トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 マクロ経済学Ⅱ
   Macroeconomics Ⅱ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科共通科目
担当者 G・バルダス(教授)
グレード G2
テーマ GDPと利子率の決定メカニズムと財政政策と金融政策の効果
キーワード 株価,不況の原因,債券,利子率,財政政策,貨幣の需要,日本銀行,金融政策,貨幣市場,貨幣の乗数
開講年度
2017
開講時期
春・秋
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (経)学科共通科目
2年生 (経)学科共通科目
3年生 (経)学科共通科目
4年生 (経)学科共通科目

授業の目的及び概要 マクロ経済学Iの続きとして、マクロ経済学IIの主な目的は、「国全体の生産水準(GDP)、雇用、賃金、利子率、などはどのようなメカニズムによって決定されるか、変動させる要因が何か」、そして「経済政策が実体経済にどのような影響を与えるか」を勉強することです。特に貨幣市場、債券市場と金融政策の効果を勉強します。マクロ経済学を理解することによって、経済学の各分野である労働・金融・貿易などをより広範に理解できるようになります。マクロ経済学では、経済の変動を説明する理論を勉強することと共に、日本経済現状も分析したいと思うので、日本経済が直面している問題、例えば、「人口の減少」、「政府借金の支払い」、「成長率の低下」をより深く理解でき、諸問題に対するより有効な政策も提案できます。さらに、マクロ経済学のもう一つの目的は、将来、日本経済に起こりうる変化を想像し、経済やビジネスの見通しを予測できるようになることです。この科目の最終的な目標は、学生が卒業した後、より充実な就職活動もでき、社会に貢献できる人材になることです。
履修条件 「マクロ経済学Ⅰ」を修得していること(ただし、4年生はⅠとⅡを同時に履修することができる)。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)に定める、学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち、以下に該当します。
2. 経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 現代社会の経済問題を理解し、その解決の方法を考える力を身につけている。 
また、マクロ経済学Iは、経済学部共通科目における選択必修科目です。
学修の到達目標 この授業の学習の主な目標は「日本経済の現状と将来の見通しを理解するための基礎的なマクロ経済理論を自立的に分析し説明できるようになる」ことです。この目標を達成するために、授業では以下の力を身につけるようにしたいとおもいます。
1)マクロ経済学の理論を理解する力
2)日本経済の現状と将来の見通しについて分析できる力
3)実際の経済の変動を説明する力
4)マクロ経済の諸問題を理解し、解決策を考える力
授業の方法 授業では、マクロ経済のメカニズムについての理論を勉強し、応用問題を解きながら、理解を深めたいと思います。学生が授業に参加し、以下に述べる「テキスト」を使いながら、一緒に練習問題の解き方を勉強します。
授業中に、学生が「練習問題」を解いて提出します。提出された練習問題を毎週、採点して、取得された点数を大学のホームページのIT’s classにアップするので、学生が確認できます。この練習の点数を成績に反映させます。提出された練習問題のなか、特に、大事な誤りがあれば、もう一度、同タイプの問題を解説して、フィードバックします。
授業の内容を大学のWEBページ(IT’s class)に掲載され、授業中でも授業前後でも確認できます。学生からの質問やコメントを授業中でも授業外でも大歓迎し、充実したコミュニケーションを取りたいと思います。
授業外の学修(予習・復習等) 授業中の練習問題の他、課題として、I-Naviテストがあります。学生がテキストを利用して勉強してから、I-Naviテストの受講をします。取得された点数が成績に反映されます。
 出来るだけ毎日インターネット上でも日本と世界のニュースを読むことが望ましいです。
テキスト・参考書 テキスト:『講義ノート マクロ経済学』、第13版、バルダス・グスタボ著

その他の参考書:『入門マクロ経済学5版』、中谷巌著 (*)

(*)大学院に進学したい学生や公務員試験を受けたい学生におすすめの本であり、購入する必要がありません、図書館から借りて勉強して下さい。
成績評価の基準・方法 (1)試験はありません。成績評価は練習問題とI-Naviテストで以下のように行います。

