トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 経済学基礎(編入生クラス)
   Introduction to Economics
授業科目区分
経済学部専門教育科目・学科基礎科目
担当者 中村 悦広(助教)
グレード G1
テーマ 経済学的な見方を修得し,日本経済が抱える諸問題について考えてみよう
キーワード ミクロ経済学,マクロ経済学,需要曲線,供給曲線,効用最大化,利潤最大化,GDP,政府の役割,金融政策,労働市場
開講年度
2017
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 授業は,経済学の基礎的な内容や経済学的な見方を身に付けること,現在日本経済が抱える諸問題について知って,考えて,自らの意見が述べられることを目的とします。講義を受けるなかで,経済学のおもしろさ,奥深さに気づいてもらえると思います。
最初に,ミクロ経済学とマクロ経済学の分析対象の違いを学修します。
次に,ミクロ経済学の分析対象を学修します。具体的には,①ミクロ経済学の重要な概念,②消費者(家計)と企業はそれぞれどう行動するのか,③価格は「消費者の満足度(効用)を最大化させる需要量」と「企業の利潤を最大化させる供給量」が一致するように市場で調整されていること,④そのような市場での価格の調整機能がうまく働かないケースがあること,を学修します。
そして,マクロ経済学の分析対象を学修します。具体的には,①マクロ経済活動の捉え方,②国民経済全体を分析するための指標(主にGDP),③政府が経済活動にはたすべき役割とはどのようなものか,④貨幣の役割や金融政策について,⑤日本の雇用と労働市場の問題について,学修します。
また,全15の授業のうち数回,学修してきた内容に沿って,現代の日本経済が抱える諸問題に関する映像教材を用いた講義を行ないます。
履修条件 特にありません。
科目の位置づけ(DP・CPとの関連) 編入生が受講する経済学の入門科目です。
この科目は,卒業認定・学位授与の方針(DP)に定める,学生が本学における学修と経験を通じて身につける知識や能力のうち,以下に該当します。
2. 経済学を中心とする幅広い専門知識を身につけている。
3. 現代社会の経済問題を理解し,その解決の方法を考える力を身につけている。
この科目は,教育課程編成・実施の方針(CP)に定める,以下に該当します。
2.順次性に基づく専門学修
(1)経済学,経営学,法学分野の科目のうち,経済学基礎,経営学基礎,法学基礎を学科基礎科目及び初年次教育のコア科目として位置づけ,これらの科目の履修を通して,大学での学修への適応と基盤形成に資するようにする。
学修の到達目標 1. 授業で学修したミクロ経済学の分析対象について説明することができる。
2. 授業で学修したマクロ経済学の分析対象について説明することができる。
3. 経済データを評価することができる。
4. 経済現象や経済問題について,自分の意見を述べることができる。
授業の方法 毎回の基本的な授業の流れは以下のとおりです。
1.前回授業の概要(振り返り)
2.講義資料及び参考資料を配布して,それらに沿って講義を進めます。
3.授業の後半に課題を行ない提出します。

・15回の授業のうち4回は,映像教材を用いた授業を行います(予定)。
・15回の授業のうち2回は,授業の復習試験を行ないます(予定)。
・webを使って講義資料を配布する場合もあります。
・座席指定制を採用します。
授業外の学修(予習・復習等) 授業を欠席した場合は,教師や友達に欠席した回の内容を聞くなどして,次の授業までに自習しておいてください。
テキスト・参考書 テキストは使用しません。
成績評価の基準・方法 毎回の提出物(60%:60点),試験(40%:40点)で評価します。
また,個人の授業態度なども成績評価に加味します。
履修上の注意事項など 授業中,他者の迷惑となるような行為及び授業の雰囲気を悪くするような行為(授業の妨害行為)はやめてください。試験中に不正行為もしくはそれとみなされるような行為があった場合には,答案が無効となります。
この科目の履修にあたって 経済学の理解を深めるには,地道な努力が必要です。全15回の授業に頑張って出席することで多くのことが身に付きます。やむを得ない理由があれば別ですが,継続して授業に出席するようにしてください。
オフィスアワー 火 16:20~17:00 花岡コモンズ 授業の質問
月 12:20~13:00 相談ラウンジ(八尾4階) 


第1回 ガイダンス・経済学とは

・この授業の概要,方法,成績評価などを説明します。
・ミクロ経済学とマクロ経済学の違いなどを説明します。

第2回 需要曲線

第2回から第9回までは「ミクロ的なテーマ」を分析します。

・価格と需要の関係を学修します。
・限界という概念を学修します。

第3回 供給曲線

・価格と供給の関係を学修します。
・弾力性という概念を学修します。

第4回 家計の消費

・消費者はどう行動するのかを分析します。
・限界効用逓減の法則を学修します。

第5回 代替効果と所得効果

・代替効果を学修します。
・所得効果を学修します。
・価格の変化を代替効果と所得効果に分解することを学修します。

第6回 生産関数と費用曲線

・企業はどう行動するのかを分析します。
・生産関数と費用曲線を学修します。
・限界生産逓減の法則を学修します。

第7回 利潤最大化

・企業の利潤が最大になる条件を学修します。

第8回 市場の機能と価格メカニズム

・完全競争市場とは何かを学修します。
・価格は,需要と供給が一致するように市場で調整されていることを学修します。

第9回 市場の失敗

・外部性とは何かを学修します。
・公共財とは何かを学修します。
・情報の非対称性とは何かを学修します。

第9回までにどこかで2回「映像教材」も取り入れて「現代日本の抱える諸問題」について学修します(課題あり)。
第9回までにどこかで1回「まとめの試験」を行います。

第10回 国内総生産(GDP)(1)

第10回から第15回までは「マクロ的なテーマ」を分析します。

・マクロ経済活動の捉え方を学修します。
・GDP(国内総生産)とは何か学修します。

第11回 国内総生産(GDP)(2)

・国民所得の決定メカニズムを学修します。
・IS-LM曲線を学修します。

第12回 政府の役割

・一般会計予算について(財務省「動画で見る財政と今と未来」)
・資源配分機能とは何かを学修します。
・所得再分配機能とは何かを学修します。
・安定化機能とは何かを学修します。
・政府の将来世代への配慮の必要について学修します。

第13回 貨幣と金融政策(1)

・貨幣の役割を学修します。
・金融の仕組みを学修します。
・金融政策の効果を学修します。

第14回 貨幣と金融政策(2)

・信用創造のプロセスを学修します。
・中央銀行の役割を学修します。

第15回 雇用と労働市場の問題

・雇用や失業について学修します。
・日本の労働市場について学修します。

第10回から第15回のどこかで2回「映像教材」も取り入れて「現代日本の抱える諸問題」について学修します(課題あり)。
第10回から第15回のどこかで1回「まとめの試験」を行います。