トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 マクロ経済学Ⅰ
   MacroeconomicsⅠ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科共通科目
担当者 鈴木 遵也(講師)
グレード G2
テーマ 財・サービス市場に関する理解を深め、その需給均衡について学習する。
キーワード GDP,三面等価,財・サービス市場,乗数効果
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 この授業ではマクロ経済学の入門レベルの内容を取り扱い、「GDPの概念」、「財・サービス市場の均衡」といった大きく2つのテーマについて講義を行います。「GDPの概念」では、GDPにおける生産、分配、支出といった3つの側面および名目と実質の違いについて説明します。「財・サービス市場の均衡」では、消費や投資がどのように行われているかを説明し、45度線分析を用いて財・サービス市場の需給均衡がどのようなプロセスによって達成されるかを解説します。そのうえで、政府支出の増加や減税といった財政政策による乗数効果を確認します。これらの授業を通じてマクロ経済についての理論的な知識を習得し、ビジネスシーンにおいて必要不可欠な考察力を養います。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この科目は経済学部の専門教育科目、学科共通科目です。レベルとしてはマクロ経済学の入門レベルを取り扱うため、授業中の説明は丁寧に行います。また、この科目は「マクロ経済学Ⅱ」へとストーリーがつながっていくため、この科目の単位を修得した後に「マクロ経済学Ⅱ」を履修してください。
学修の到達目標 ・GDPにおける三面等価や名目と実質の違いについて十分な理解ができる。
・財・サービス市場における需給均衡のプロセスについて十分な理解ができる。
・財政政策による乗数効果の計算ができる。
・新聞やニュースを見たときに、授業で学んだことを現実に当てはめて考えることができる。
授業の方法 資料を配布し、板書もしくはパワーポイントによって授業を行います。提出されたコメントシートについては、模範的な内容や記述上注意すべき点をフィードバックします。
授業外の学修(予習・復習等) 参考書の該当箇所を事前に読んだうえで授業に出席することを希望します。また、授業後は配布資料や参考書等を活用し、復習を行ってください。
テキスト・参考書 【テキスト】
・テキストは使用しません。

【参考書】
・伊藤元重(2012)『マクロ経済学(第2版)』日本評論社。
・中谷巌(2007)『入門マクロ経済学(第5版)』日本評論社。
・マンキュー, N. G.著/足立英之・地主敏樹・中谷武・柳川隆訳(2011)『マンキュー マクロ経済学 Ⅰ入門編(第3版)』東洋経済新報社。
成績評価の基準・方法 コメントシート(40%)、定期試験(60%)。
履修上の注意事項など この科目の単位を修得した後に「マクロ経済学Ⅱ」を履修してください。
この科目の履修にあたって 正当な理由がない場合、遅刻はしないで下さい。積極的に参加するという姿勢で授業に臨んで下さい。段階的に授業が進行していくため、しっかりと考えながら毎回の授業内容についての理解を深め、ステップを踏み外さないように注意して下さい。
オフィスアワー


第1回 イントロダクション

授業の概要について説明します。また、マクロ経済学とは何かについてミクロ経済学と比較しながら説明します。

第2回 GDPとは何か

生産面からみたGDPについてGNPとの違いを明らかにしたうえで、数値例を用いてどのように計算されるかを説明します。

第3回 分配面と支出面からみたGDP

分配や支出の側面からみたGDP、そして国民所得や国民可処分所得について、その定義や生産面からみたGDPとの関連性について確認します。

第4回 三面等価の原則とその図解

家計、企業、政府、海外部門からなる経済循環図を用いて、GDPが生産、分配、支出の3つの側面において等しくなることを説明します。

第5回 ISバランス論

民間部門の貯蓄投資差額が財政収支や貿易・サービス収支と関係していることについて、簡単な数値例を用いて説明します。

第6回 名目GDPと実質GDP

物価の水準を表す消費者物価指数やGDPデフレーターについて説明したうえで、名目GDPと実質GDPの違いを明らかにします。

第7回 短期と長期の概念

マクロ経済学における短期と長期の考え方とその政策スタンスの違いについて、グラフを用いて解説します。

第8回 復習(1)

前半部分、GDPや短期と長期の概念についての復習を行います。


第9回 消費はどのように決まるか

シンプルな消費関数を紹介し、平均消費性向と限界消費性向の違いについて説明します。

第10回 投資と利子率の関係

なぜ企業の投資行動が利子率の影響を受けるかを投資の限界効率表を用いて説明し、投資関数を明らかにします。

第11回 様々な投資の理論

利子率以外の要因によって投資が決定されると考える、様々な投資理論を紹介します。


第12回 財・サービス市場の均衡

投資や政府支出が増加したときにどのようなプロセスで財・サービス市場が均衡するかを、45度線分析を用いて解説します。

第13回 財政政策による乗数効果

政府支出の増加や減税による財政政策がGDPをどれだけ増加させ、その乗数効果がどれぐらいであるかを、数値例を用いた計算により確認します。

第14回 復習(2)

後半部分、財・サービス市場の均衡や乗数効果についての復習を行います。


第15回 総括

授業全体の総括を行います。