トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 ミクロ経済学Ⅱ
   Microeconomics Ⅱ
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科共通科目
担当者 田中 征史(講師)
グレード G2
テーマ ミクロ経済学の基礎を学ぶ
キーワード 生産費用,競争市場,利潤最大化,労働需要,労働供給,効用最大化,外部性,公共財
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (経)学科共通科目
2年生 (経)学科共通科目
3年生 (経)学科共通科目
4年生 (経)学科共通科目

授業の目的及び概要 本科目では、はじめて経済学を学ぶ学生がミクロ経済学の基本的な考え方や分析方法を習得し、受講生が現実社会で起きている問題を経済学的視点から考えられるようになることを目的としています。ミクロ経済学はあらゆる経済学分野の基礎となっていると言っても過言ではなく、経済学を専攻する学生にとってミクロ経済理論を理解することは必須となります。本講義では、経済学の前提知識のない学生を対象としているため、複雑な数式計算は極力避け、より直感的な解説を中心に講義を行っていきます。
履修条件 特になし。
科目の位置づけ(DPとの関連) 前述のように、ミクロ経済学は全ての経済分野の基礎となる理論です。とりわけ、本学で開講されている経済政策、産業組織論、財政学、国際経済学、労働経済学などの科目ではミクロ経済理論がベースとなります。
さらに、この科目は、学位授与の方針(DP)における、本学学生が身に付ける知識や能力のうち、以下の項目に該当します。
1. 経済活動の仕組みや市場の機能、経済政策の効果といった経済学の基本的な知識と論理的に思考する能力、および財政学、金融論、国際経済学などといった特定の専攻分野に関する専門知識を身につけている。
学修の到達目標 この授業で扱う主なトピックは、企業の費用関数、独占と寡占、労働の需要と供給、消費の最適化、情報の非対称性の5つです。各トピックでは、グラフや具体例を使った直感的な解説を行いますが、多少の数式計算は避けられません。よって、受講生の到達目標は以下の3点となります。
1. 各トピックの概要を理解する
2. グラフを使った分析ができるようになる
3. 連立方程式を解き、経済の均衡を分析できるようになる
授業の方法 基本的には、指定の教科書に沿って講義を進めます。授業の際は、重要語句やグラフの記述が穴あきになった講義ノートを配布します。講義では、この講義ノートに対応したスライドを使って解説していきます。講義で配布するものはレポート問題や解答を含め、受講生にはオンラインでダウンロードできるようにします。
授業外の学修(予習・復習等) この科目では基礎的な経済学を講義するため、基本的には授業前の予習を必要としません。ただし、計3, 4回のレポートを課す予定にしており、各トピックが終わる度にレポートを解くにあたっての復習が必要になると考えてください。
テキスト・参考書 マンキュー経済学 ミクロ編  第3版 N.グレゴリー・マンキュー(著)
(ISBN-10:4492314377、 ISBN-13:978-4492314371)
を指定教科書とする。
成績評価の基準・方法 レポート30%、期末70%の比重で成績評価を行うが、
レポートの得点が著しく低い場合は、期末100%で成績をつける。
この科目の履修にあたって この講義を受講するにあたって受講生が数学の基礎知識を既に習得していることが受講条件ではありませんが、講義では数式を使った分析を行うことも多々あります。数学を苦手としている人は、講義中の解説やレポート課題を解くことによって、この授業で登場する数式を扱えるようになってください。期末試験を受ける段階で、関数のグラフの図示や連立方程式の解の導出ができなければ単位を取得することが難しくなります。

授業中の私語は固く禁じます。ただし、授業中の質問は歓迎しますので、質問がある場合は(できれば授業中に、もしくは授業後に)是非聞いてください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 初回ガイダンス+イントロダクション

    
初回のガイダンスとして、今後の授業の進め方やレポート課題、期末試験等に関してアナウンスをする。残りの時間は、この科目のイントロダクションとして、ミクロ経済学Iの内容の簡単なまとめと、本講義で扱うトピックの紹介を行う。

第2回 生産の費用

機会費用や限界・平均費用の概念について紹介する。テキスト第13章が該当範囲となる。

第3回 生産の費用

短期経済と長期経済における費用の捉え方の違いについても解説する。テキスト第13章が該当範囲となる。

第4回 競争市場における企業

競争市場の概念について。また、企業の利潤最大化行動がどのように分析することができるかを解説する。テキスト第14章が該当範囲となる。

第5回 競争市場における企業

企業の利潤最大化をグラフを使って分析する。テキスト第14章が該当範囲となる。

第6回 競争市場における企業

企業の利潤最大化行動によって供給曲線がどのように導かれるかを解説する。テキスト第14章が該当範囲となる。

第7回 生産要素市場

企業は自社で雇う労働者の数をどのように決定する?労働需要に関する解説を行う。テキスト第18章が該当範囲となる。

第8回 生産要素市場

労働者は自身の労働時間をどのように決定する?労働供給に関する解説を行う。テキスト第18章が該当範囲となる。

第9回 消費者選択の理論

予算制約線と無差別曲線について。テキスト第21章が該当範囲となる。

第10回 消費者選択の理論

消費者にとって最適な消費量とはどのように決定される?消費者による効用最大化に関して解説を行う。テキスト第21章が該当範囲となる。

第11回 消費者選択の理論

所得や価格の変化が消費者の選択に及ぼす影響について分析する。テキスト第21章が該当範囲となる。

第12回 外部性

外部性と市場の非効率性について解説を行う。テキスト第10章が該当範囲となる。

第13回 外部性

外部性に対する公共政策について解説を行う。テキスト第10章が該当範囲となる。

第14回 公共財と共有資源

公共財のフリーライダー問題とは。共有資源における共有地の悲劇とは。テキスト第11章が該当範囲となる。

第15回 これまでの授業のまとめ

これまでのまとめとして、扱ったトピックを総復習する。