、長期ともに分析を行う。テキスト第10章が該当範囲となる。

第10回 短期の経済分析

経済安定化政策に関する分析を行う。テキスト第10章が該当範囲となる。

第11回 失業

失業の定義と失業発生のメカニズムについて。テキスト第11章が該当範囲となる。

第12回 失業

経済学では失業はどのように説明されるか?代表的な失業モデルを簡単に紹介する。テキスト第11章が該当範囲となる。

第13回 財政赤字はいつまで続けられるか

日本の財政赤字の実態に関して解説を行う。特に、アベノミクスによる金融緩和と財政赤字の関係に関して。テキスト第12章が該当範囲となる。

第14回 財政赤字はいつまで続けられるか

簡単な経済モデルを使って財政赤字の持続可能性を分析する。残りの時間で、応用問題の演習を行う。テキスト第12章が該当範囲となる。

第15回 これまでの授業内容のまとめ

これまでの授業のまとめを行う。