トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 ミクロ経済学Ⅱ
   Microeconomics Ⅱ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科共通科目
担当者 谷花 佳介(准教授)
グレード G2
テーマ 効率的な資源配分について理解する
キーワード 消費者行動,無差別曲線と予算制約,企業行動,費用最小化と利潤最大化,一般均衡
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (経)学科共通科目
2年生 (経)学科共通科目
3年生 (経)学科共通科目
4年生 (経)学科共通科目

授業の目的及び概要  ミクロ経済学の考え方は経済学の基礎となっているので、これを身につけることは非常に重要です。したがってミクロ経済学に関する知識を欠いてしまうと、その後のとくに経済学科における講義や演習内容を理解する際、困難を感じてしまうことが少なくないように思われます。
 とくに「ミクロ経済学Ⅱ」では、「ミクロ経済学Ⅰ」履修者想定して、そこでの知識を土台にして、ミクロ経済学で用いられる用語や考え方について解説することとします。具体的には、市場の働き、そしてそこで起こることに焦点をあて講義を展開していきます。
 講義の方針・目的は「ミクロ経済学Ⅰ」と大差ありませんが、難易度は上昇します。
履修条件  本講義は講義内容および教授形式の一貫性を重視しているため、春学期「ミクロ経済学Ⅰ(谷花担当)」を単位取得済みであることが望ましい。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  「ミクロ経済学Ⅰ、Ⅱ」は学部共通科目の一つです。
 したがって、とくに経済学科ではグローバル経済、総合政策、会計ファイナンス、ビジネスマネジメント、その他いずれのコースを修め、卒業するにしても、本講義は土台となるものです。
 本講義は、初学者を想定したレベルであり(簡単、という意味ではない)とくに受講条件は設けませんが、春学期「ミクロ経済学Ⅰ」と組み合わせることで、基礎的なミクロ経済学が習得できるようカリキュラムが構成されています。
 
学修の到達目標  とくに経済学科で展開されている科目は、経済学の基礎的知識習得を前提としてカリキュラムが構成されています。基本的なミクロ経済学の知識の習得は、その後の学修を容易にするものです。
したがって、本講義では、

①ミクロ経済学で用いられる基礎的な用語を理解する 
②ミクロ経済学で展開されている基礎的な概念を理解する 
③先の①、②を通じて経済学的思考法を身につける 

以上の三点を到達目標とします。
授業の方法  板書多用。講義レジュメに基づいた講義を行います。これらレジュメは前もって「IT’s class」にアップします(←第1回から各自レジュメをダウンロード・印刷して、講義に臨んでください。※こちらでは印刷物等は準備しません)。さらに、講義の内容を受けての感想や意見、論点などを記述する小テスト(ミニ課題)を適宜取り入れます。この小テストは平常点に反映され、講義の理解度あるいは受講態度を把握するための材料として活用します。
授業外の学修(予習・復習等)   『履修要項』にもあるように、二単位を得るためには60時間の自習時間が必要となり、講義の受講のみでは本講義の到達目標を達成することは、困難です。事実、本講義受講のみでは講義内容を十分に理解することは困難でしょう。自主学習が求められます。
 また経済学全般にも当てはまることですが、ミクロ経済学は高度に理論化・抽象化されたものであるため、とくに初学者には難解に感じられます。実際に、本講義を受講した学生には、内容が徐々にステップアップするにしたがい、苦戦するケースが多く見受けられます。そのため、主体的な学修態度が重要になってきます。とくに、本講義受講に際しては「復習が重要である」ことを指摘しておきます。
テキスト・参考書 テキスト:伊藤元重『ミクロ経済学 第2版』日本評論社

上記テキストを中心に講義を行うので、必ず入手しておいてください。

主体的な学修を助ける参考として、

参考書:
神戸ほか『ミクロ経済学をつかむ』有斐閣
ポール・クルーグマン・ロビン・ウェルス『クルーグマンミクロ経済学』東洋経済新報社

以上を挙げておきます。

成績評価の基準・方法 平常点(ミニ課題20%) 課題(30%) 試験(50%)。
履修上の注意事項など  経済学分野全般に言えることですが、基本的な内容を土台にして、それを応用することで様々な概念が展開されています。
 本講義でも同様に、基本的内容から応用へと積み上げ式のカリキュラムが用意されています。すなわち、a→b→cとカリキュラムが進行する場合、cの理解にはa,bの理解が不可欠です。したがって、一回ごとの講義の内容をしっかりと理解するよう心掛けてください。
 そのためには「話をきくこと」、「自分で実際に頭と手を動かすこと」、「復習を行い講義内容の定着をはかること」をお勧めします。こうしたことを意識して、行動に移さなければ、単位取得は困難でしょう。
この科目の履修にあたって  他の経済学関連科目に共通するように本講義は、難解です。
 先にも述べましたが、本講義の内容を習得するには「講義履修-復習」のサイクル確立が不可欠です。また、本講義は受講者に「丁寧な履修」を要求します。また、このことの実行が単位修得の近道になるよう本講義は設計されています。
 真摯かつ継続的なな取り組みが講義内容の理解、ひいては単位取得の近道です。
オフィスアワー 木 13:30~14:15 花岡コモンズ 授業の質問


第1回 市場取引と資源配分(復習1)

市場と価格メカニズム、およびその応用例(テキスト:p.88-104)


第2回 市場取引と資源配分(復習2)

競争のもたらすもの(テキスト:p.104-112)

第3回 市場取引と資源配分(復習3)

企業の参入・退出行動と資源配分(テキスト:p.112-120)

第4回 消費者行動の理論(1)

無差別曲線と効用(テキスト:p.126-138)

第5回 消費者行動の理論(2)

予算制約と消費者行動(テキスト:p.138-146)

第6回 消費者行動理論の展開(1)

所得変化と需要(テキスト:p.148-154)

第7回 消費者行動理論の展開(2)

価格の変化と需要(テキスト:p.154-166)

第8回 消費者行動理論の展開(3)

労働供給の理論(テキスト:p.166-174)

第9回 生産と費用(1)

生産関数としてとらえた企業(テキスト:p.176-183)

第10回 生産と費用(2)

生産要素間の代替と費用(テキスト:p.184-196)

第11回 生産と費用(3)

利潤最大化行動(テキスト:p.196-204)

第12回 一般均衡と資源配分(1)

交換の利益(テキストp.208-214)

第13回 一般均衡と資源配分(2)

生産活動における資源配分(テキストp.216-223)

第14回 一般均衡と資源配分(3)

比較優位の理論(p.223-228)

第15回 まとめ

重点ポイントの復習、補足説明および試験にむけたアドバイス