トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 マクロ経済学Ⅰ(Essential)
   Macroeconomics Ⅰ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科共通科目
担当者 西 淳(講師)
グレード G2
テーマ 専門科目を学ぶための基礎を養うマクロ経済学
キーワード 読解力,文章表現力,計算力
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (経)学科共通科目
2年生 (経)学科共通科目
3年生 (経)学科共通科目
4年生 (経)学科共通科目

授業の目的及び概要 この授業では、マクロ経済学を題材に、経済学部で専門教育科目を履修するための基礎を養います。現代のマクロ経済学にはさまざまなトピックがありますが、この授業では欲張らず、GDPの概念やISバランス式の問題など、新聞やニュースなどで語られる経済問題を理解するために最低限必要となることがらを理解することを目指したいと思います。なお、この授業ではマクロ経済学の理解のためにコンピュータを利用したいと思います。実際に計算しそれをグラフ化してみることで、本を読みそこに描いてあるグラフをみるというような受動的な学習ではなく能動的・実践的な学習が可能になると思います。また経済学の学習を通じて、受講生は経済の基本的な仕組みを説明することができるようになり、またエクセル自体の技術に習熟することによって、それらが就業力の育成につながっていくこととなりましょう。
履修条件 取得単位数が1年次終了時30単位以下、2年次終了時50単位以下の学生に限ります。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) この授業は、経済学部の基礎科目です。そして、経済学部専門教育科目を履修する上で必要となる読解力、文章表現力、計算力を修得するための授業となります。
学修の到達目標 経済学部で専門的に学ぶための読解力、文章表現力、計算力と現実の経済や経済について一般的に語られることについて理解するための基礎知識の修得を目標とします
授業の方法 担当教員の解説とともに、授業内課題(練習問題、小テスト、小レポート、コメントペーパーなど)で、読む、書く、計算する訓練を中心に進めます。実際にペンを動かすことで学ぶ、能動的な授業方法となります。またワード、エクセルを使った関数計算やそのグラフ化などの作業も重要となります(ソフトの使い方がわからなくても大丈夫です。基礎から指導します)。また毎回、コメント・シートで授業についての感想や授業のなかで提起する問題に対する解答を書いてもらい、その内容をそれ以降の授業に反映させたり、それに評価をくわえたりしたいと思います。
授業外の学修(予習・復習等) シラバスをあらかじめ読んでおき、だいたいどのような内容が15回で扱われるのかについて理解しておくこと。また、授業で配布するプリントを読み直して、理解を深めること。またエクセルで行った計算の意味などについて復讐しておくこと。
テキスト・参考書 テキストは使いません。参考書については基本的には授業中に指示しますが、ここでは一つ、中谷巌『マクロ経済学入門〈第2版〉』(日経文庫、2007年)をあげておきます。。
成績評価の基準・方法  授業内課題(練習問題、小テスト、小レポート、コメントペーパーなど)100%。提出と達成度で成績評価します。
履修上の注意事項など この授業の履修に際して、なにか履修しておくほうが望ましい科目というのはとくにないかと思われます。
この科目の履修にあたって マクロ経済学を学ぶことによって、国民経済が生産や分配、消費・投資といった一連の経済活動によってどのように動いているかを理解することが重要です。またそれによって、現実の経済において所得水準などがどのように決まり、また経済がどのように変動しまた成長するのか、などといった問題を考えてみることが重要となります。
オフィスアワー


第1回 ガイダンス

この授業の進め方について説明します。

第2回 エクセル基礎編

マクロ経済学を学ぶためのエクセル基礎(関数計算、グラフ作成の仕方、など)。

第3回 ワード基礎編

マクロ経済学を学ぶためのワード基礎編(経済循環図の作成、など)。

第4回 国民経済計算(1)

付加価値の概念。国内総生産について。

第5回 国民経済計算(2)

国内総支出。消費、投資、政府支出、純輸出、などの概念について。

第6回 価格調整の世界

価格調整について。

第7回 有効需要の原理(1)

数量調整について。45度線とはなにか。

第8回 有効需要の原理(2)

総需要とはなにか。

第9回 有効需要の原理(3)

乗数とはなにか。

第10回 IS-LM分析(1)

IS曲線、LM曲線とはどういうものか。

第11回 IS-LM分析(2)

国内総生産と利子率の決定。

第12回 経済変動の問題(1)

なぜ、経済は変動するのか。

第13回 経済変動の問題(2)

景気循環を考えるか(なぜ、景気循環は起こるのか)。

第14回 経済変動の問題(3)

景気循環と経済成長との関係を考える。

第15回 総括

これまでの学習を総括します。