トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 法学基礎
   The Basic of Law
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科基礎科目
担当者 岩村 等(教授),金 泰明(教授),大久保 紀彦(准教授)
グレード G1
テーマ 経済学部1年生のための法学入門
キーワード 1年生,自信と夢,法と社会,法の解釈,法令集(六法)
開講年度
2017
開講時期
配当年次
1
単位数
2

授業の目的及び概要  法が現実の社会生活のなかでどのように使われ、どのような働きをもっているかについて、具体例を示しつつ説明していき、社会における法の役割について、全体的なイメージを作っていきます。そのなかで法律知識・法学的思考方法を身につけていくことで、経済学科生・経営学科生として、生活と学習を自信と夢をもって進めるための基盤となる知識・スキルを養う。同時に市民としての法律の常識を身に着けることによって、社会人としての基礎力を養うことになり、就業力育成の土台となります。
履修条件 履修指定科目
科目の位置づけ(DP・CPとの関連)  経済学科と経営学科の学位授与方針(DP)において示されている「幅広い教養」を身につける上で土台となる科目です。したがって、法学入門的な知識や能力を身に着ける科目です。
 経済学科と経営学科のカリキュラムポリシー(CP)で、学生が基礎から応用へと順次性に基づき学修を進めていくことができるように、初年次教育科目のコア科目として設定されています。
学修の到達目標 現代社会に生きる市民として、
①法学の基礎的(ベーシック)な用語・概念を他者にわかりやすく説明することができる。
②各々の法分野に関心・問題意識を持ち、法律系科目を選択する際の基盤をつくる。
③経済学科生・経営学科生として、本科目で得た法学の知識・法的思考方法により、日常生活のできごとやニュースの意味の理解を深めることができる。
④社会的な問題について、自分の意見を表明することができる。
授業の方法 ①テキスト『経法大新入生のための法学入門』(五訂版)と随時配布するレジュメや資料(新聞記事のコピーなど)に沿って法学の基本的な概念・知識を解説していく。
②授業内での質疑応答、コメントシートを通じて、教員・学生間の双方向コミュニケーションを行い、授業をさらに充実させていく。
③中間テスト、およびその解説を通じて、学んだことを整理して定着化させていく。
④「いまきく」を活用して学修の到達点を確認する。
⑤e-learningによる法学基礎必須用語の復習ができる。
授業外の学修(予習・復習等) ①テキストの内容(とくに法学基礎必須用語の意味・概念)や、授業で配布した資料をもとにしっかり読んでください。

②e-learningによる法律重要用語の復習をしっかりやってください。
テキスト・参考書 テキスト:『経法大新入生のための法学入門』(五訂版)を必ず購入し、毎回の授業に持参すること。
六法:『デイリー六法』『ポケット六法』のうちのどれか1冊を購入することを勧める。
成績評価の基準・方法 中間試験の成績(20%)、学期末に実施する試験の成績(50%)、e-learning(20%)並びに平常点(コメントシートや授業中の質疑応答など)(10%)で評価する。
①3回の中間試験では、法学基礎必須用語に関する知識を問う問題を出題する。
②学期末試験では法学の基本的な概念・用語に関する知識を問う問題や法的思考力が身についているか否かを問う問題を出題する。
③e-learningでしっかり復習すること。成績評価の対象となるので注意するように。
④平常点に関しては、授業への参加状況(出席回数、授業内課題の提出状況・内容、質疑応答)が考慮の対象となる。
履修上の注意事項など 毎回の授業に必ず出席しよう。受講にあたっては、他学生の邪魔にならないよう、担当教員の指示に従うこと。
この科目の履修にあたって 法学は、日常生活になじみのない専門用語が沢山出てきます。学生諸君は、初めは戸惑うかもしれませんが、この科目の学修は、より専門的な法学の学修や社会生活において必ず役に立ちます。ですから、まず、授業には出席してください。それから、予習・復習をしてください。あせらずに、やってください。
オフィスアワー 岩村 等
木 14:40~16:10 教務課(C号館1階) 授業の質問、レポート作成支援、キャリアと進路、公務員試験対策、大学院進学

金 泰明
火 12:10~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 授業の質問、英語の基礎、レポート作成支援、キャリアと進路、大学院進学(人文系)、メンタル支援、その他(人間関係、人生の悩みなど)
 
大久保 紀彦
火 12:10~13:00 教務課(C号館1階) 授業の質問、キャリアと進路、その他(自己PR作成支援など)(勉強の方法、ノートの作り方、授業の受け方、宅地建物取引士資格)




第1回 ガイダンス 法を学ぶ意義

① ガイダンス
② 法と人間とのかかわり
③ 法を学ぶ意義
④ 「規範」としての法

⑤ 法と道徳の区別

第2回 法の体系と種類

① 法の体系
② 法の種類
③ 法律の構造

第3回 法の解釈と運用

① 法の解釈の方法
② 法の適用の方法
③ 裁判所による法の解釈

第4回 わたしたちと憲法(1)

① 「憲法」とは何か
② わが国の統治体制
③ 三権分立

第5回 中間テスト第1回目

第1回~第4回目までの確認テスト

第6回 わたしたちと憲法(2)

① 日本国憲法の理念
② 基本的人権の尊重
③ 新しい権利

第7回 財産関係と法

① 「民法」とは何か
② 「契約」とは何か
③ 「不法行為」とは何か

第8回 家族関係と法

①「家族」とは何か
② 婚姻と離婚
③ 親子関係と相続


第9回 中間テスト第2回目

第6回~第9回目までの確認テスト

第10回 犯罪と刑罰(1)

① 「刑法」とは何か
② 「犯罪」とは何か
② 「犯罪」が成立しない場合

第11回 犯罪と刑罰(2)

① 「刑罰」とは何か
② 刑罰の正当化
③ 少年法

第12回 民事手続と刑事手続

① 裁判制度と裁判所
② 民事手続
③ 刑事手続
④ 裁判の担い手

第13回 国際社会と法

① 国際社会(international community)とは何か
② 国家の基本的な権利義務
③ 国家の具体的な権利義務と秩序の回復

第14回 中間テスト第3回目

第11回~第13回目までの確認テスト

第15回 まとめ

半年間の授業のまとめ