    点数の合計=練習の点数+I-Naviテストの点数

「練習の点数」は40点満点、「I-Naviテストの点数」は60点満点とする。

     合格条件:「点数の合計」は60点以上になること

「点数の合計」によって成績評価が決まる。90点以上を獲得した場合、「秀」、80~89点の場合、「優」、70~79点の場合、「良」、60~69点の場合、「可」になる。60点未満は「不可」になります。
 (2)上記の「練習」は毎回の授業で行う「練習問題」であり、授業が終るときに学生は提出します。
「I-Naviテスト」はウェブ上で学生がパソコンやスマートフォンを使って、受講するテストです。I-Naviテストは「I-Naviテスト(Basic)」と「I-Naviテスト(Advanced)」という2つのタイプがあり、両方を受講してください。
履修上の注意事項など マクロ経済学では全ての授業が関連しているため、全ての授業に参加し、次の①と②を頑張ってすれば、単位を修得できます。
① 授業で行う練習問題を解いて提出する
② I-Naviテストを受講する。
 授業で困ることがあれば、授業以外の「オフィスアワー」でもその他の時間でも、対応できます。
この科目の履修にあたって マクロ経済学IIは、マクロ経済学Iの続きの科目であり、マクロ経済学IIを合格すれば、「マクロ経済学演習A・B」も履修して、より深くマクロ経済について勉強することもできます。特に「大学院に進学したい」、「公務員試験を受けたい」、「銀行で働きたい」などといった進路を望んでいる学生に役に立つと思います。マクロ経済学演習A・B、「円高や円安を起こす要因は何か」、「経済政策が為替レートや貿易にどのような効果をもたらすか」、「インフレとデフレがなぜ発生するか」、「長期に経済を成長させる要因はなにか」、「技術進歩と経済成長はどのような関係があるか」について勉強します。
オフィスアワー 火 14:45~15:45 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、数学の基礎、英語の基礎、レポート作成支援


第1回 授業の案内、成績評価基準の説明、日本経済の現状

先ず、授業の計画や成績基準を説明する。次に、日本経済の現状と将来の見通しについてのデータを紹介します。

第2回 マクロ経済学Iの復習

マクロ経済学Iで勉強した主なトピクスについて復習し、特に計算問題について練習する。

第3回 貨幣・債券・株・不動産

投資家がなぜ債券や株や不動産といった資産を保有するか。貨幣との関係は何か。企業や個人が貨幣をなぜ保有するか。メリットとデメリットは何かについて勉強する。

第4回 割引現在価値

資産の価値はどのように計るか。例えば、住宅や土地を売りたい場合、いくらで売ればよいか。あるビジネスを売りたいときにいくらで売ればよいかなどの計算を勉強する。上述の問題を考えるときに、非常に便利な概念は割引現在価値であり、その意味や計算方法を勉強する。

第5回 債券の価格

利付け債や割引債券を考えて、債券の価格がどのように決まるかを勉強する。債券の価格と利子率が逆方向に動くのはなぜか。リスクのある債券は何かを分析する。

第6回 株価

株価がどのように決まるか。株と企業の利益と利子率の間にどのような関係があるか。企業が株を発行するときに株価がどうなるかについて分析する。

第7回 日本銀行と金融政策と貨幣の乗数

中央銀行(日本では日本銀行)はどのような政策で利子率をコントロールするか。買いオペや売りオペそして基準貸出率の操作や法定準備率の操作は何か勉強する。

第8回 貨幣市場とLM曲線

国全体の貨幣需要は家計や企業が保有したい貨幣と利子率やGDPとの関係で表わされる。利子率やGDPが変化すると、貨幣の需要がどうなるかを勉強する。貨幣市場と利子率の関係、そして貨幣市場を表すLM曲線を勉強する。

第9回 投資プロジェクト(1)

企業の設備投資についての様々な投資プロジェクトを分析し、投資についての意思決定を勉強する。先ず、一番簡単な2期間プロジェクトを考えて、プロジェクトのNPVや限界効率について勉強する。

第10回 投資プロジェクト(2)

2期間のプロジェクト、そして一般的なケースのn期間プロジェクト、無限プロジェクトも勉強する。プロジェクトのNPV、限界効率そして、プロジェクトの比較の仕方について勉強する。

第11回 投資関数とIS曲線

国全体の投資と利子率の関係を表す「投資関数」そして、財・サービス市場の均衡を表すIS曲線を勉強する。

第12回 IS-LM曲線による均衡の決定と政策の効果

財・サービス市場と貨幣市場を同時に均衡させるGDPと利子率の決定メカニズムを分析する。財政政策(税金と政府支出の変化)と金融政策(貨幣の変化)のGDPや利子率や消費への効果を分析する。完全雇用の達成政策の分析も行う。

第13回 不況の原因、クラウディングアウト、インフレーションとデフレーションの原因

不況がなぜ発生するか。経済が不況に陥っている場合、政府や中央銀行がどのような政策を実施すれば良いかを学ぶ。次に、政府が借金して拡張的な財政政策を実施する場合、景気が良くなるが、望ましくないことが発生する。これは利子率の増加である。利子率の上昇が民間投資の減少を起こし、将来の資本ストックや将来のGDPが減少する可能性がある。このような拡張的な財政政策を起こす民間投資の減少がクラウディングアウト現象と呼ばれる。次に、インフレとデフレの原因を勉強する。

第14回 線形IS-LM曲線:均衡と政策の効果の計算

線形IS-LM曲線を考えて、均衡の計算方法と財政政策の効果や金融政策の効果の計算方法について勉強する。

第15回 IS-LM曲線のその他のトピクスと総括

IS-LM曲線の「流動性の罠」と「IS曲線の垂直線」という2つの特殊なケースにおける政策の効果について勉強する。更に、不均衡から均衡へのプロセスも勉強する。次に、14回の授業で勉強したことを振り返って、一番面白いトピックスをピックアップして、復習しながら、総括したいと思う。